カテゴリー別アーカイブ: スウェーデン旅行情報

我らの味方★スーパーマーケット

みなさまごきげんよう、ストックホルムのモモです。いかがお過ごしですか?最近めっきり寒くなりまして。これからまた長い長い冬がやってくると思うと、少しばかり気が滅入りますが、あたたかなショールや毛糸のセーターをぬくぬくと着込んで、冷えた空気の中を歩くのは嫌いではありません。むしろ好き。

今回は、スーパーマーケットのお話。

旅先で、みなさんスーパーに行きません?
スーパーマーケットって、その土地特有のお野菜があったり、パッケージが変わっていたり、品物の並べ方、売り方の違いなどなど、 お国柄、場所柄がストレートに分かる場所だと思いませんか?下手したら美術館や博物館に行くよりよっぽどその国の特色というものを肌で感じられる時がありますよね。ま、そんな偉そうなセオリーはさておいても、スーパーって単純に見るの楽しいじゃない‼︎ちまちまと色々なものが売っていて!なによりお得で!

ストックホルムのスーパーマーケットは星の数ほど(は、ないですが、とにかくたくさん)あります。ただ、今回取り上げたいのは、新しく生まれ変わったHemköp Stockholm City(ヘムシェープ ストックホルムシティ)!地下鉄T-Centralen駅Selgers Torg出口を出てすぐの、Åhléns(オーレンス)デパートの地下にあるので、旅行中立ち寄るのにもとっても便利。こちらのHemköp、4ヶ月間の改装を経て、8月にリニューアルオープンしたばかり。営業時間も、毎日7時から23時までと、ありがたいことこの上なし!

約2000㎡の店内は迷ってしまいそうなほど広々!生鮮食品売り場は、青空市場のような雰囲気で、日々の買い出しに街の人たちが朝から晩までひっきりなしに訪れます。
注目したいのは、お土産コーナーと、デリカテッセン。お店に入ってすぐ先が、ちょっとしたスウェーデンのお土産コーナーになっています。スーパーといえど、スタイリッシュなものを選りすぐりで置いているようで、パッケージの可愛いチョコレートやキャンディ、ダーラナホースやマグカップなど。ちょっと特別なあの人へのお土産を、ここで吟味するのもアリ。

さてお土産コーナーを過ぎ生鮮食品売り場、鮮魚コーナーを越えると、デリカテッセンコーナーが見えてきます!たかがスーパーのデリカテッセンと侮るなかれ。日替わりで何種類もの温かいお料理が並びます。肉料理魚料理ベジタリアンのお料理にサラダにサイドディッシュにやーん美味しそう。

目の前に出来上がったものが並んでいるので分かりやすいですし、セルフサービスで専用のボックスに好きなだけ詰め詰めできるので、オーダーのわずらわしさもありません。100gで、14,95クローナだそうで、つまり200円ちょい?安くない?コレ安くない???ランチにしてもいいですし、ホテルに戻る前に買って帰って夜ご飯にもアリアリ。やはりスーパーは庶民の味方ですな。

とにかく広い店内、これ以外のものも、品揃え豊富です。紅茶やコーヒー、グラノーラやスパイスなど、お土産によさそうなものもたくさん揃っています。デザインで有名な北欧らしく、パッケージも素敵なものばかり。空き缶・空き箱再利用したいがためのお買い物もアリアリアリ!

さらにこの10月、このスーパーの隣にアーバン・デリというストックホルムで大人気の食品店もオープン!テイクアウトのランチボックスなどが並ぶそうです。

じっくり見たら半日かかるかも?な、スーパーマーケット、ぜひ旅の途中にお立ち寄りあそばせ!

【店舗情報】
Hemköp Stockholm City (ヘムシェープ ストックホルムシティ)
住所: Klarabergsgatan 50 (Åhlénsデパート地下)
最寄駅:地下鉄 T-Centralen駅 (Sergels torg出口)
営業時間:7時〜23時(祝祭日は時間が変更になる場合があります)
ホームページ(スウェーデン語):https://www.hemkop.se/butik/4297

LILLA URBAN DELI CITY (アーバン・デリ)
ホームページ(スウェーデン語):http://www.urbandeli.org

世界一長い古本市 ストックホルムカルチャーフェスティバル

一気に秋になったストックホルムからこんにちは、うっかり薄着で寝ていたため風邪引きました。モモです。
9月に入り急に涼しくなりました。もう夏は終わってしまったのね…と少し淋しい気持ちがしたのもつかの間、秋の澄んだ爽やかな空気は、なぜかやる気と食い気を呼び起こします。秋といえば行楽の秋?スポーツの秋?食欲の秋?他にも色々ありますが、今回はちょっと知的に読書の秋といきましょう。先日、「世界一長い古本市」に行ってまいりましたのでレポートです!

8月15日から20日、ストックホルムではカルチャーフェスティバルが行われました。600以上ものプログラムから成る盛大なフェスティバルで、音楽やダンス、映画、パフォーマンスなどの他にも、子ども向けのアート教室や、屋台、マーケットなどなど内容は盛りだくさん。そしてその最終日、街の中心ドロットニング通りで行われたのが、「世界一長い古本市」!その名の通り、古本市なのですが、全長1.5キロほどのドロットニング通りに、長くずらーりと古本の屋台が並びます。(ただし、通り全てに並ぶわけではないので、古本市の全長が何メートルなのかはハッキリしませんが笑)

インフォメーションのテントでパンフレットを手に入れ、さぁここから世界一長い古本市が始まる!と思った矢先、いきなり目に入ったのがなんと日本語の古本屋さん!

外国で、ふいに日本語を目にすると、「あ、日本語だ!」と思うより前に、「あれ?読める!」と不思議な気分になりませんか?日本語の古本屋さんでは、こちらに住んでいる人から寄付された古本を販売し、売り上げは東日本大震災の被災者へ寄付されるそうです。スウェーデンで寄付された本なら、そんなに種類はないのではないかと思ったら大間違いですわよ奥さん!予想をとってもいい意味で裏切る、かなりの品揃え!実用書や雑誌なども、充実でした。

さぁさっそく日本語の本を何冊か買ってしまいました。次へと進んでいきましょう。
どうやら古本市と言っても、売られているのは本だけではないようです。レコードや、アンティークなポストカードも人気の様子。むかしむかーしのお色気雑誌♡なんかも見つかりましたよ。
あとは、絵本もたくさん!日本でも知られている「長くつ下のピッピ」などの定番絵本や、ちょっと古臭いイラストの絵本もまた良い味を出しています。女の子が、本の入った箱からあれこれとお気に入りを探しているのを横目で見ながら通り過ぎます。 絵本なら言葉がわからなくてもなんとなく筋が想像できますし、小さいお子さんへのお土産や、インテリアとして使っても素敵。 日本語にも訳されている定番なお話は、日本語と照らし合わせながら読んでみるのもいいでしょう。うーん、知的な読書の秋ですな。

中にはこんな古そうな本も平然と並べられていて、それを手にとってじっくり眺めている人も。古本市だけでなく、そこに集まる人々を観察するのとても興味深いものです。

この世界一長い古本市は、一年に一度だけの催しなので、次回の開催はまた来年。なーんだと思った方、実はストックホルムではこういったフェスティバルめいた催しが頻繁に行われているんですよ。ストリートフードフェスティバルや、ストックホルム映画祭、ミッドナイトマラソンなどなど、規模も内容も幅広いですので、ご旅行の期間中、何か面白いイベントがないか、ぜひともストックホルム市のイベントカレンダーをチェックしてみてください。あなたにぴったりの一風変わったイベントに出会えるかも!

【イベント情報】
世界一長い古本市(スウェーデン語ですが、言語切り替えで怪しげな日本語に翻訳できます)
https://kulturfestivalen.stockholm.se/skf/programpunkt/vrldens-lngsta-bokbord/

ストックホルム カルチャーフェスティバル(2017年)
https://kulturfestivalen.stockholm.se/skf/

ストックホルムイベントカレンダー
https://www.visitstockholm.com/events/

自転車こいでどこまでも!

みなさまお久しぶりです。ストックホルムのモモです。
暑い夏、いかがお過ごしでしょうか。ストックホルムはまだまだ暑い日もあれど、やはり北欧、日本とは比べ物にならないほど涼しく、快適な毎日でございますのよオホホ。

今回みなさまにご紹介したいのが、近年どんどんと人気が増しているストックホルムでの移動方法。

自転車!

ストックホルムでは、地下鉄・トラム・バスなどがたくさん出ているので、公共交通機関を使えば、 基本的にどこへでも行けるのですが、やはり知らない土地でバスや電車に乗るというのは緊張するもの。
どこから乗るの?どうやって乗るの?降りる場所は合ってる?そんなドキドキ感も、もちろん旅の醍醐味ではありますが、 同時に不安の種でもありますよね。
さらに、今年、ストックホルムの交通機関の運賃が値上がりしてしまいました。その分、今まであったA・B・Cゾーンという料金区分けがなくなったため、ゾーンをまたいでの移動であってもストックホルムの移動は全て一律料金で利用できるようになり、それはとても良いのですが。地下鉄一区間分だとか、バスで5分10分ほどの距離、などの比較的近距離の移動だと、なんだかちょっとお高くついてしまうという。
1回だけ、1往復だけ、ならまだしも、3回4回5回…と乗る場合は地味に出費がかさんできます。ヤメてー!これ以上私のお財布をイジメないで!されど行きたい場所は微妙な遠さであちこちにあったりして…。
そんな時の救世主が、レンタサイクルです。

ストックホルムのレンタサイクル屋さんで人気なのは、CITY BIKES。

カードを買えば誰でも簡単に自転車をレンタルできるので、観光の方だけでなく、地元の人にもよく利用されています。
ストックホルムの市街地を中心に140箇所以上もレンタサイクルのステーションがあり、好きな場所で自転車をレンタルし、好きなステーションに自転車を返せるので、借りた場所まで戻ってこなくても良いため、とっても便利。
借り方も簡単で、レンタサイクルのカードを購入し、レンタサイクルステーションでかざすだけ!どれでも好きな自転車(型は全部同じですが笑)をバーから引き抜いて、返す時も、ステーションを見つけ、バーに自転車を差し込むだけ。

ステーションの営業時間や、自転車の空き状況などは、アプリやサイトで、リアルタイムで確認できるので、どこで借りられてどこで返せるかもリアルタイムですぐわかる!もう一ついいところを付け加えるならば、このレンタサイクル屋さんの自転車は、車輪が小さいので、小柄な方でも足が届かない!なんてこともなく、乗りやすいのです。

カードは、街中にあるPressbyrån(プレスビーロン)という売店や、セブンイレブン、協賛しているホテルでも買うことができます。
カードの種類は3日間カード(165クローナ)と、シーズンカード(300クローナ。4日以上乗るならこちら!4月1日から10月31日までの期間、ずっと自転車が使えます)の2種類。続けて乗れる時間は一応3時間と決まっていますが、3時間以内に、どこかのステーションで、いったん自転車を返し、もう一度借りる手続きをすればすぐ使えますよ。

ちなみに、スウェーデンは日本とは反対の右側通行。自転車も右側通行で、歩道ではなく、車道を走ります。ただ、自転車専用レーンがある道路も多いので、車に邪魔されることなく快適に走ることができます(もちろん、自転車の運転中は歩行者や車に十分にお気をつけくださいね!)。

自転車に乗ると、新しい目線で景色を楽しめるから不思議。 歩くには少し遠くて諦めかけていた場所も、自転車だと短時間で行けちゃいます。街の地理にも詳しくなれますし、バスが通らない細い路地裏めぐりや、森の散歩道を堪能するにもぴったり。軽やかに風を切って、レンタサイクルで旅行を一味違ったものにしてみませんか?

CITY BIKES

クリスマスムード全開!クリスマスマーケットで 冬を堪能☆

みなさまお久しぶりです。ストックホルムのモモです。東京には大寒波が来たそうで。今年は寒くなるのが少し早いでしょうかね。ストックホルムも同様に、11月から大雪が降ったり、氷点下になったりして、12月はすっかり冬全開ですよ〜。ご旅行には帽子や手袋、マフラーはお忘れなく!

さて12月を迎えると 、街は一気にクリスマスムードになりました。街中のイルミネーションやクリスマスプレゼントの広告もそうですが、一般家庭の窓辺にクリスマス飾りとして、ベツレヘムの星を模したと言われる星型のランプや、長いロウソクを並べるキャンドルスタンドなどが飾られ始めます。スウェーデンのクリスマス飾りは、街のイルミネーションも含め、わりと控えめでシンプル。言ってしまえば地味…なのですが(笑)、そこがいいのですよ!ゴテゴテギラギラしたネオンのイルミネーションとはまた一味違い、白熱灯のほんわりした光が路地にこぼれ出し、何とも言えない幻想的で暖かな雰囲気を醸し出します。

クリスマスムードということで、今回はやはりクリスマスマーケットのお話をしましょうか。クリスマスマーケットはスウェーデン語でJulmarknad(ユール マルクナード。Julはクリスマス、marknadはマーケットという意味です)。街歩き中にこの文字を見つけたら要チェックですよ!ストックホルムのクリスマスマーケットは、様々な場所で開催されていますが、一番クラシックなものは、ガムラスタン(旧市街)の真ん中にある大広場のクリスマスマーケットです。スウェーデンで一番古くから開催されているマーケットで、その歴史は1837年から続きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤色のスタンドが広場を囲むように並びます。そこで販売されているものは、クリスマスグッズから、 乾燥トナカイ肉まで様々ですが、なんといっても試していただきたいのは、グレッグ(glögg)!
グレッグとは、ドイツのグリューワインのようなホットワインのこと。赤ワインに、シナモンやショウガ、カルダモンなどのスパイスと、アーモンドなどのナッツ類を入れ、温めていただきます。クリスマスイブの晩餐の前に飲んだり、クリスマスシーズンのパーティーで振舞われたり、サフランパン(これもクリスマスシーズンならではのパンです)と一緒に飲んだり…。北欧のクリスマスといえばこれなしには始まりません。 ほかほかのワインにスパイスがふわりと香り、冷えた体をじんわりと温めてくれること間違いなし。ほんのりと甘いので、お酒を飲みなれてない方にも飲みやすいですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アルコールがまったく飲めない?安心しなさいよ!クリスマスマーケットの裏にはホットチョコレートが有名なカフェもあるわよ!これもやっぱり冬が来ると飲みたくなる飲み物ですよね。あつあつのホットチョコレートに生クリームが溶けて、あぁ冬っていいわ〜。 暖かい飲み物を手に、マーケットのスタンドを回ってみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大広場のクリスマスマーケットは、2016年は11月19日から、12月23日まで毎日開催されています。お昼から見に行くのも良いですし、暗くなってからの風景も、とても良いですよ!各スタンドのオレンジ色の明かりが点々と並び、幻想的な雰囲気が味わえます。夜に行くのは怖い?大丈夫、16時には真っ暗ですから!

大広場のクリスマスマーケット (Stortorgets Julmarknad)
アドレス:Stortorget, 111 29 Stockholm
最寄駅:地下鉄レッドラインまたはグリーンラインGamla Stan駅より徒歩約5分
営業期間:11月19日〜12月23日 毎日11:00〜18:00

勝手にオクトーバーフェスト! スウェーデン初のライトビール専門店 Bottle Shop

みなさまこんにちは、ストックホルムのモモです。近頃めっきりと寒くなりましたね。ストックホルムへのお出かけには、帽子や手袋などの防寒具をお忘れなく!
さて、10月といえば?紅葉?行楽?いやいや、やっぱオクトーバーフェストでしょ!
オクトーバーフェストは、言わずと知れたドイツのビール祭り。スウェーデンは全く関係ないのですが(笑)、最近はストックホルムのレストランやバーでもオクトーバーフェストにちなんだパーティーを開くところもあるようですし、お酒を飲むのに理由はたくさんあったほうが良いですから!ここでも勝手にオクトーバーフェストを開催してしまいましょう!ということで今回はビールのお話!イェイ。

北欧に滞在されたことがある方や、ご旅行に向けて調べている方はすでにご存知だと思いますが、北欧ではアルコールを買ったり飲んだりできる場所が限られています。スウェーデンでは、お酒を購入できるのは、国営の酒屋「Systembolaget」のみ。
ただし、ライトビールやノンアルコールビールなどの、アルコール度数の低いもの(3.5%まで)については、通常のスーパーや一般のお店でも買うことができます。ライトビールって、最近は種類も味も本当に豊富!かるーく飲みたい時や、地元のビールや変わり種ビールを試してみたい!という方にオススメなのが、今回ご紹介するライトビール専門店!その名も、Bottl3.5hop(ボトルショップ)。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大通りから一本入った、静かな道沿いにこのお店はあります。店内に足を踏み入れると、世界中から輸入されたビールが壁一面に並んでいます。所狭しと並ぶビールは、エチケットもカラフルでおしゃれなものばかり!スウェーデン産のものはもちろん、世界の産地からオーナーが厳選した選りすぐりのビールがずらりと。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はこのショップ、今年の夏にできたばかり。さらに言うと、スウェーデン初!のライトビール専門店なのです。もともと世界各国のビールを輸入し国営の酒屋に卸していたフレドリックさんとマッティンさんが、ライトビールの味と品質の向上、そして可能性に目をつけ、ショップをオープン。すぐさま地元で話題の的となり、新し物好き珍しもの好きのストックホルムっ子が次々と訪ねてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オススメのビールを聞いてみると、手早く棚から瓶を選び出してくれました。一昔前のノンアルコールビールや、低アルコールビールは、シャッバシャバで単なるうすーいビールといった感じでしたよね。このショップに取り揃えられているのは 、一般的なラガービールだけでなくダークビールや白ビール、ペールエールなどなどなど、種類も味も様々で、なにより美味しい!
ショップでは、持ち帰り用にボトルを買うことはもちろん、店内でドラフトビールを飲むことも可能。さらには、ビールに合うおつまみも取り揃えてあり、晩酌フルセットが揃っちゃう。きゃっ♥
オーナーの2人は、長年ビールの輸入に携わってきただけあって知識が豊富。迷った時は是非とも聞いてみてください!お客さんの好みや、食事に合わせてビールを選んでくれますよ。どうしても決められない時は、ジャケ買いなんていう手も(笑)。いくつか買って飲み比べをしたり、ビール好きのお友達へのお土産にしたり。秋の夜長にライトビールで勝手にオクトーバーフェストを開催しちゃいましょう!

【店舗情報】
Bottl3 . 5hop (ボトルショップ)
アドレス:Kocksgatan 19, 116 24 Stockholm
最寄駅:地下鉄グリーンライン Medborgarplatsenより徒歩5分
営業時間:月〜水12:00〜19:00、木12:00〜20:00、金12:00〜18:00、土12:00〜16:00、日曜休み(2016年10月現在)

スウェーデンは子ども服も男女平等!デザインと機能性を兼ね備えたPolarn o Pyret

みなさまこんにちは。ストックホルムのモモです。
さて、9月も中旬に入りました。8月に比べて気温はだいぶ下がりましたが、お天気が良い日が続いているので、とっても快適ですよ!まだまだ街中は観光シーズン真っ只中といった感じで、世界各国から来た観光客が行き交います。

旅行中は、美しい景色や自然を堪能したり、美味しいランチを楽しんだり、そしてやっぱりお買い物もはずせないものですよね。自分のためだけでなく、 お友達 へのお土産も買わなくっちゃ!さらにさらに、親戚の甥っ子ちゃん姪っ子ちゃんやお孫さんへのプレゼントを買わなくっちゃ!(もちろんご自身のお子様にも!)という方ってけっこう多いんじゃないでしょうか。ということで今回は、スウェーデンブランドの子ども服のお店をご紹介します!

そのお店は、Polarn O. Pyret(ポーラン・オ・ピレット)! シンプルで鮮やかな色使いが目を引く、子ども服屋さんです。
shop display_1

新生児用から12歳児までの子ども服や小物が並ぶ店内はとってもカラフル。色とりどりのポップなデザインのお洋服がずらりと並び、んーもぅウチのあのカワイ子ちゃんに着せたら絶対似合うわ!と鼻息が荒くなってしまうほど。でもこのお店の良いところは、デザインの可愛さだけではないんですよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

40年以上も続くこのブランドは、その品質と 機能性の高さが特徴。 子どもが着て心地よいようにと考え抜かれたデザインと機能は高く評価され、街で遊ぶ子どもたちを見ていると、その多くの子たちが、ポーラン・オ・ピレットの服を着ています。ユニセックスのデザインが多く、 女の子の服・男の子の服、といった区分けがないのも男女平等を目指す北欧らしいところ。世間の流行り廃りに流されない、飽きのこない柄と品質の高さは、兄弟姉妹へのお下がりとしても長く使いやすく、世代を超えて愛される理由なのでしょう。

年中使えるような、ビビッドカラーのシャツもオススメですが、これからの季節、冬用のジャケットも可愛いものが揃っていますよ!さすが北国といいましょうか、子ども用のジャケットのゴツさは日本のものの比ではありません。冬になると、小さな子どもたちが、オーバーオールと呼ばれるつなぎのウェアを着て、完全防備で外を走り回る姿が見られます。手袋だって、極厚です。最近暖冬のストックホルムでもマイナス10度くらいになりますからね。このお店でも 、薄めのレインコートから、フリースジャケット、ウールのトレーナー、本格的なスキーウェアのようなものまで様々な種類が揃っています。スキーや雪遊びに行くのにぴったりのふかふかジャケットや、ちょっと肌寒い時に役立つフリースジャケット。反射板も付いていて、薄暗くなる秋冬の帰り道もちょっと安心ですね。サイズも新生児用から12歳用まで幅広く展開されています。 小柄な方なら大人でも着られるような大きさのものも…。一応子ども服ブランドではありますが、こんなに可愛くて丈夫なんだったら、自分用に買っちゃってもいいかも…?
ポーラン・オ・ピレットは、ヨーロッパに広く店舗を持ち、 中でも北欧では高い人気を誇りますが、まだ日本には未進出。一足先に本場のスウェーデンで、かわいくて高品質な子ども服を手に入れちゃいませんか??

【店舗案内】膨張
Polarn O. Pyret(ポーラン・オ・ピレット)PK-HUSET店(NKデパート隣)
アドレスHamngatan 10, 111 47 Stockholm
最寄り駅 地下鉄グリーンラインT-Centralen駅Sergels Torg出口より徒歩約5分

または 地下鉄レッドラインÖstermalmstorg駅より徒歩約5分
営業時間 平日10:00〜20:00 土曜10:00〜18:00日曜11:00〜17:00 (2016年9月現在)
ホームページ(英語) http://www.polarnopyret.co.uk

世界一長い美術館 !? ストックホルムの地下鉄駅を巡る旅

みなさまこんにちは、ストックホルムのモモです。お盆のお休みはいかが過ごされましたか?(え、お仕事でした?奇遇ですね、私もです)
まだまだ日本は夏真っ盛りでしょうか。ストックホルムは連日涼しい風が吹いております。気持ち良いですよ〜。日中は暑く感じることもありますが、そろそろジャケットが必要な季節です。観光には温度調節のできるお召し物でお越しくださいね。

さて、今回はアートに興味のある方ご注目。無くてもいいのよ、読んでいってくださいな。ちょっと変わった「美術館」をご紹介します。いえ、本当は美術館ではないのですが…。なにかと言いますと、それはストックホルムの地下鉄!ガイドブックのストックホルムのページをよーく読み込んでいらっしゃる方はもうお分かりでしょう。ストックホルムの地下鉄は、 合わせて100駅ほどあり、そのほとんどの駅の構内に、それぞれ全く違った装飾が施されていて、駅に着くたびに雰囲気がガラリと変わります。そのためストックホルムの地下鉄は世界一長い「美術館」と言われているのです!ストックホルム地下鉄の看板。このTの文字のあるところに地下鉄の入り口あり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
地下鉄は グリーンライン・レッドライン・ブルーラインの3本。長さは合計110キロほどに渡り、装飾には150人以上のアーティストが携わっています。地下鉄のチケットさえあれば、年中無休、朝から晩まで、天気の悪い日や寒い日でも、さらには冬の薄暗い日でも問題なし⭐︎な美術館なのです!100駅ある中でも一見の価値ありの駅が、ティーセントラーレン(中央駅、T-centralen)、クングストレードゴーデン(Kungsträdgården)、ロードヒューセット(Rådhuset)の3駅。すべてブルーライン上に並んでいます。まずはクングストレードゴーデン駅。ブルーラインの始発駅です。駅がある地区にあった宮殿からインスピレーションを得ているそうで、宮殿らしい荘厳な雰囲気と、現代的な色使いが入り乱れ、不思議の世界に迷い込んだかのよう。実際に宮殿に置かれていた彫刻も紛れているそうです。
まずはクングストレードゴーデン駅。ブルーラインの始発駅です。駅がある地区にあった宮殿からインスピレーションを得ているそうで、宮殿らしい荘厳な雰囲気と、現代的な色使いが入り乱れ、不思議の世界に迷い込んだかのよう。実際に宮殿に置かれていた彫刻も紛れているそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クングストレードゴーデン駅

お次はティーセントラーレン駅。すべての地下鉄ラインやコミュータートレイン、そしてスウェーデン鉄道中央駅が交差する駅でもある、ストックホルムで一番重要な駅。レッドライン、グリーンラインのホームも素敵ですが、なんといってもこのブルーラインの青が印象的です 。削られた岩盤の凹凸をそのまま利用し、一面に広がる青と白。まるで海底を歩いているかのよう。ブルーラインへと向かう通路には、ストックホルムの地下鉄建設の歴史を写真で振り返る展示もあって、勉強になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ティーセントラーレン駅(中央駅)

そして最後に、ロードヒューセット駅。ティーセントラーレン駅のすぐ次の駅です。こちらはさきほどの穏やかな青とは打って変わって燃えるような赤!なにか闘志が湧いてくるような、力強い気持ちにさせられます。駅が位置するクングスホルメンの歴史を自虐的に振り返ったと言われているアートがそこかしこに散りばめられています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ロードヒューセット駅
ストックホルムの地下鉄の切符で一番一般的なのは、Aゾーンというゾーンの中の、地下鉄・バス・トラム・コミュータートレインに、75分間乗り放題のチケット。駅の自動券売機や、キヨスクなどで買うと、36SEK(約540円)です。公共交通機関料金も少しお高めなストックホルムですが、75分以内だったら、途中下車も、し放題!さらに芸術鑑賞までできるなんて、むしろお得では⁉︎ 始発駅から終着駅まで、駅ごとの特徴を車窓から楽しむのもいいですし、一つ一つの駅に降りてみて、じっくりと味わうのもまた良し。ぜひ、お気に入りの駅を見つけてみてください。

お散歩に!都会のオアシス、レンタル庭園めぐり

みなさまこんにちは、ストックホルムのモモです。いよいよ夏本番ですね!ストックホルムでも毎日あっつー!…とまではいきませんが、気持ちの良いお天気の日が続いています。夏至を過ぎたとはいえ、22時近くなってもまだ薄明るく、日の出も朝4時台ですから、1日が本当に長い!しかし、お店や美術館のオープン時間は通常どおり、または夏休みモードで短めというところも多くあります。時差ボケで早朝に目が覚めちゃった!お店は閉まったけどまだまだ何かしたい!長い1日を満喫したい!という時にオススメな、営業時間を気にせず訪れることのできる(そして入場料等がかからない)変わりダネ観光スポットのご紹介です。
そのスポットとは…スウェーデンのレンタル庭園、”Koloniträdgård”(コロニー・トレードゴード)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レンタル庭園とは、名前の通りレンタルできる庭園で、広い敷地が柵で細かく区切られている大きな公園のようなもの 。それぞれの区画に、レンタルしている人が草花や野菜を思い思いに育てているのです。いくつもの庭園が続き、区画の間には細い小径が迷路のように走っていて、お散歩コースにぴったり⭐︎お庭の中までは入れませんが、小径を歩くとお庭の様子が間近に見られます。郊外まで出かけて行かなくても、街の中にいながら自然を満喫できる、夏のオススメスポットなのですよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レンタルとはいえ、規模はなかなかのもの。 借り主の趣味や目的に合わせて、お庭が造られています。各庭園に小屋があるのもレンタル庭園の特徴。小屋と言っても、用具などをしまっておくだけのものでなく、簡素な家具や寝室が備え付けられているところもあるので、休憩やお泊まりなどに使われ、卒業パーティーや誕生日パーティーを開くことも。色とりどりの草花の間にチラリと見える小さなおうちがとってもキュート!スウェーデンらしい、白い柱に赤い壁のおうちもここで見ることができますよ!

レンタル庭園の元々の目的は、狭いアパートに住んでいた貧しい労働者階級の人たちの野菜や果物の自給だったようです。レンタル庭園というより、貸し農園ですね。1950年代頃から、趣味の意味合いが強くなり、園芸や家庭菜園などを楽しむために広まったそうです。自然をなによりも愛するスウェーデン人、都会に住んでいても、常に自然と親しみたいと願うもの。ストックホルムの中心地はアパートがほとんどですから、街に住みたい、でもお庭が欲しい!緑がないと生きていけない!という悩みを一気に解決、それがレンタル庭園。現在でもとても人気が高く、借りるまでに何年も待つことが多いそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近は、もっとシンプルにレンタルボックス菜園というものも広まりつつあります。こちらは土地ではなく、「箱」を借り、その箱の中で自由に野菜やハーブ、果物や草花などを育てることができるもの。自宅のベランダやキッチンなどでは育てられないような大きなものも、気軽に箱をレンタルし、家庭菜園できるのですよ!カッキテキー!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

植えられているものは、庭園によって様々です。草花を中心に観賞用のお花を育てているところや、レッドカラントや西洋スグリなどの果物を植えているところ、ガッツリ家庭菜園しているところや、すべてまぜこぜになったお庭も。どの庭園も、それぞれの思い入れが感じられ、 秘密の花園に迷い込んだかのよう! お庭で日向ぼっこをしながらくつろぐスウェーデン人の休暇を垣間見ちゃったり、草木の爽やかな匂いに包まれ、癒されたり。スウェーデン独特の草花や果物にもたくさん出会えるレンタル庭園に、貴方も訪れてみませんか?

【オススメの庭園】
Eriksdalslundens koloniområde (エリクスダールスルンデンス コロニーオムローデ)
場所:Clarion Hotel Stockholm裏
最寄駅:地下鉄グリーンライン Skanstull(スカンストゥル駅)

街歩きのおともに!フレッシュジュースでビタミン補給

みなさまこんにちは、ストックホルムのモモです。
日本は蒸し暑いですか?みなさまのお住いの地域では梅雨はあけましたか? こちらは、連日20℃前後の気持ち良い天気が続いています(うらやましいでしょ、ムフフ)。湿度も低く、汗もそれほどかかず過ごしやすいのですが、太陽の下にいるとやはりジリジリと焼けるようです。こんな暑い時は、やっぱり冷たくておいしいものが飲みたいですよね。コンビニやスーパーには、ペットボトルのお水やアイスコーヒー、飲むヨーグルトなどが売ってはいますが、せっかくですもの、 作りたてのフレーッシュ☆なジュースで一休みといきませんか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回ご紹介するのは、暑い夏にぴったりの、ジュースヴェルケット(Juiceverket)というストックホルムで大人気のジュース屋さん。ジュースといっても、もちろん、ただのりんごジュースやオレンジジュースではありませんよ。果物や野菜、ナッツ、スパイスをブレンドした、独創的なメニューがこのお店の自慢。目の前で手早く材料をミキサーにかけて作り上げてくれるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内はこんな感じ。一見倉庫のような雰囲気のお洒落な内装で、カウンターには様々なスパイスやナッツ、これからジュースになるのを待つばかりの新鮮な果物たちが並んでいます。バナナやりんごはもちろん、ショウガにケールにクコの実、ウコンなどの変わり種エッセンスも豊富に揃っています。ジュースヴェルケットのイメージは、ノンアルコールのカクテルバー。カクテルを作るように、甘さ、酸っぱさ、辛さの要素が絶妙なバランスで出るよう、入念に試作を重ねたドリンクがこのお店の人気の秘密となっているのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さぁさっそく注文してみましょう。写真のジュース(左)は、店員さんのオススメ、”コロラド・ピックミーアップ”(商品の名前も、一風変わったものばかり。注文するのはちょっと照れますが、堂々とどうぞ。恥ずかしければメニューを指差しましょう)グリーンアップル、セロリ、ほうれん草、レモンなどがブレンドされて、さわやかさ満載! グリーンアップルの甘さとレモンの酸味の割合がちょうどよく、旅行中に不足しがちなビタミンや鉄分の補給にもぴったりです。疲れた体に染みる心地よさ!そして右は、”マンダラ・スモウ”(そうです 「曼陀羅相撲」です)。”スモウ”はスウェーデンでもお馴染みのワードですが、体が大きい・よく食べる・(料理等の)ボリュームがあるという意味の代名詞として使われることが多いです。

こちらはジュースというよりもシェイクに近いような、ボリューム満点の飲み物です。デーツの実、アーモンド、マカ、カシューナッツとちょっぴりお塩を効かせたミックス。まったりとした感触で、デーツの実の自然な甘さが夢のよう。これはクセになるわ!

このお店の独特なところは他にもあり、2日間ジュースでファスティング!というメニューや、格闘技のジムとコラボレーションしたり、ジュースの本を出版したりと、その活動は多岐にわたります。シェイク系の飲み物は、その満足感から、朝ごはんやランチに置き換えても良いくらいのボリュームですし、使われている材料は、ビタミンやプロテインを多く含む食材ばかり。ファスティングに利用されるのも分かりますよね。
店舗は、ストックホルム市内に6店舗あり、どれもお買い物に便利な立地にあります。ジュースヴェルケットのジュースで旅のエネルギーを補給しちゃいましょう☆

【お店情報】
ジュースヴェルケット(Juiceverket)
Adress :(主な店舗)
Klara店 : Gamla Brogatan 30, 111 20 Stockholm(地下鉄グリーンラインHötorget駅)
Centrum店 : Norrlandsgatan 13, 111 43 Stockholm(地下鉄レッドラインÖstermalmstorg駅)
Slussen店 : Katarinavägen 20, 116 45 Stockholm(地下鉄グリーン/レッドラインSlussen駅 )
Götgatsbacken店 : Högbergsgatan 37, 118 26 Stockholm(地下鉄グリーン/レッドラインSlussen駅 または 地下鉄グリーンラインMedborgarplatsen駅)
ホームページ:(スウェーデン語のみ・店舗案内はVÅRA BARER のタブからご覧いただけます)
http://www.juiceverket.se

タリンクシリヤラインでめぐるタリン・ストックホルム・トゥルク 4泊5日でストックホルムの自由時間に寄ってみては?

夏だ!セールだ!スウェーデン発ブランドがいっぱい!

みなさまこんにちは、ストックホルムのモモです。
日本は梅雨の時期でしょうか。スウェーデンでは先週末は夏至のお祭りでした。一年で一番日が長くなる時期です。このお祭りが終われば、季節は本格的に夏を迎えます。カラッとした空気と、眩しい太陽、街は大賑わい。でも街に人があふれているのは天気のせいだけじゃないんです。先週から夏のバーゲンセールが始まっているからなのよ〜!
sale!sale!!sale!!!

「セール」はスウェーデン語で”rea”(レア)と言います。この単語を見つけたら、それはセール中のお店、つまりはお買い得だということで。要チェックや〜!
夏のバーゲンセールが始まるこの時期、街には、”REA”や、”SALE”の文字が並ぶ!並ぶ!!並ぶ!!!物価の高い北欧では、セールがいっそうありがたく思えますよね。定価ではとてもじゃないけど手が出せないあの靴が、狙っていたあのワンピースが、欲しかったあのパンツが、買えるかもしれない絶好のチャーンス!さてさてショッピングに出かけましょう。セールのお店を巡るなら、一度にたくさんのショップを回れるモールがやはりオススメです。

今回ご紹介するのは、Bruno(ブルーノ)というショッピングセンター。このモールはストックホルムの若者に大人気のエリア、Södermalm (セーデルマルム)にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Brunoの特徴は店舗のラインナップ。中に入っているアパレルショップは、APLACE、Filippa K、HOPE、H&M、J.LINDBERG、SAMSØE & SAMSØE、WHYREDの7店舗。これらのお店に共通することはなんでしょうか。ファッション&モードにお詳しい貴方、お答えをどうぞ。はいそうです正解です、そのほとんどがスウェーデン発のブランドだということなのです。この中の、APLACEはセレクトショップで、最近日本にも進出し人気の高いACNE(アクネ)などのブランドの取り扱いがあります。それ以外にも、実用性抜群のSANDQVIST(サンドクヴィスト)の鞄(これもスウェーデン発ブランドですよ!)や、ポップな色使いが目を引くHappy Socks(ハッピーソックス)の靴下(これもスウェーデン発!)、斬新なモチーフで地元でも大人気の mini rodini(ミニ ロディーニ)のこども服(これもスウェーデン発)などの品揃えも充実です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スウェーデンのお洋服のサイズは大きめで、XSサイズでも160〜165cmの人向けであったりします。
(なにせ女性の平均身長が170cm近くある国ですからね…)セールで出てくるお洋服はやはり、XLサイズやXSサイズなどの、いわゆるあまり売れない層のサイズが多いですよね。日本だと気に入ったものがあっても、サイズが大きすぎたり小さすぎたりと、うまく出会えないこともよくあります。が。スウェーデンでは「売れない層」であるXSサイズが、だいたい日本のMサイズくらいなので、掘り出し物が見つかる可能性が大!なんです。 なんて素敵な!

Brunoは、地下鉄Slussen(スルッセン)駅を出てすぐの坂の上にあり、その300mほどの坂道には、他にもMonki(モンキ)や、Granit(グラニート)、Designtorget(デザイントリエット)などなど、スウェーデン発ブランドのお店が並んでいます。もちろんこれらのお店でもセールが開催中!カフェやレストランもあるので休憩するにもらくちん、 お洋服や雑貨などのショッピングには最適なエリア。セールは通常8月下旬頃まで続きますが、お店によっては、セール商品がなくなるまで!というところも。良いものが見つかりますように!

【お店情報】
Bruno (ブルーノ)
Adress: Götgatan 36, 118 26 Stockholm
最寄駅: 地下鉄グリーンラインまたはレッドラインSlussen(スルッセン)駅
(Götgatan出口より100m)
営業時間: 平日11時〜19時、土:11時〜18時、日:12時〜17時
ホームページ(英語):
http://www.brunogotgatsbacken.se/?lang=en