カテゴリー別アーカイブ: 未分類

サーリセルカダイアリー:オーロラリゾートへの小旅行!

日本の皆さん、こんにちは!サーリセルカのモリーです。

今回は、サーリセルカのおすすめオプショナルツアー『オーロラリゾートへの小旅行』について紹介しますね。

 

私はバスで参加しましたので、20時に村内を出発。

行き先は、サーリセルカ村内からバスで北へ20分程移動した森の中です。
(バスでなく、スノーモービルで移動するプランもありますよ)

 

到着して、ガイドさんの後についていくと7色のイルミネーションが光る建物が。
Entrance

これ、雪で作ってあるんです!

早速中へ入ってみましょう!氷で作られた机&いすセットや、氷の像がいくつも!不思議な感覚に襲われます!
resized_ICE DESK
写真の像は、魚ですかね???皆さん、写真を撮るものが多すぎて、はしゃいでいました。
雪でできているとはいえ「れっきとした建物ですので非常口と消火器を設置しています」、とガイドさんのジョークもぬかりなかったです(笑)。
この建物の近くには、かっちこちに凍った湖があり、オーロラの観測場所として VERY GOOD!

この日は厚い雲が覆っていて見れませんでしたが、晴れていたら素敵なオーロラが見えたんだろうなと思います。残念~!

 

別の雪の建物へ移動して、プロジェクターを使ったオーロラの説明を聞いたり、
フィンランド伝統の建物/コタの中では、暖炉の火で暖まりつつ温かいベリージュースとトナカイバーガーを食べたり・・・。この時既に22:00でしたが、そんなことは気にしない!完食しました!(笑)
Raindeer burgeri

内容盛りだくさんのプログラムでした。皆さんもサーリセルカにいらしたら、ぜひどうぞ!お申し込みはツムラーレコーポレーションのオフィスで承ってま~す💛

 

ここサーリセルカでは、条件が合えば、道端からでもオーロラが見えますが、このようなプログラムに参加しながらオーロラを見るのもいいですね~。

 

サーリセルカダイアリー:冬のお楽しみ@カウニスパーの丘♪

みなさんお元気ですか?ここ、サーリセルカでは気温が-20℃まで下がっていた日々が噓のよう!今週は0℃まで上がってとても暖かく感じます。

先日、サーリセルカにあるカウニスパーの丘へ行ってきました!
スキーをするお客様はもちろん、冬のアクティビティーの一つであるスノーモービルでも訪れるスポットだったりと、サーリセルカには欠かせない場所なんです。

今回の移動方法ですが、市内を巡回しているスキーバスを利用しました(こちらのバスは、一日5.00 Eurで乗り放題です。現金払いのみok)。
およそ15分乗車すると、もう頂上に到着です。
頂上には休憩所があって、フイップ(Huippu)といいます。
建物内には、レストラン、土産物屋さんがあり、トイレもあるので安心ですよ!
最近レストランが改装されて、大きな大きなコタに暖炉がついた、とても落ち着いた雰囲気になっていました。
RESTAURANT

そのうえ、クリスマスシーズンのため、お土産物屋さんにはクリスマスのグッズがたくさん、レストランもクリスマスの飾りつけがしてあって、とっても素敵です。1月6日までやってますよ。
お土産物屋さんでは、さすがスキーのお客さんが立ち寄るだけあり、防寒具(かわいい手袋や帽子!)が充実しているのでこちらも必見!

さてさて、ここのレストランの名物は、サーモンスープ、クロウベリーケーキ、ドーナツです!
SOUP_CAKE

スープは、新鮮で柔らかいサーモンとホクホクしたじゃがいもがゴロゴロ入っていて、、、美味です。お腹一杯!
クロウベリーケーキは見た目はとても甘そうですが、ベリーの純粋な甘さも感じられてこれまた美味でした。…デザートは別腹なので、ペロリでした。是非、ご賞味あれ♪
DONUTS

天気が良ければ市内を一望できますし、裏手に出れば展望台があり、また違った景色をお楽しみいただけると思います。
VIEW

いかがでしたか?冬のアクティビティや景色を楽しんだあとには、美味しい食べ物で体の中から温めて、サーリセルカを楽しんで下さいね♪

北欧デザインに囲まれてカフェタイムはいかが?

こんにちはー、コペンハーゲンから凍えるノリエルです。
9月、10月が例年になく暖かったのですっかり油断をしていたら、11月に入りドカーンと寒さがやってきて、夜間はマイナス気温。ほこり?と思ってよーく見れば、ふわふわと雪も舞っていたりしています。12月はさらに寒いです。
これからのコペンハーゲン観光には、手袋、帽子、そして首にはグルグルとマフラーを巻いて、しっかりと防寒が必須ですよ!

さて今回は、コペン観光の王道、デザインミュージアム、その中にある素敵なカフェをご紹介します。
Design museum

Designmuseum Denmark (デザインミュージアム)はかの有名な人魚姫像からも、毎日正午に衛兵の交代の儀式が観られるAmalienborg (アマリエンボー城)からも歩いてすぐのところにあり、コペンハーゲンのマストゴーな場所の一つです。

もともとRoyal Frederik’s Hospital という病院だった建物を利用したミュージアムは、展示室が中庭を囲むように四角い回路になっていて、北欧デザインファンには憧れのあれやこれやが常設展示されています。

その回路の一角で、ミュージアムのチケット売り場の近くにあるのが、カフェKlint、です。
Klint cafe (2)

案外知られていないのは、カフェだけの利用ならばミュージアムの入館料は必要なく、誰でも自由に利用できること。
なので観光の合間に、一休みしたい、お昼ご飯を食べたい、なんて時に最適ですよ。

カフェの名前のKlintは、現代デンマーク家具の父として有名で、建築家であり家具デザイナーでもあったKaare Klintからつけられています。
Kaare Klintは1920年代に病院をミュージアムへ転換するためのプロジェクトにも関わりました。

カフェの天井から吊り下げられている照明は、1944年にKaare Klintがデザインしたランタンで、使っている食器はフィンランドのIiattalaのもの。
さすがデザインミュージアムのカフェだけあって、そこここに拘りが感じられます。
Klint cafe

春や夏の季節が良い時には太陽さんさんの下で中庭のテーブルも利用できるのですが、さすがのデンマーク人も今の季節は屋内でホカホカと過ごしているようです。

食事は伝統的なデンマーク料理を生かした今流行りの新ノルディックキュイジーヌで、単品からコース料理までいろいろなメニューが用意されています。
今の季節、お昼でしたら日替わりスープはいかがですか?スープと一緒に暖められたパンもついてきます。
lunch soup of the day

あるいはケーキとコーヒー、紅茶でのんびりおやつタイムも良いですよ。
kaffe_cake

カフェの隣にはミュージアムショップがあり、その先に展示室があるので、常に人が通り過ぎていきますが、それでも不思議と落ち着ける雰囲気があって、それははやり、木製の北欧家具とKlintのランタン照明のせいなのかもしれませんね。

現在ミュージアムでは「Learning from Japan(8 October 2015 – 24 September 2017)」という展示が開催中です。
日本の伝統工芸、それらから影響を受けた北欧の工芸品の数々を観ていると、日本人に北欧デザインは受け入れられた理由がわかる気がしてきます。
お時間があれば、カフェとともに是非こちらの展示も御覧になってみてください。
Learning from Japan (3)

Klint – Designmuseets Café
Telefon: +45 3318 5686

Designmuseum Danmark
Bredgade 68, 1260 København K
Telephone 33 18 56 56

入館料
Tickets: 100 DKK
Students (with valid student ID) and people under 26 years: Free.

開館時間
Tuesday – Sunday, 11 am – 5 pm
Wednesdays 11 am- 9 pm

閉館日
Monday , 1 January, Easter Monday, Whit Monday, 24, 25, 26 and 31 December

勝手にオクトーバーフェスト! スウェーデン初のライトビール専門店 Bottle Shop

みなさまこんにちは、ストックホルムのモモです。近頃めっきりと寒くなりましたね。ストックホルムへのお出かけには、帽子や手袋などの防寒具をお忘れなく!
さて、10月といえば?紅葉?行楽?いやいや、やっぱオクトーバーフェストでしょ!
オクトーバーフェストは、言わずと知れたドイツのビール祭り。スウェーデンは全く関係ないのですが(笑)、最近はストックホルムのレストランやバーでもオクトーバーフェストにちなんだパーティーを開くところもあるようですし、お酒を飲むのに理由はたくさんあったほうが良いですから!ここでも勝手にオクトーバーフェストを開催してしまいましょう!ということで今回はビールのお話!イェイ。

北欧に滞在されたことがある方や、ご旅行に向けて調べている方はすでにご存知だと思いますが、北欧ではアルコールを買ったり飲んだりできる場所が限られています。スウェーデンでは、お酒を購入できるのは、国営の酒屋「Systembolaget」のみ。
ただし、ライトビールやノンアルコールビールなどの、アルコール度数の低いもの(3.5%まで)については、通常のスーパーや一般のお店でも買うことができます。ライトビールって、最近は種類も味も本当に豊富!かるーく飲みたい時や、地元のビールや変わり種ビールを試してみたい!という方にオススメなのが、今回ご紹介するライトビール専門店!その名も、Bottl3.5hop(ボトルショップ)。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大通りから一本入った、静かな道沿いにこのお店はあります。店内に足を踏み入れると、世界中から輸入されたビールが壁一面に並んでいます。所狭しと並ぶビールは、エチケットもカラフルでおしゃれなものばかり!スウェーデン産のものはもちろん、世界の産地からオーナーが厳選した選りすぐりのビールがずらりと。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はこのショップ、今年の夏にできたばかり。さらに言うと、スウェーデン初!のライトビール専門店なのです。もともと世界各国のビールを輸入し国営の酒屋に卸していたフレドリックさんとマッティンさんが、ライトビールの味と品質の向上、そして可能性に目をつけ、ショップをオープン。すぐさま地元で話題の的となり、新し物好き珍しもの好きのストックホルムっ子が次々と訪ねてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オススメのビールを聞いてみると、手早く棚から瓶を選び出してくれました。一昔前のノンアルコールビールや、低アルコールビールは、シャッバシャバで単なるうすーいビールといった感じでしたよね。このショップに取り揃えられているのは 、一般的なラガービールだけでなくダークビールや白ビール、ペールエールなどなどなど、種類も味も様々で、なにより美味しい!
ショップでは、持ち帰り用にボトルを買うことはもちろん、店内でドラフトビールを飲むことも可能。さらには、ビールに合うおつまみも取り揃えてあり、晩酌フルセットが揃っちゃう。きゃっ♥
オーナーの2人は、長年ビールの輸入に携わってきただけあって知識が豊富。迷った時は是非とも聞いてみてください!お客さんの好みや、食事に合わせてビールを選んでくれますよ。どうしても決められない時は、ジャケ買いなんていう手も(笑)。いくつか買って飲み比べをしたり、ビール好きのお友達へのお土産にしたり。秋の夜長にライトビールで勝手にオクトーバーフェストを開催しちゃいましょう!

【店舗情報】
Bottl3 . 5hop (ボトルショップ)
アドレス:Kocksgatan 19, 116 24 Stockholm
最寄駅:地下鉄グリーンライン Medborgarplatsenより徒歩5分
営業時間:月〜水12:00〜19:00、木12:00〜20:00、金12:00〜18:00、土12:00〜16:00、日曜休み(2016年10月現在)

ヘルシンキのファインダイニング

いよいよ本格的に春が到来し、最近では夜9時ごろまで明るくなってきました。観光シーズンも始まったようで、市内のあちらこちらでガイドブックを手にした方々をお見かけします。こちらに住んでいると美味しいレストランはどこですか?という質問をよくいただくので、今回はお勧めのレストランをご紹介します。
RAGU1
Ragu(ラグ)、スカンジナビアン料理をベースにしたモダンなお料理が有名で特別な日や大事な商談等に利用されることが多いレストランです。場所はスウェーデン劇場から徒歩5分ほどの静かな通りにあります。
レストラン内は洗練されていますが、カジュアルな雰囲気もあり(テーブルコーディネートも可愛い!)スタッフもとてもフレンドリーです。RAGU6
今回はRAGUメニューという4コースのメニューを頂きました。前菜はホタテを使った温菜、2皿目は人参スープ(栗とチーズが入っていて美味しかったです!)、メインは牛肉のステーキを(お肉がとっても柔らかく、添えられたソースが美味しい!)、最後のデザートはミントチョコレートとシャーベットでした。RAGU2

RAGU3

RAGU4どのお料理の盛り付けも綺麗で見た目でも楽しませてくれます。一皿の量は少なく見えますが、とってもお腹いっぱいで大満足でした♪また自家製のパンやフォカッチャ、マフィンも数種類のジャム、バターと一緒にサーブされ、これもまたとても美味しいです!!RAGU5RAGUメニューで今回は53€でした。日本円で考えるとお高いですが、物価の高いヘルシンキでこのクオリティだとお徳です!
ヘルシンキでちょっと贅沢な夜を過ごされたい、と思っている方にはお勧めです♪

フィンランドのお勧め商品

ヘルシンキはモダン建築も素敵です!

サマータイムが始まり、日照時間もぐんぐんと延びているヘルシンキです。最近は夜8時でもうっすらと明るいくらいです。お天気が良い日も続き、日中の気温が10度近くにまでなる日もありますので、市内の公園や教会前の広場で日光浴を楽しむ方が増えてきました。
FullSizeRender7

今回はヘルシンキのモダン建築の一つ、ミュージックセンターをご紹介します。場所は中央駅から歩いて5分ほどのガラス張りの建物です。ミュージックセンターという名前ですが、コンサートやイベントは勿論、会議室、カフェ、国立音楽大学シベリウスアカデミの学部が入っていたりと色々な顔を持っています。
FullSizeRender3

FullSizeRender4

FullSizeRender1

特徴的な大ホールは360度の観客席。音響設計は日本人の豊田泰久さんによる設計で、大ホールはスモークサウナをイメージしてデザインされたそうです。そういわれると色合いがサウナの中にいるような雰囲気で落ち着きますね。年間を通して様々なコンサートが行われていますので、是非滞在中に気になるイベントがあればこの素敵なホールに足を運んでください。
FullSizeRender2

コンサートが無い日でも市民に利用してもらえるよう、センターの中には眺めの良いカフェ、テラスもありますので、観光途中の休憩場所としてもお勧めです♪ また英語ガイドツアーも行われていますので、こちらも是非ご参加ください。運が良ければコンサートのリハーサル光景も見せていただけるかもしれません!
FullSizeRender8

FullSizeRender6

オーロラだけじゃない、サーリセルカの空の美しさ!

皆さま、もい!サーリセルカオフィスのちさとです。

サーリセルカにお越しになるお客様の大きな目的は、夜空に輝く「オーロラ」です!!

皆様よーくご存知の通り、オーロラは一つとして同じものはなく、本当に本当に綺麗で魅了され続けます★
1

ですが、日中の空もとっても広く、いつも表情を変えてくれてとても綺麗なのです。

今回はその日中の空の美しさを紹介したいと思います♪

1月29日15時頃
2. 29JAN

七色の雲「彩雲」です^^

2月17日 8時頃
3. 17FEB

朝焼け、綺麗!!!色がとっても濃いです。

2月28日 17時頃
4. 28FEB

バスから撮りました。バス停まってほしいくらい綺麗でした。

3月5日13時頃
5. 5MAR

もちろん、こんな真っ白な日もあります!(笑)

3月22日 11時頃
6. 22MAR

雲が綿菓子のようです~!

日本ではあまり空を見上げることが無かった私ですが、サーリセルカでは空を見上げることが一つの楽しみとなっています。皆様もサーリセルカにお越しの際は日中の空にもご注目下さい★

7 19MAR

↑サーリセルカ内で撮ったオーロラです^^

ヨーロッパをのんびり旅する方法~リバークルーズ~

France, Eure (27), Les Andelys, la Seine//France, Eure (27), Andelys, the SeineP1010027width="300"『のんびりとヨーロッパを旅してみたい』と思っても、忙しく観光地で写真を撮る事で終わってしました・・・という経験はありませんか?ここもあそこも行きたい!と思っていると駆け足旅行になってしまう事に。そこでお勧めするのが『リバークルーズ』。のんびりと船上から風景を眺め、くつろぎながら、毎日素敵な街を巡ることができます。パリから数時間、セーヌ川を下るだけで牧歌的で静かな世界。鳥の鳴き声、小さな村、菜の花畑など美しい風景が続きます。画家モネが描いたルーアンの小さなケーキ屋さんで食べたマカロンの美味しかったこと!そして木組みの建物が並ぶオンフルールは芸術家達に愛されてきた素敵な街。のんびりと街並みを歩きながら、かわいい食料品店のウィンドーディスプレーを眺めているだけでも、とっても楽しいひと時が過ごせます。この地方での牛乳で作られるカマンベールチーズやバター、クッキーの美味しいことといったら!お勧めのクロワジー・ヨーロッパのリバークルーズは、宿泊も美味しい食事もワインなどのドリンクも含まれていて5日間で€699~とリーズナブル。重い荷物を持ってホテルを探したりする手間も省けます。ちょっと素敵な船旅をしてみてはいかがですか?ライン川、ドナウ川などヨーロッパ各地のクルーズがあるので、詳しくはホームページをごらんください。ワイナリーを訪れるオプショナルツアーもあります!http://www.croisieurope-jp.com/

北緯70度のトロムソ。実は日本の冬とそれほど気温の差がないのです^_^

こんにちは!皆さん、トロムソの柏です!
今回もトロムソの最新情報をポイント絞ってお届けします!

気になる降雪情報。

1月末からここのところあまり天気が良くないですね。
ただ、今後天気が回復するようなので、期待しましょう。
周辺の積雪はおよそ10cmといったところですが、ちょっと気温が0度近くまで上がってしまうこともあったので、路面がものすごく滑りやすくなっています。
幸い今のところけが人は出ていませんが・・・。

知っておくと便利なレストラン/スーパーマーケット/ショッピングセンターのご案内!

今回は市内中心部のショッピングセンター、Nerstranda Senterです。
Nerstranda 01

営業時間は月-金:9-20、土曜:10-18。
場所は市内中心部の観光案内所から海岸沿いを300mほど南に下ったところにあります。
The Body ShopやTGR(日本でいうところのFlying Tiger)などのお馴染みのお店も入っています。
Nerstranda 05

また、結構おいしいフローズンヨーグルト屋さん(Yogurt Heaven)や紅茶がらみの品がそろう雑貨店(Taras)がおすすめでしょうかね。
Nerstranda 02

それから、最近はもう一般的になりつつあるテイクアウトのお寿司屋さん(Rå Sushi)は、値段はちょっと張りますが、「ノルウェーにしては」結構おいしいお寿司が買えます。
Nerstranda 03

日本のお寿司屋さんのレベルを期待しちゃだめですよ。
Nerstranda 04

写真の通り、日本であれば大した値段でないような量のお寿司が、こちらでは2500円程度しちゃいます。
日本食欠乏症になりかけたら、ぜひどうぞ。もちろんサーモンがおいしいですね。

*オーロラ情報
1月末まではほぼ毎晩天気も良く、きれいなオーロラが見えました。
ちなみに、1月27日までの情報ですが、オーロラが見えずに日本に帰国されたお客様はまだいらっしゃいませんでした。

ただ、その後数日は雪や厚い雲に覆われ、市内では見えませんでした。
オーロラサファリのオプショナルツアーに参加された方々は、幸い雲が切れているポイントでの観測だったので、しっかりとご覧いただけたようですが。

写真は。。。今回撮れなかったので、
次回のレポートまでには、しっかりと撮っておきます!!

トロムソはオーロラやグルメだけではありません。
イベントもありますよ!
1月28日から31日にかけて、クロスカントリーのノルウェー選手権がトロムソで行われました。
Ski 04 Ski 03

過去のバンクーバー、ソチの両オリンピックでは、クロスカントリー12種目中、ノルウェーの選手がそれぞれ5個の金メダルを取りました。
種目によってはノルウェー人が金銀銅独占しました。
ある意味、オリンピックで金メダルを取るよりも国内選手権で優勝するほうが難しいのかもしれません。
ノルウェー人ならだれもが「ノルウェーの国技」と認めるクロスカントリーですね。
ノルウェー選手権にもかかわらず、なんだかのんびりした雰囲気です。
幼稚園や小学校の団体さんが、遠足に来たような感じですね。
Ski 01

私はデスクでお客様の対応もさせていただいているんですが、直接お客様とお話しさせていただける機会があるので、皆さんの率直な意見が聞けて参考になります。
そういえば、日本では奄美大島でも最近降雪がありましたね。
また、東京や大阪でも最高気温が0度程度の日があったようです。
この北緯70度、北極圏にすっぽり入っているトロムソと日本、気温の差がほとんどないことに、皆さん驚かれています。

そうなんですよ。
トロムソは札幌と同じような気候で、オーロラが見えるんです。
アラスカやカナダだと氷点下30から40度、さらに下がることもあるようですが、緯度は前述の場所よりも北に位置しているにもかかわらず、ちゃんと見えるんです。
オーロラの出現率や晴天率というデータも、変わりありませんよー。
オーロラは、寒けりゃ見える、というものではありませんからね。

それではみなさん、トロムソでお待ちしています!

トロムソから、柏でした!

【トロムソ冬季オフィス営業時間のお知らせ】
開設期間:1月4日(月)~2月29日(月)
場所:Scandic Hotel Tromso 内で、
営業時間:09:00-10:30, 16:00-18:00

サーリセルカはグルメもお楽しみ!

みなさん、こんにちは!Moi (もい)!

オフィスにいらっしゃるお客様からよくご質問いただくのがお食事について。

朝食をたっぷり召し上がった後のランチはスープ、いかがでしょうか?

【Pirtti (ピルッティ)】

トゥントゥリホテル一階にあるカジュアルレストラン。

曜日ごとにスープの種類が変わります。(パンとお水付きでEUR 8.5)

たとえば・・・月曜はグヤーシュ。具だくさん!
???????????????????????????????????

金曜はボルシチ。

???????????????????????????????????
野菜たっぷり!サワークリームも自分で載せることができます。

URL : http://www.tunturihotelli.fi/fi/ravintola-pirtti

【Tereenpesa (テーレンペサ)】

サーモンスープランチが好評なレストラン。(パンとお水付きでEUR 9.5)

terenpesa

 

 

 

 

 

 

 

サーリセルカの中心にあるのでお買い物やサファリプログラムに参加された後などに手軽にランチを取っていただくことができます。
URL: http://www.teerenpesa.fi/in%20english.html

【Huippu (フイップ)】

スキーバスで10分、カウニスパーの頂上にあるレストラン。

こちらもサーモンスープが有名。こっくり濃厚でおいしいです。(パンとお水付きでEUR 12)

そのほか、クロウベリーというベリーを使ったチーズケーキもこのレストランの名物です。

絶妙な酸味とさくさくの生地・・あぁ、書いている間にまた食べたくなりました。
*上記表示価格は2015年12月24日現在のものです。

fip

お天気よければこのレストランからの眺めがまた格別です!

view from fip

 

 

 

 

URL : http://www.kaunispaanhuippu.fi/

各種レストラン情報オフィスに取り揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください!

サーリセルカの初日の出は・・1月10日です!