カテゴリー別アーカイブ: アイスランド旅行情報

アイスランドのお食事事情

アイスランドの食事は、なんといっても高い。
でも、なかなか美味しいですよ~♪

IMG_1665

アイスランドロブスターのパスタ。
アイスランドでは手長えびのことをロブスターと呼びます。
濃厚ソースにロブスターがたっぷり。
1人で食べるにはかなりの量なので、誰かとシェアして食べるのがおすすめ。
CAFE PARISにて ISK4590

 

IMG_1995

 

アイスランド一、いや世界一美味しいといわれているホットドッグ!クリントンさんも食べたらしい。ソーセージの下に入ってるフライドオニオンがパリパリで美味しい!しかも安い!(アイスランドとしてはです。あくまでも。。)
アイスランドに来たら是非一回は行ってみるべし。
Bæjarins Beztu Pylsur にて ISK400

 

IMG_1614

 

アイスランドに行くと必ず目にする羊さん。美味しい空気のもとのびのび育っているからか、アイスランドのラムは臭みがなくて柔らかい。
ラムが苦手な方も一度はトライしてみてくださいね。ラム肉のステーキ!なんていうボリュームたっぷりのもありますが、まずはラムスープぐらいからどうぞ。
GULLFOSSKAFFIにて ISK1750

 

 

IMG_1929

重たい料理に飽きたら、コンビニでお寿司を買おう。かなりお高めだけど、手軽に買えて味もまずまず。

料金は2016年2月現在のものです。1ISK=約0.9円

 

 

アイスランドに行くならお手軽な現地発着ツアーでどうぞ。レイキャヴィーク滞在型、レイキャヴィーク4泊5日

アイスランド行ってきました~!

アイスランドって、名前からして寒そうだし、何があるの??と思ってる方も多いのでは?

アイスランドは人も街も音楽も良いのだけど、何と言っても素晴らしいのはその大自然!目が点になってしまうほどの大迫力です。

IMG_1813

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは南海岸の先にあるヴァトナヨークトル氷河とヨークルスアゥルロゥン氷河湖。天然の氷河でできた洞窟を探検し、海に浮かぶ氷河に乗っかるなんて、ちょっとできない体験だと思いませんか?

氷河の入り口までは普通のバスで行き、そこででっかいスーパージープに乗り換えます。ここから車はいきなりガンガン飛び跳ねながら氷河の上を進みます。車に弱い方は注意です。。
で、洞窟の近くで車を降りて、頭にヘルメット、靴にアイゼンをつけたら、さぁいよいよ洞窟へ!!車から洞窟の入り口までは5分くらい、にもかかわらず風がビュービュー吹きまくる氷河の上を歩くのは寒くて(痛くて)結構辛いです。

でも、そんな辛さも洞窟にたどり着いた瞬間吹っ飛んでしまうほどの感動が…!!

IMG_1775

IMG_1772

 

 

 

 

 

 

 

洞窟で30分ほど滞在した後、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ。

IMG_1844 IMG_1855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、流れてきた氷河の固まりが海岸線にぼこぼこと見られる場所まで移動。
座ってみたり、乗ってみたり、写真もいっぱい撮りまくってください!!

IMG_1912

 

 

 

 

 

IMG_1890

 

 

 

 

 

IMG_1892

 

 

 

 

 

死ぬまでに一度は行ってみたい、、アイスランドはそんな場所です。
ぜひ、貴方もアイスランドに行ってみませんか?

レイキャヴィーク滞在型 レイキャヴィーク4泊5日

ビョークのアイスランドエアウェィブス2015への出演決定!

ゴールデンウィーク中に登場した飛行機の音楽プログラムで、久々ビョークの音楽を聴きました。4年半ぶりのアルバムは「ハートブレーク・アルバム」ということで、長年のパートナーとの別れが時系列的に語られているらしいです。

アイスランド音楽に詳しくない方でも、たぶんビョークの名前ぐらいは知っているはず。私がビョークの名前をしっかりと脳裏に刻んだのは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」という映画を見たとき。2000年のカンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを授賞した映画なので、知っている人も多いのでは? この映画、私の周りでもかなりはっきり好き嫌いが別れます。お友達3人で見に行ったのですが、うち二人が(私を含む)感動で涙が止まらなかったのに対し、残り1名は「どこが面白いのかさっぱりわからない」と感動の私たちにかなり引き気味でした。

どんな風に感じるかはわかりませんが、一度ご覧になってみてはいかがですか?ビョークの魅力があふれる映画です。

そんなビョークが久々地元アイスランドで行われる音楽フェス、アイスランドエアウェイブス2015(11/4-8)に出演することが決まりました! 年々人気の高まっているアイスランドエアウェイブスですが、今年はビョークが出演するとあってよりいっそう盛り上がること間違いなし。一度はビョークのライブに参加してみたいという方は今年がお勧めです!

IMG_1612

ビョークのライブは今のところ2回予定されています。フェス開催前の11/3とフェス中の11/7ハルパで行われます。。11/7のライブはフェスのチケットを持っていれば入ることができます。但し、前日に配布されるチケットをゲットすることができれば、の話ですが。寒空の中並ぶこと必死! でも、ビョークをアイスランドで見られるのなら、ちょっち頑張ってみてもいいかもしれませんね。

弊社でも「小倉悠加さんと行く アイスランド・エアウェイブス&オーロラの旅7日間」を募集しております。アイスランドエアウェイブスに行って見たいという方はぜひこのツアーにお申し込みください。先乗りプランではビョークの11/3のライブのチケットが含まれています。(残席僅かです)

 

 

厳しくも美しい!アイスランド!

ゴールデンウィーク突入です。既にお休みに入っている方もいらっしゃるようですね。
そもそも「ゴールデンウィーク」の命名は映画会社によるものだという事は、割と知られている事かと思います。

遠くに旅行に行きたいけど、なかなかそうもいかない!という方も多いでしょう。私もその一人です。なのでレンタルビデオ屋さん(もはやビデオではなくDVD屋さんですね) に行って、ゴールデンウィークの由来(?)に従ってレンタルしてみました。

本当は映画館で観たいな、と思っていた一本が知らぬ間に(半年以上前からでしたが…)レンタル開始されていたので借りてみました。
タイトルは「LIFE!」。アメリカの映画で、「ナイトミュージアム」などで大人気となっているベン・ステイラーが主演です。訳あってニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤ、アフガニスタンにまで行く、という壮大なストーリーなのですが、実はそのほとんどがアイスランドロケだったのだそう。確かに…アイスランドにはそこでしか見られないような特別な風景があり、まだまだそれらが手つかずのまま残っているので、高所に見えるような厳しい自然も、荒涼とした大地も、一か所で撮影するにはとてもよい環境だなぁ、と納得。

見ていると旅に出たくなりますし、自然の映像を見ると人間ってちっぽけ…と思うような、そんな一本でした。

shutterstock_148624190_2  shutterstock_137708315_2

さて、ネットトラベルサービスでも、大自然の中に行くツアーではありませんが、アイスランドツアーをご用意しております☆

夏の音楽フェスで盛り上がりたい方にお勧めの「白夜の音楽フェス”シークレット・ソルスティス”とレイキャヴィーク7日間」や秋の映画祭を訪ねる「レイキャヴィーク国際映画祭と秋のレイキャヴィーク7日間」など、アイスランドの自然と同様、特徴あるツアーがいろいろございます♪ フリータイムに自然の中に行くオプショナルツアー等もお手配も可能ですので、是非お問合せくださいませ!

まるで違う星?!あったか~い国、アイスランドでヒーリング!

「アイスランドは緑の多い国、グリーンランドは氷の多い国」字面とは逆。

な~んて言われていますけど。

半信半疑で行ってみました。

空港からホテルまで車で行く途中に早くも度肝を抜かれました。一面苔むした平地。ここは月面???

まるで違う星に来たみたい! こんな景色見たことない!

さて、今回の旅の目的は、温泉です。温泉マニアの私が選んだ宿は、あの巨大オープンエアのお風呂(つまり特大露天風呂)・ブルーラグーン近くのノーザンライトイン。こぢんまりしてアットホーム!

いよいよ旅の疲れを癒しにブルーラグーンへ。ノーザンライトインから歩いてすぐですよ。

江戸っ子の私はヨーロッパのぬるめのお風呂にいまひとつ満足しないのですが、このブルーラグーン、

3月の外気の中で浸かってましたが、十分満足、あったか~い♪

(B)ブルーラグーン

広々とした広大なお風呂をたっぷり楽しめます。それから女性にうれしい体験も!

ブルーラグーンは、地熱発電所の汲み上げたお湯を利用している人工温泉ですが、ミネラルたっぷりといわれていて、ここの白い泥をお顔やボディーに塗ってパックします。

すると、つるつる、すべすべになるんですよ!(^^)!

お土産に泥パックを買って、帰国後も美肌をキープするのもお勧めです。

泥パックもいいけど、私のお勧めはバスソルト。ラベンダー色のバスソルトはやさしい香りで癒されますよ~。

??????????????

で、ブルーラグーンで一風呂浴びて、「あ~いいお湯だった!」と空を見上げると、なんと、オーロラが!!!

湯冷めも気にせず見入ってしまいました!

アイスランドはオーロラベルトの真下にあるので、オーロラ遭遇率も高いといわれます。

お風呂でリフレッシュ、美肌状態で翌日は定番観光ゴールデンサークル(大自然の妙を満喫できる見所が集中しているエリア)へ。

strokkur

↑怪獣が地中で息しているみたいに水蒸気が勢いよく噴出すストロックル間欠泉!

次はスーパーダイナミックな滝、グトルフォス!

滝の近くまで歩いていけるので、恐る恐る行ってみたよ。スリリングで楽し~!

私は3月だったので、こんな感じの雄雄しい姿の滝でしたが、夏には虹がかかって美しい!

gulfoss 1

ちなみにアイスランド、虹の遭遇率も高いのよ。

自然に癒され、お風呂に癒され。

皆さん、ぜひぜひ日ごろのお疲れを洗い流しにアイスランドへヒーリングの旅へ!ゴールデンサークルツアー

 

 

北欧雑貨がお好きな方へ☆

こんにちは。東京はだんだんと寒さが和らいできましたね。春がもうすぐやって来そうです。
このところ、現地の情報を提供してきましたので、今日は日本国内で感じられる北欧について。

家電量販店がひしめき合い、また「オタクの聖地」とも言われる東京・秋葉原。ガンダムカフェやAKB劇場もありいつもたくさんの人でごった返してますが、少し歩くと神田川に昔ながらの橋が架かる情緒あるエリアに出ます。そこにある「旧万世橋駅」の駅舎が2013年に商業施設「mAAch ecute」に生まれ変わったのはご存知の方も多いでしょうか。3/15まで北欧marketが開催されているという事で、仕事帰りにちょっと訪問。

秋葉原駅から3分ほど歩くともう到着。趣のあるレンガの外観、とても素敵。
mAAch

中に入ると高架下だった部分がショップになっています。細長ーい作りで、柱でお店が区切られているような作りになっています。一つくぐると新しいものが出てきて、なんだかワクワク感も味わえます。
bridge
普段も北欧雑貨を扱っているショップがあるのですが、期間中は特別出店しているお店がたくさん!from 北欧の帽子屋さんやバッグ屋さんもあれば、日本発・北欧とのコラボ商品を扱っているお店や、ムーミンショップもありましたよ。(2015年はムーミン出版70周年!)私はアラビアのビンテージデミタスカップに心を奪われてしまったのですが・・・お高いので手が出ず(笑)
zakka
落ち着いた雰囲気の建物と、北欧雑貨の温かさがマッチしてとても素敵な空間になっていました。そして予想よりもかなりたくさんのお店や雑貨があって、嬉しいビックリ。終わってしまう前にもう一度行きたい!
そんなこのイベントは3/15までです。東京近郊にお住まいの方、また、ちょうど東京訪問の機会がある!という方、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう?

でも、やっぱり本場で雑貨を見たい!買いたい!という方は、「北欧3都市周遊 3泊4日」 「コペンハーゲン2泊3日、SJ2000と渡り鳥ライン」 などのツアーで是非北欧に足を運んでみてください☆

音楽大国 アイスランド

人口約32万人のアイスランドは実は音楽大国。
どんな田舎の町(村?)に行っても音楽学校があるそうで、楽団・バンドに所属した事がない人を探す方が難しいとか聞いた事もあります。
有名どころで言えば、Björk、Sigur Rós、新しいところではOf Monsters and Menなど、世界的に活躍しているアーティストも沢山います。
また、レイキャヴィークでは1年を通して様々なミュージックフェスも行なわれています。

例えば;
2月 Sonar Reykjavik
4月 Musiktilraunir
6月 Secret Solstice
7月 All Tomorrows Party Iceland
11月 Iceland Airwaves

今回は、そんなアイスランドのロックヒストリーを満喫できる、新たな観光スポットをご紹介します。

2014年4月にオフィシャルオープンしたROKKSAFN、The Icelandic Museum of Rock ‘n’ Roll

IMG_3200

首都のレイキャヴィークからは少々遠く、レイキャヴィークの国際空港であるケフラヴィークの街中にあります。アイスランド音楽の歴史~最新ロック事情まで網羅した展示は、ロック好き・アイスランド音楽好きのあなたを虜にするでしょう…

IMG_3203

まだあまり認知されていないんでしょうね、我々がお邪魔した際(11月上旬)はガラガラでしたが、当日はRolling Stones誌が取材に来ていたそうなので、今後は人気出てくるかも。
壁には年表的に歴史が展示されている他、館内の至るところに設置されているモニターでPVが流れていたり、小シアターではSigur Rosのドキュメンタリーも流されていました。
その他、ミキシングにチャレンジ出来たり、
IMG_3206

 

楽曲に合わせてドラムを叩いてみたりすることもできます。
IMG_3210

大自然、オーロラで大人気のアイスランドで、音楽も楽しんでみてはどうでしょう?
弊社では、アイスランドの個人旅行商品も数々取り揃えています!! 

アイスランド映画「馬々と人間たち」

朝晩すっかり冷えますね。ちょっとお天気が悪くて肌寒かった先週末、一本の映画を見てきました。
アイスランド映画「馬々と人間たち」です。

ポスターやサイトを見る限りコミカルな映画なのかと思っていたのですが、実は違いました。純血種のアイスランドホース(とてもキレイ!)と人間とアイスランドの美しい自然の関係を描いた美しく穏やかで、でもその中にいろいろな厳しさや人間の愚かさやいろいろなものが垣間見られる、そして私がこれまで見たどの映画よりも意外な展開に何度も「え!?」と声をあげてしまいそうになった、そんな一本。(ぼんやりした表現でスミマセン…。) 本当に今までになくユニークな「とんでもない映画」でした。そして、「うわぁー! アイスランド、行きたい!!!」 と心から思いましたよ☆

例えば… アイスランド・ハイライトツアー3泊4日 で大自然を堪能してみたり。現地日本語ガイド付で安心です。
もし、もっと地元の人のように過ごしたい!と思われる方はアパートに泊まるレイキャヴィーク4泊5日で自由な時間を楽しみ、日中アイスランドホース乗馬体験とブルーラグーンで自然と触れ合って美肌になって…。こんなご旅行はいかがでしょうか?

アイスランドは年間を通して、お勧めです♪

 

オーロラ、どこで見る?

日本はいよいよ本格的に秋を迎えました。
そして北欧では本格的なオーロラのシーズンを迎えています。
当ブログでも一度掲載しましたが、すでに8月下旬から大きなものから小さなものまで沢山見え始めています。
オーロラをご覧になりたい方々からは、「いつ?」「どこで?」「どんな?」と言ったオーロラに纏わるご質問を頂戴します。
「一生に一度は見たいオーロラ」。
でも、本当にオーロラ見るだけでいいんですか?

今回お薦めしたいのは、オーロラを見るだけじゃない、アイスランドへのオーロラの旅。
アイスランドは、その名前から極寒地のと思われがちですが、実は暖流の影響で思われているほど寒くありません。
そしてオーロラベルトの真下に位置している為、オーロラ出現率も非常に高いところです。
間欠泉ゲイシールや様々な形の滝など大自然の驚異など見どころが満載でリピート率も高いデスティネーション。
ゲイシール

この絶対に外してはいけない観光エリア「ゴールデンサークル」の一角シングヴェトリル国立公園エリアには、とても田舎とは思えないとてもモダンなデザインホテル「イオン・ラグジュアリー・アドベンチャー・ホテル」があります。
ここはレイキャヴィークから約30分、地熱発電所以外は何もない片田舎。
都会の喧騒を忘れ、大自然のアドベンチャーを楽しんだり、ぼーっと何も考えない休暇を過ごすには最適の環境です。

ホテルの外観は案外味気ないのですが、
イオン 概観

一歩入れば小洒落たロビーエリア。
イオン ロビー
お部屋は落ち着いたシックな雰囲気。
イオン 部屋

夜になればオーロラが見えそうなホテル内バー。
イオン バー

そして何よりお薦めしたいのは、露天風呂!
イオン 露天風呂

運が良ければ、露天風呂に浸かりながらオーロラ鑑賞も楽しめるかも!!

調度品やホテルでの食材にはアイスランド産のみを使用するという徹底したコンセプトも素晴らしいのですが、シャープな印象のデザインホテルでありながら、オーナーやスタッフがアットホームな雰囲気を醸し出している、とってもお薦めなホテルです。

大自然の驚異を楽しだり、温泉とオーロラを楽しみたいかたはこちらから!

アイスランド!アイスランド!アイスランド!

大型台風到来ですが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか?
東京にはまだ到達していませんし、台風のせいか分かりませんが、とにかく蒸し暑さでやる気があがりません。
あぁ~、夏でも最高気温20℃ちょっとのアイスランドに行きたいなぁ~。

という事で、今日はアイスランド特集です。

① アイスランドチームの長、来日
弊社のオスロ支店に立ち上げられたアイスランドチーム。
アイスランド人のRannveigをリーダーとした強力なプロモーション/手配チームで、海外からアイスランドへのチャーター便誘致、アイスランドのツアー手配などで大活躍中。
IMG_2616 (1024x768)
弊社はこれからアイスランドにも、もっと力を入れていきます!
近いうちに弊社レイキャヴィークオフィスができちゃうかも!?

② アニメ『残響のテロル』!
7月10日(木)24:50~フジテレビで放映されるアニメ『残響のテロル』の音楽制作には、弊社が随分お世話になっているICELANDiaの小倉悠加さんが携わっておられます。
アイスランドでレコーディングされた音楽が詰まっているようです。番組のホームページを見ると、結構面白そう。是非ご覧ください。
http://terror-in-tokyo.com/

③ 7月12日(土)アイスランドツアー説明会&小倉悠加さんによる独自取材音楽ワークショップ!
14:00から、弊社主催のアイスランド・エアウェイブスツアーについて、ツアーを企画して頂いた小倉悠加さん、毎回ツアーのサポートをして頂いているフォトグラファーのシバノジョシアさんと共にご説明させて頂きます。ご参加無料。

16:00からは、小倉悠加さんによる独自取材音楽ワークショップ!
アイスランドのホープ、アウスゲイルの素顔を小倉さん独自取材ネタ、現地最新音楽事情などをたっぷりとお話頂く予定です。(参加費¥1,800.-)
http://icelandairwaves.jp/information.html

いよいよアイスランドに行きたくなったらこちらから!
http://www.tumlare.co.jp/items/search/1/country:20