カテゴリー別アーカイブ: ラトビア旅行情報

バルト三国の本、出来ましたよ!/バルト三国-愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ

今回ご紹介するのは、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)から、3月19日に発行されたばかりのバルト三国の本。

エストニアは、ラトビアは、リトアニアはどんな国?から始まり、それぞれの国の見どころはもちろん、カワイイお土産やカフェ、レストラン、おすすめホテルなど、
ガイドブック的な要素もしっかり持ちながら、三カ国の風景、手仕事、文化についてたくさんの写真と共に紹介しています。
9784863852167.IN06元
↑リガの旧市街マップと見どころ。とても見やすいページ!

著者の撮影による、ひとつひとつの写真は、今にも草木の青々とした香まで運んできそうな素敵な写真ばかりです。思わず「これって写真集かな?」と思ってしまうほど。

「バルト三国」としてひとくくりにされてしまうことが多いエストニア、ラトビア、リトアニア。共通点が多いのも事実です。三カ国それぞれに「野外博物館」があって、古くからの民家を移築しているので、日本の明治村のような展示が見られます。著者のSanna さんは、ご自身で写真も撮り、そのたたずまいを伝えてくれているので、比べながら見ていくのも面白いですね。
9784863852167.IN02元
↑エストニアの野外博物館(ロッカアルマーレ)

9784863852167.IN07元
↑こちらはラトビアの野外民族博物館(6月初めの民芸市は海外のファンも多いそう)

最近は「美味しくお茶できるカフェ」や「素敵なレストラン」も増えています。
カフェご飯の紹介も旅ごころをくすぐります↓
9784863852167.IN08元

お土産も色とりどりで迷ってしまいます!
resized_omiyage

著者のSanna さんはこれまでに65カ国を訪れ、旅先での出会いを本にされています。今回出逢ったバルトの人々や文化や景色、美味しいものたち、この本を通して私たちも感じることができますよ。

バルト三国、それぞれの国で愛される手仕事を取り上げ、女性ならでは視点からバルトの国々を紹介しています。ガイドブックだけでは物足りない方、かといって歴史から入るのはちょっと敷居が高すぎ。まだ知られていないバルト三国の四季や生活を感じたい人には特におすすめです。

バスで周るバルトの世界遺産 バルト3国周遊 6泊7日

 

 

ヨーロッパ最大級の市場 in リガ

皆様こんにちは。すっかり春めいて参りましたね。今週末あたりはお花見、という方も多いのではないでしょうか?

今日はラトビアの首都、リガにある中央市場をご紹介です。ヨーロッパにはたくさんのマーケットがありますが、何を隠そう、リガのマーケットは最大級。それもそのはずです。リガの市場は以前飛行船の格納庫として使われていた建物を屋内マーケットにして使っています。飛行船が入るくらいのサイズですから、かなり巨大!それが5棟あって、肉の棟・魚の棟・加工品の棟などなど、分かれています。サーっと眺めつつ全部回るだけでも結構な時間がかかるのです。屋外にも屋内にも可愛い雑貨、名産のハチミツなどのお店もあったり目移りしてなかなか前に進めず。

market-out

 

 

 

 

 

 

キノコみたいなカボチャや

market-vegi

 

 

 

 

 

 

酸っぱいもの好きにはたまらない山盛りピクルスや

market-pickles

 

 

 

 

 

 

焼いて食べたい魚の干物。なんだか日本っぽい!サバもある!

market-fish

 

 

 

 

 

 

他にもチーズや、スパイス、ハーブティーなど、多種多様、盛りだくさん!私は黒パンを買って帰りました。ずっしり詰まってなかなかの重量。程よい酸味がたまりません。

戦利品を抱え、屋外に出て、さあホテルへ…なんて思ったところネズの木(ジュニパー)で出来た立派なまな板を発見!ああ!欲しい!と思って眺めていると現地のおばあちゃんがあれこれ話しかけてくれます。おばあちゃんには英語は通じませんし、私もラトビア語は全然なので意思疎通が取れないのが残念…でもきっと「これは長持ちするよ、お買い得だよ!」とか「使ったらちゃんと乾かすんだよ!」とかそういうことを言ってくれてるのだろう、と勝手に思いつつ微妙な形と色の違いを吟味し、「おばあちゃん、大事に使います!」と心の中で誓い、購入。今も我が家で大活躍中です。ラトビアは木製品や白樺のバスケットなども有名な手工芸品なのでこれらも欠かさずチェックしましょう!

ラトビアはバルト三国の真ん中にある国。ですが西側は海に面していて、魚も取れますし、もちろん肉・野菜・果物、いろいろな物が流通し各地から送られてきたものがこの市場に集まります。現地の方もたくさんお買いものされていました。くれぐれもスリなどお手回り品には注意、とガイドさんには言われましたがそれさえ気を付ければ大丈夫。ラトビアに住んでいる気分でお買いものして、素敵なお土産も見つけて、何とも素敵なひと時でした☆

皆さんも是非「バスで周るバルトの世界遺産 バルト3国周遊6泊7日」でリガを訪問してみてください!

 

あったかミトン

日本でも各地で木枯らし1号が吹いてだんだん寒くなってきました。そろそろマフラーやら手袋やらが恋しくなってきますね。手袋といえばラトヴィアのミトン!

とてもざっくりした風合いと可愛い模様が特徴です。模様は地方によって異なり、それらの模様が持つ意味も様々。この模様はどこの地方のものでどんな意味を持つのかなぁと想像してみるのも楽しい。見た目のかわいらしさだけではなく、しっかり編みこまれているのでとても暖かいすぐれものです。

結構大きめなので手首まですっぽりぬくぬく。明るい色合いのものが多いので暗めの色のコートから覗いていたらとってもかわいいと思いませんか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近は色んな編み物雑誌にも取り上げられて、自分で編む人も多いようです。毛糸と編み図などが一緒になったキットもあるみたいです。編み物が得意の方はぜひ挑戦してみては?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

編み物得意じゃないけど、これ欲しいって方はぜひ本場で手にいれましょう!リガのクリスマスマーケットでもミトンや靴下等のかわいいものがいっぱい。リガ大聖堂広場のクリスマスマーケット、今年は11/29(土)~1/9(金)で開催されるそうです。

doma_egle_011213

これからツアーを探すなら、お勧めはこれ。バスで周るバルトの世界遺産 バルト3国周遊 6泊7日 この現地発着ツアーに航空券をプラスすれば、あっという間に貴方だけのツアーのできあがりです。

 

 

バルト三国の伝統的なハンドクラフトと街歩き案内の本の紹介

今日は弊社の取り扱い地域の中でも人気のバルト三国に関する本のご紹介です。

「ラトビア、リトアニア、エストニアに伝わる温かな手仕事」 赤木真弓著/誠文堂新光社

最近、日本の雑貨屋さんやお店でもよく見かけるようになったバルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)のハンドクラフトの商品。ざっくりとした素朴な風合いとカラフルな模様がかわいいミトン手袋や靴下、ぼってりとした温かみのある陶器、ヤナギのかごや小物入れ等々。バルト三国は雑誌でも特集されることの多い、かわいいものの宝庫です!

そのバルトの国々を何度も訪問し、たくさんの工房を取材し、大量の写真を撮って作成された本だそうです。写真の量も半端なく、もうこれはめくるめくカワイイものの世界です。旅行をお仕事にしている私たちスタッフは自分の取り扱う地域に行くこともよくあるのですが、そんな私たちでも行ってみたことのない場所の案内もたくさん! あぁ行ってみたい! お買いものしたい!! と思わせる本です。

ぜひ一度お手に取ってみてはいかがですか?

そしてバルトに行きたくなったら、ぜひ弊社のバルトツアーで!

http://www.tumlare.co.jp/items/view/4237