カテゴリー別アーカイブ: フィンランド旅行情報

サンタクロースが住むロヴァニエミの街にオープンしたアークティック・スノーホテルをご紹介

皆さん、Moi!
ロヴァニエミ支店のMonamiです。

サンタクロースが住むロヴァニエミの街ではクリスマスに沢山の観光客の方で賑わい、クリスマスコンサートやショー、サンタさんがクリスマスに世界中の子供たちにプレゼントを配る旅に出る出発式など様々なイベントが行われました。
さて、今回はクリスマスシーズンにオープンしたアークティック・スノーホテルのご紹介をしたいと思います!
アークティック・スノーホテルはロヴァニエミの街から車で約30分の距離のSinettä村にあり、雪と氷でできたホテルや、アイス・チャペル、アイス・バー、アイス・レストラン、スノーサウナ、また屋根がガラス張りになっているグラスイグルー等があり、様々な体験ができます。

スノーホテルは11月の終わりから約1ヵ月かけて作られるので、毎年違った内装のデザインが楽しめます!

スイートルームはいくつかお部屋があり、全て違うデザインの内装です。
実際に宿泊されるお客様もいて、トナカイの毛皮が敷き詰められたベッドの上に寝袋を敷いて寝るそうです!

アイス・チャペルでは毎年世界中からカップルが結婚式を挙げに訪れます。やはり、ドレスの上にコートを着ないと寒いみたいですね!

アイス・レストランはテーブルもベンチも氷でできています。(別のプログラムではこのアイス・レストランでお食事ができるものもあります。)

アイス・バーでは音楽が壁に反響してまるでナイトクラブにいるような感覚を味わえます。

フィンランドはサウナの発祥の地と言われ、様々な種類のサウナがありますが、雪で作られたサウナは珍しく、フィンランド各地からもフィンランド人が体験しに来るほどです!(別のプログラムではスノーサウナを実際に体験できるものもあります。)

フィンランドの伝統的なコタ小屋レストランでは囲炉裏の側で暖をとれます。

コタ小屋レストランの囲炉裏で直火焼きされたサーモンのステーキ!おいしそうですね!

この素敵なスノーホテルを訪れるプログラムの中でも人気のものを2つご紹介いたします!

1つ目はアークティック・スノーホテルを見学するプログラムです。(大人お一人49ユーロ/子供(2-12歳)お一人39ユーロ)
こちらのプログラムは16:30-19:00に行われます。ヴァニエミ中心地にあるサンタズホテルサンタクロースからの混乗バスでの送迎、英語ガイドによるスノーホテル内の案内サービス、ホットベリージュースとビスケットが含まれています。また、別料金でアイス・バーにて氷のグラスに入ったお酒やジュースをオーダーすることもできます。

2つ目はスノーホテルの見学とコタ小屋レストランでのディナー、敷地内にてオーロラ鑑賞をするプログラムです。(大人お一人99ユーロ/子供(2-12歳)お一人69ユーロ)
こちらのプログラムは19:00-24:00の間に行われます。ロヴァニエミ中心地にあるサンタズホテルサンタクロースからの混乗バスでの送迎、英語ガイドによるスノーホテル内の案内サービス、3コースディナー(きのこのクリームスープの前菜、メインディッシュはサーモンステーキ、トナカイのパテ、ロスティからどれか1つ、アップルディライトのデザート)、コーヒー、紅茶、ソーセージが含まれています。また、別料金でコタ小屋レストランにてドリンクのオーダーや、アイス・バーにて氷のグラスに入ったドリンクをオーダーすることもできます。

この他のプログラムの予約もロヴァニエミ支店にて受付しておりますので、是非お立ち寄りください!

◆ツムラーレ ロヴァニエミ支店◆
営業時間:月~金 09:30-11:30, 14:00-17:00 / 土・日・祝 14:00-17:00
住所:Koskikatu 14-16, 96200 Rovaniemi  (サンタクロースホテル別館 Kalotinlinna 内2階)
TEL:+358-(0)40-680-5808

ロヴァニエミを訪れたなら、やっぱりモイモイ号でオーロラハンティング!

『Hyvää uutta vuotta!』明けましておめでとうございます!

『Hyvää uutta vuotta!』
ちょっと遅くなりましたが、サーリセルカから『あけましておめでとうございます!』

昨年12月15日にオープンしたサーリセルカオフィスには、年末年始沢山のお客様にお越し頂きました。皆さんのお目当ては『当たりおみくじ付!年賀はがき!』!!と言っても大吉を引いたお客様にはお汁粉。☆マークの方はキットカットといった、ちょっとしたプレゼントをご用意しました。

残念ながらはずれの方には『Salmiakki』!!!!ってご存知の方は罰ゲーム?!と思われるかもしれませんが。

『サルミアッキ』。。。それはフィンランド人が子供のころからこよなく愛する塩化アンモニウム入りの飴。食感はグミより硬いゴム。味は塩味にちょっとだけアンモニア臭と言う、オシャレでポップなお菓子!世界一まずい飴として世間に知られている有名な逸品!ハズレの方にはご試食頂きました。すみません。。。もちろん後口用にチョコレートとミントキャンディもご用意しました。

当たった方も外れた方も、皆さん笑顔でちょっとした楽しい時間を過ごしていただけたかな?とスタッフ一同新年早々嬉しく楽しい時間でした。

そして、こんな素敵な出会いも!!
サーリセルカの村には小さいけど素敵な教会があります。プロテスタント系の教会で、オーロラの出現を待ちわびる人々を24時間暖かく迎えてくれる素敵な教会です。
まるでクリスマスケーキの上に飾る砂糖菓子のデコレーションの様な教会。

そんな教会でウエディングドレス姿のお写真を撮りたいと、わざわざ日本からウエディングドレスを持参されたお客様がいらっしゃいました。
昨年日本で結婚式を挙げられたご夫妻。
私達も是非是非参列させて頂きたいと、ずうずうしくカメラ片手に押しかけました。
ガラス越しに見える雪景色と教会の暖かいオレンジ色の光の中に立つお二人の姿は本当に素敵でした。

美男美女カップルの素敵な雰囲気に、新年早々縁起がいい!今年も沢山の良い出会いが サーリセルカで待ってる気がしたひと時でした。

さあ、まだまだサーリセルカ・ラップランド地方はハイシーズンです。カーモスも終わり、太陽の光が降り注ぐフィンランドに是非お越しください!まだ、間に合います!
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

  1. ◆ツムラーレ サーリセルカオフィス◆
    営業時間:8:30-10:30, 14:00-16:00 (期間中毎日オープン)
    住所:Lutontie 3, Saariselka,99831 (Santa’s Hotel Tunturi/ トゥントゥリ内)
    TEL:+358-(0)46 908 1461
    期間:2017年12月15日~2018年3月15日まで

サーリセルカでは、たくさんのオプショナルツアーをお楽しみいただけます!

オーロラ観測ツアー「モイモイ号」が毎日運行になります

皆さま、モイ!

ロヴァニエミオフィスのMonamiです。

いよいよ12月1日からロヴァニエミ冬季オフィスが昨年と同じ場所、サンタズホテル・サンタクロースの併設ショッピングセンターのカロティンリンナ2階にオープンしました!

ロヴァニエミ支店へはロヴァニエミの街の中心部にあるサンタズホテル・サンタクロースの入り口からお入りいただいてロビーから続く廊下から来ていただくか、又はサンポケスクスショッピングセンターから大きなクリスマスツリーを挟んだ向かい側の「Kalotinlinna」と書かれた建物の入り口からお越しください!
今年の冬は2018年3月24日まで毎日営業となります!

9月から平日のみ運行していたオーロラ観測ツアー「モイモイ号」も12月1日から3月24日まで毎日運行になります。現地オフィスでも予約を受け付けておりますので、皆さま是非ご参加ください。

また、今年度からモイモイ号にご参加されるお客様限定でロヴァニエミで人気のレストラン・ニリでのモイモイディナーを特別価格お一人様49ユーロでご提供いたします!

モイモイディナーのメニューは:
・前菜 ~ ロヴァニエミの森で採れた新鮮なポルチーニ茸をサワークリームで蒸し煮したニリ特性きのこのクリームスープ
・メイン ~ ラップランドの自然の中で育ったトナカイを使ったローストサーロインステーキのグリル
・デザート ~ ラップランドの森で採れた美容効果や腸内環境を整える効果のあるクロウベリーのあっさりとしたシャーベット
・食前にノンアルコールの炭酸ベリージュース、食後にコーヒー又は紅茶も付いて来ます!

※テーブル予約は17時からに限定させていただきます。
※モイモイ号にご乗車される日のみディナーを召し上がっていただけます。
※予約は前日までにロヴァニエミ支店にてお済ませください。レストランの予約状況によっては予約がとれないこともございますのでご了承下さい。

この他にも様々なオプショナルツアーの予約受付、観光案内もしておりますので、ロヴァニエミにお越しの際は是非お気軽にお立ち寄りください!

◆ツムラーレ ロヴァニエミ支店◆
営業時間:月~金 09:30-11:30, 14:00-17:00 / 土・日・祝 14:00-17:00
住所:Koskikatu 14-16, 96200 Rovaniemi  (サンタクロースホテル別館 Kalotinlinna 内2階)
TEL:+358-(0)40-680-5808

さて、ロヴァニエミの街ですが、素敵なお店が続々とオープンしています。
カロティンリンナショッピングセンター1階にあるカフェリンナ併設の「Your Piece of Finland」はちょうど1年前にオープンしたセレクトショップでムーミングッズを始めIvana Helsinkiの洋服やLumiのバックなどフィンランドデザインの素敵な商品が勢ぞろいしています!
営業時間:月~金 10:00-19:00、土10:00-17:00、日12:00-16:00 

また、カロティンリンナの向かい側にあるサンポケスクスショッピングセンター1階にも12月1日から新しいレストラン「American Diner」がオープンしました。50年代のアメリカをイメージした内装でランチやディナーにこだわりのハンバーガーが楽しめます!
営業時間:月~木 10:30-21:00、金10:30-23:00、土11:00-23:00、日12:00-20:00

更にはこの冬からの試みで、街の中心ロルディ広場(ツムラーレオフィス目の前です)にスケートリンクやそりで滑れる雪のスロープなど続々と作られていますので、街中でもちょっとしたアクティビティが楽しめます!

皆さまのお越しをロヴァニエミオフィスチーム一同お待ちしております!
Monami from Rovaniemi

オーロラバス「モイモイ号」のお申し込みはこちらから!
※基本的には毎日運行(9/18-11/30までは平日のみ)ですが、最少催行人数に達しない場合や当日の気象条件(人体に危険を及ぼす天候および安全運⾏ができない場合。例えば、強風警報、極寒警報、雪嵐警報などが発令されている場合等)によりツアー不催行となる場合もございます。

ヘルシンキとエスポー市をつなげる西メトロ、ついに運行開始!

こんにちは!北欧に興味を持たれている皆さん、ヘルシンキのこのニュースはもう聞きましたか?

ヘルシンキとその隣接の都市エスポーをつなげる地下鉄延伸路線Länsimetro(ランシメトロ、西メトロ」が11月18日をもってついに開業しました!
これでヘルシンキからエスポーまでのアクセスがより便利になったので、旅行者の方にも現地の人々にもとても嬉しいニュースです。

ランシメトロ開業によってなんと7つの新しい駅が誕生しました。どの駅も北欧ならではのユニークなデザインで、とても快適です。
その中には、多くのIT企業が集まっているKeilaniemi駅、建築家アルヴァ・アアルトの設計によろアアルト大学メインキャンパスの最寄りのAalto University駅などがあります。フィンランド唯一の海底にある地下鉄駅Koivusaariも注目を浴びています。
また、ショッピングセンターIso Omenaの近くにMatinkyläという駅がオープンしたので、ランシメトロはお買い物にも便利です。

さて、去年から開業の延期が続いてきたこのランシメトロですが、フィンランド人は開通をどんな気持ちで迎えたのでしょうか?? 実は、開業日の11月18日は駅や車内が祭りのような雰囲気で、地元の人々が一緒に歌を歌ったりするなど、盛り上がっていました!
これからフィンランドへのご旅行を考えていらっしゃる皆さん、メトロに乗ってエスポーまで足を伸ばしてみてはいかがですか?

※メトロではHSL(ヘルシンキ交通局)のチケットが使えますが、ヘルシンキを越えてエスポー市に入ると、地域チケット(Seutulippu)が必要となります。エスポーのKeilaniemi駅以降へ向かう方はチケットを購入する時にチケットの種類にご注意ください。(地域チケットは5.5ユーロで、90分間有効です。)

ヘルシンキはエスポ―以外にもいろいろなところに足を延ばせます!
人気のイッタラ社工場見学とアウトレットでお買い物もおすすめですよ!
日本語ガイド付き イッタラ社工場 お買い物日帰りツアー

新定番ヘルシンキ秋のアートイベントはSuperWood Festival

朝晩はマイナス1度という気温になってきたヘルシンキはそろそろ冬支度。
でも秋もしっかり楽しまないと!という事で芸術鑑賞に行ってきました。

今年初開催のSuperWood Festivalは、IvanaHelsinki(1998年設立、テキスタイルからコンセプトデザインまでを幅広い商品を展開するフィンランドを代表するブランド)がキュレーターとなり、ヘルシンキの郊外のホテルを貸しきって(!!)フィンランドの新進気鋭のアーティストが一同に会した大型アートイベント。

ホテルの館内では様々なアーティストによる展示、ライブパフォーマンス、トークイベントが繰り広げられ、食事にはカラフルなベジタリアンフードのビュッフェでゲストをおもてなし。

肩の凝らないアーティストと距離間もフィンランドならではで、パフォーマンスが終わったアーティスト達とゲストがコーヒーを片手に立ち話、という雰囲気。この大型Festivalは2日間の開催で、2日目のイベントはお昼の12時スタートし、なんと翌日朝4時まで続き、夜中の12時から映画が上映されたり、人気DJによるパフォーマンスが夜通し行われ盛り上がりました。

またホテル自体もすばらしいのです。
会場となったRantapuistoは元銀行のトレーニングセンター。フィンランドの建築家カップルRagnar YpyäとMartta Ypyäが巨匠アルヴァ・アールトと、デンマークのルイジアナ美術館からインスパイアされデザインした建物で、館内にはふんだんに木が使われ、ヘルシンキの郊外とは思えないほどの大自然に面したローケーション。
Festivalが行われた日も良い天気で夕暮れにホテルの裏手に広がる海を散歩しながらのアート鑑賞という贅沢な時間を過ごせました。

このFestivalは大好評で、来年も催行されるそう。2018年秋のフィンランド芸術鑑賞に今から予定を立てるのはいかがでしょうか!?

あまり知られていない人気ブランド「フィンレイソン」

日照時間がぐっと短くなり、日中でも薄手のコートが必要な気温になってきたヘルシンキですが、街を歩いていると秋のオーロラツアーでオーロラ観測後、ヘルシンキに立ち寄られお買い物を楽しんでいらっしゃる方を良く見かけます。

今回はまだあまり知られていない人気ブランドのお店を紹介します。
ブランドはフィンレイソン、フィンランド最古のテキスタイル、メーカーで、1820年に創業されました。タンペレに工場跡地があり、ムーミン美術館と一緒に訪れられている方も多いのですが、ヘルシンキにこのフィンレイソンのアウトレットショップがあります。

場所はFORUMという市内中心ショッピングセンター内の1F、少し分かりにくい場所にありますが、店内には割引の商品がずらっと並んでいます。

時期により販売されているものは変わりますが、ラッキーなときは人気のゾウモチーフの柄や、ムーミン柄もお買い得な価格で販売されています。
北欧らしく明るい色で大柄なデザインのテキスタイルはお家で使うとパッと華やかな印象になります、また薄手のタオルなどもお土産にとっても喜ばれますよ♪

場所も市内散策中に立ち寄りやすい場所なので、是非お越しください!

ロヴァニエミでもうすぐ秋のオーロラツアー・モイモイ号が始まります!

皆さん、こんにちは!MOI(モイ)!

久しぶりにロヴァニエミからのお便りです。
まだまだ日本では暑い日が続いていますが、こちらラップランドでは既に8月頭から秋の気配が漂い始めました。6月頭に始まって長い長いと思っていた小中学校の夏休みも終わり、8月9日から新学期が始まっています。

白樺の木の葉っぱも徐々に黄色に・・・

ブルーベリーの葉っぱも紅葉するのです

ナナカマドの実も真っ赤に色づいてきました

夏の終わりから秋にかけてはフィンランド人は森の中でせっせとベリーやキノコを摘んでいます。
ベリーは一般的なものは、mustikka(ムスティッカ=ブルーベリー)、puolukka(プオルッカ=コケモモ)、lakka(ラッカ=ホロムイイチゴ)などがあります。
その中でもラップランドで一番人気・かつ値段も丈違いに高いのはラッカです。

自宅用にたっぷり採って保存は勿論、個人で売買する分はなんと売り上げは無税というのもあり、年金生活のおばあちゃま達には大切なお小遣い稼ぎの時期でもあります。

ブルーベリーは今年も豊作、このような道具を使ってザックザックと採っていきます

昨秋ロヴァニエミ近郊の森で見つけたマツタケです!場所はもちろん秘密・・・

湿地に生息するラッカは数も少ないのです

6月末の夏至祭の頃は白夜で夜10時でも外で本が読めるくらいですが、さすがに8月半ばを過ぎるとロヴァニエミでも日が短くなってくるのを感じます。日が短くなってくる、つまり暗い時間が長くなってきますので、真夏には明るすぎて観測できなかった・・・そうです、オーロラの季節が始まります!

すでにラップランド各地から“もうオーロラ観えたよ”情報が各SNSで入ってきております~
と、この記事を書いていた9月2日(土)の夜中にロヴァニエミ市内でも素晴らしいオーロラが出ました!
(住宅地で街灯がたくさんあった為残念ながら写真は無し)

皆さん、早くロヴァニエミにオーロラを探しにいらしてください!というのも、弊社が昨年から始めた秋のオーロラツアー・モイモイ号は大好評に付き、今年は更に二週間早めた9月18日(月)に催行を開始するのです。

ちなみにモイモイ号開始日のロヴァニエミにおける日照時間は以下の通りです:
・日の出 6:46
・日の入 19:34

今年から出発が30分遅れの20:30ですので、モイモイ号で出発して休憩所に着くころにはもう外は真っ暗、オーロラ観測に最適の環境が整っています。


昨年10月頭にモイモイ号で撮れたオーロラ、湖面に反射して綺麗~ 冬のオーロラにもまったく遜色ありません!

オーロラツアー・モイモイ号の催行期間は以下の通り:
2017年9月18日(月)~11月30日(木) の平日のみ
2017年12月1日(金)~2018年3月24日(土) の毎日

モイモイ号の催行日には、秋季にはツアーデスクにて、冬季にはオフィスにてツムラーレのスタッフがお客様をお世話させていただきます。ツアーのご予約・ご相談等々、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ!

★モイモイ号の魅力をもっと知りたい!ナシエさんのイラスト体験記もご覧いただけますよ。
http://www.tumlare.co.jp/guide/aurora/moimoi/

★ツアーのお申し込みはこちらから!
http://www.tumlare.co.jp/items/view/130

ムーミンミュージアムのリニューアルオープンはフィンランド内で大きな話題になりました

こんにちは!ヘルシンキでは夏の大きな音楽イベントが終わり、日照時間も短くなってきて少しずつ秋の気配を感じるようになって来ました。

今年はフィンランドの生誕100周年というミレニアムイヤー、1年を通してフィンランド中で大きなイベントが行われていますが、中でもムーミンミュージアムのリニューアルオープンはフィンランド内で大きな話題になりました。
ムーミン谷博物館という名前で日本でも知られていた博物館はタンペレホールにお引越しを完了し、ムーミン美術館という名前で生まれ変わりました。

美術館のあるタンペレホールの中でチケットを購入できます。ほぼすべての作品にも日本語案内があり(作品のキャプションはフィンランド語、スウェーデン語、英語、日本語(笑)というラインナップ!)オーディオガイドも日本語であるので、とっても分かりやすくなっています。

館内は作者のトーベ・ヤンソンが発行した本毎にストーリーやアート作品が飾られ、ムーミンの歴史をたどることが出来るようになっています。映像やオーディオ、触れる展示等様々な作品がありますが館内での写真撮影は禁止です。(今回のブログ用に写真は美術館から頂いています)

館内は薄暗い照明になっているのですが、これも彼女が作成したお人形のムーミン達を保護する為だそうです。有名な高さ2mを越えるムーミンの家模型を含めて美術館での展示目的ではなく遊びの一環で作成していたそうで、使われている素材は身の回りにある物で壊れやすいんだそう。。それにしてもこれを趣味で作っていた、という事に驚かされる完成度です。壊れやすい作品だそうで、海外に出展する事はたぶん無いのでは…と案内してくれたスタッフの方がお話してくれました。

トーベ・ヤンソンやムーミン作品を知らない方でも十分楽しんでいただける展示内容ですが、ムーミンファンには1日では足りないかも知れないほどの展示量です。またムーミン以外のToveの作品の展示も少しですがありますので、ムーミン作家としてだけではなくアーティストとしての一面も見れるところも楽しいです。

タンペレホール内にはお土産物屋さんも併設されていて、限定のチョコレートやマグネットを含めてムーミングッズも充実です♪そしてムーミンの銅像もタンペレホールの公園に…是非探してみてください。

タンペレはヘルシンキから電車で2時間、日帰りでも十分楽しめる距離です。これからフィンランドへお越しの方は是非足を運んでみてください。

ヘルシンキっ子に人気のAllas Sea Pool

夏至が過ぎ、日照時間も少しずつ短くなってきたヘルシンキですが、それでも夜10時までは明るい日々です。
6月に比べて20度を超える日も多くなってきたので、ヘルシンキっ子たちは仕事が終わると家族やお友達同士で集まり、カフェのテラスや公園で日光浴を楽しんでいます。

市内中心に昨年末OpenしたAllas Sea Poolもヘルシンキっ子に人気の場所のひとつです。
場所はマーケット広場のお隣(大聖堂からも徒歩すぐ!)の海辺に建つ公共サウナ、プール。
施設内にはプールが3つ、サウナが3つとカフェ、レストランも備えられ、夏には施設内の広場で人気アーティストによるコンサートも行われたり…なんだか楽しそうな事ばかりが企画されています。

プール、サウナへは入場券が必要ですので、建物の入り口で入場料金EUR12を支払うと、ブレスレット型のチケットがもらえます。
これを入り口の改札機のような機械にかざして入場します。

着替え室の中にはお手洗い、ロッカー、シャワー室も完備(ヘアドライヤーも置かれています)。
水着に着替えたらプールへ!

このプールにも特徴があり、
1)子供用の浅いプール、
2)大人用プール(28度ですので、ご安心を!)
3)バルト海の海の水をろ過したプール(14度!!)

プールでひと泳ぎした後はサウナへ。
こちらは男性用、女性用、MIXサウナと分かれていて、サウナ内は水着着用です。
旅行者の方でも気軽に地元の方に混じってサウナとプールを楽しめる綺麗な施設ですので、ヘルシンキの滞在中にお勧めです。

タオル、水着の貸し出しサービスもありますが、持参するのがお勧めです。

ひと泳ぎした後は、施設に隣接されているカフェやバーで休憩をしながら綺麗なヘルシンキの街を眺めるのはいかがでしょうか?

白夜の森ヌークシオハイキングツアー

こんにちは!ヘルシンキは白夜祭が終わって本格的な夏休みの時期が始まりました。

小さなカフェ、お店やレストランは夏休みをとり始めます。
フィンランドでは長い方は3週間ほど夏休みを取ってコテージ滞在や海外旅行を楽しみます、羨ましいですね♪

こちらに日本の方から頂く質問が夏至に関してのお話です。

北極圏では太陽が沈まない時期ですが、ヘルシンキは南に位置しますので日は沈みます。
ただし日没時間は23時ごろ(日の出は朝4時ごろ)ですのでお天気が良い日は夜中12時ごろまで明るく、朝2時ごろからはすでにうっすらと明るくなってきます。

そんな日本では体験できない白夜体験が出来るお勧めのツアーが、白夜の森ヌークシオハイキングツアーです!

夜19時(8月は18時)に市内を専用の車、日本語係員の方と出発し、ヌークシオの森をハイキングします。

ハイキング中にはガイドさんからフィンランドの森のお話、生息している植物や動物のお話も伺います。その後はフィンランドの大きなソーセージ(マッカラ)とシナモンロールで休憩をとります。

運が良ければ野生の鹿が見れたり、時期が良ければブルーベリー摘みやきのこ狩りも楽しめるよ♪(byガイドのペッカさん)

夜まで明るい森をハイキングするという非日常体験でマイナスイオンをたっぷり浴びてリラックスできます♪
ご予約は北欧トラベルのWEBサイトからオプショナルツアーを選んでください。皆様のお越しをお待ちしています!

ツアーのリンクはこちらです↓
http://www.tumlare.co.jp/items/view/9175