月別アーカイブ: 2014年1月

Facebook いいね!キャンペーン

ネットトラベルサービスでは、Facebook いいね!キャンペーンを行っています。ネットトラベルサービスのページにいいねをしていただいた方の中から3名様にバルトのかわいいミトン手袋(2名様)か手作り手編みキット(1名様)をプレゼント!
ぜひ、ご参加下さい!!

https://present.crocos.jp/76770

bc5277cb655015cc52fcc70772d444ea9de025fe

エストニアの首都 タリン

エストニア・ラトビア・リトアニア。 これら3か国は総称して「バルト3国」と呼ばれます。「3国」とまとめられがちですが、実は似て非なる国々です。3か国の美しい首都にある旧市街はそれぞれが世界遺産に登録されています。

まだまだ日本では知名度が高くないこのエリア、「どこにあるの?」という方も少なくでしょう。
実はエストニアの首都・タリンまではヘルシンキからフェリーで2時間。飛行機だと、離陸したと思ったらもう到着!というくらい。ちょっと一眠り、する暇もありません。ラトビア、リトアニアもヘルシンキから飛行機で一時間ちょっとです。

今日はタリン・旧市街のご紹介。
タリンの旧市街はちょっとした迷路の様。わざと迷ってみたりして小さなショップやカフェに遭遇しても楽しかったりします。

でも迷わず行っていただきたいのが素敵な小路、カタリーナ・ギルド。修道院脇の小道にギャラリーや工房、ショップが並びます。ひとつひとつ見ていたら通り抜けるのにどれだけ時間がかかることやら。
そのうちの一つ、グラス工房にて見つけた爽やかな色とりどりの小さなグラス、もう一目ぼれでした。同じ色の物でもちょっとずつ形や青の深み、赤や黄色の部分が違ったりで、どれが一番自分好みかを選ぶのに20分にらめっこ。(優柔不断すぎ。)

目の前で職人のおじさんが一つ一つ、黙々と手作りしているような素朴お店です。もちろんそのグラスの為の箱などないので「飛行機に乗るのでしっかり梱包して下さい!」とお店のお姉さんにお願いし、無事、無傷で帰国しました。

結構厚いので、紅茶などあったかいものを入れても大丈夫です。夏にはサングリアを飲んだりしてます。日本のお酒でもよさそう。

今年はバルト三国に、世界に一つのもの、を探しに行ってみてはいかがですか?
https://www.tumlare.co.jp/items/view/22

1622872_632173013486826_264755625_n 148251_632173080153486_509757431_n

 

ノルウェーで一押し ゆるキャラ♪

みなさんはKUBBE(キュッパ)ってご存知ですか?

KUBBE(キュッパ)はノルウェー ベルゲン在住の作家オーシル・カンスタ・ヨンセンさんが描く絵本の主人公、丸太の男の子です。

今、ノルウェーで一押しのほっこりゆるキャラ♪
日本でも福音館書店から絵本が出版されていて、少し前にはTBSの「世界ふしぎ発見!」でも紹介されていたので、ご存じの方もいらっしゃるかも?

そのかわいいKUBBE(キュッパ)がなんとチョコレートに!!!
たまたま立ち寄ったデパートのチョコレート特設コーナーで見つけてしまいました。
チョコレートメーカーのゴンチャロフとの共同開発商品で、同社のバレンタイン企画と連動し期間限定で発売しているそうです。
http://kubbe.jp/news/index.html

周りの巨匠ショコラティエや高級ブランドチョコレートのちょっとお高くとまったキラキラの中で、ひときわ可愛く♡あったかい雰囲気をかもしだしておりました。ぜひ、お立ち寄りくださいね。

ノルウェーとチョコレートってあまり結びつかないって気もするでしょうけど、実はノルウェーは、年間の個人のチョコレート消費が世界第4位なんです! ノルウェー産の美味しいチョコレートもいっぱいあります。ぜひ、本場でご購入くださいね。

http://www.tumlare.co.jp/items/search/1/country:29

1013843_631282753575852_1946827687_n

1607097_631282766909184_1524624991_n

 

アイスランドのグルメ

ちょっと前に、安室奈美恵さんのニューシングルのPV「TSUKI」がテレビで話題になってました ね。アイスランドで撮影された風景で、氷河湖ヨークルサゥルロンの幻想的な景色と、その対極って感じで青々とした苔の草原(?)の風景は、「生命の蘇生」 を表現したものだとか。
とにかくアイスランド好きには堪らない風景!いや~、また行かねば!!

大自然が素晴らしいアイスランドですが、実はグルメもかなり楽しめるんです♪
レイキャヴィークの街中にはおしゃれなカフェやレストラン、摩訶不思議な寿司バーなどがいろいろ。

アイスランドの綺麗な空気で育ったハーブを食べてたのでしょう、ラム肉は日本で食べた時に感じる独特の臭みは全くないので、味音痴の私には仔牛の肉に感じられるほど。
海の幸も豊富で、アイスランド・ロブスターを使った料理も最高なのです。
私のお薦めは、Cafe Parisのロブスターパスタ♡
思い出しただけで涎が…

こんな素敵な街で暮らすように旅して疲れた日常から「蘇生」してみませんか?
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4162

1558535_629168963787231_1383124750_n 1621665_629168960453898_1416811317_n

 

ヨーロッパエリアの料理に挑戦!

弊社では年に一度、日本の全スタッフが集まり会議を行ないます。堅ーい内容の話の後、チームを組ん でちょっとしたアクティビティをするのですが今年は「ヨーロッパエリアの料理を作ってみよう!」という内容でした。総勢80名を3-4人ずつのチームに分 け、北欧&バルト/中欧/南欧/西欧の4エリアのメニューを、合図とともに調理スタート!
しかし…現地レストランで食してはいても、作るって…。私たちにできるのか?! 食べられるものが出来るのか!? 指切ったりしないか!? とにかくドキドキ。

私は北欧のサーモンスープとコルドゥナイ(リトアニア風餃子)を作りました。野菜を切って、スープを煮込んで、コルドゥナイの皮を伸ばして…とあっという間に時間が過ぎていきます。美味しいものをいただくには、手間も時間も必要ですね。

そして何とか!各チーム調理を終え、試食タイム!
うん、もちろん現地でいただくプロが作ったものには多少(!?)劣るけど、なかなかの出来♪ やればできるもんですねぇ。
中欧チームのアップルシュトゥルーデルや西欧チームのクロケット、南欧チームのスパニッシュオムレツも美味しい♪ 「どこのエリアが一番おいしかったか?」投票では、何と北欧がNo.1に!美味しいものがたくさんある西欧・南欧を北欧が上回るとは…快挙です。

こんな具合に自分たちでも作れましたが、やっぱり本場のプロの料理を味わってみたいですよね~。是非、現地で食べて、レシピを盗んできてください。→https://www.tumlare.co.jp/tour/

そして、ネットトラベルサービスでも中欧・西南欧エリアの手配をさせていただけるようすこーしずつですが、拡大していく予定です☆今後のネットトラベルサービスに乞うご期待!

1013974_628431847194276_1023932771_n 1510874_628431897194271_123686042_n

クロアチアのアイスクリーム

冬まっさかり!寒い日が続いてますね。

こんな寒い日にアイスクリーム?と思うかもしれませんが、
寒い時に食べるアイスクリームも実は格別!

アイスクリームの消費大国といえば、やっぱりアメリカ。でも、ジェラートで有名なイタリアに近いクロアチアでも街中にはアイスクリームショップがいっぱいです。

日本ではお目にかかれないようなフレーバーもたくさん。さっぱりジェラートと濃厚アイスクリームの中間ぐらいのまろやかな味のアイスはいくつでも食べられそうな美味しさです。

昨年にはクロアチアのアイスクリームショップがFacebookアイスというのを発売して話題になったとか。どんな味がするんでしょうね??

街中をぶらぶらしながらあっちこっちのアイスクリームショップを覗いてみませんか?きっと貴方好みのアイスが見つかると思います。
クロアチアに行くなら…https://www.tumlare.co.jp/items/view/4165

1497725_626401597397301_654691806_n-1

 

フィンランド生まれのモバイルゲーム

フィンランド生まれのモバイルゲーム「アングリーバード」をご存知ですか?数年前に全世界で爆発的にヒットしたスマホのゲームアプリ。
日本ではまだ聞きなれないかたもいらっしゃるかと思いますが、フィンランドでは今やムーミンに並ぶほどの人気キャラクター。

フィンランドにはANGRY BIRDS ACTIVITY PARKというテーマパークがいくつかあり、そのうち一つが弊社冬季オフィスを構えるサーリセルカにもあるので、先日ついに行ってきました。
中に入るとゲームで出てくるシーンがキャラのオブジェや遊具で再現されていて、小さな子供でも楽しめるつくりに。キッズたちはあちこち猛烈に走り回っていました。
滑り台やトランポリン、滑車で空中を移動するスリルのあるものまで色々あり、金髪のキッズたちに混じって私も全部の遊具を制覇すべく、童心に戻って楽しみました。

また、X BOXのプレイルームでゲームをする事も出来るのですが、使い方が分からず困っていたら、親切な少年がひとりやってきて優しく教えてくれ、何故かそのまま対戦する事に。
ウクライナから来た9歳の少年と、日本から来たアラサーの女が夢中で対戦している光景は何ともおかしなものだったと思うのですが、サーリセルカに来てまでこんな楽しい交流ができるとは!
容赦なく遊んだので疲れきってしまいましたが(大人げない…)、彼のおかげでとても楽しい時間を過ごすことができました。

昼はANGRY BIRD ACTIVITY PARKで、夜はオーロラを楽しみたい、そんなあなたは是非こちらへ。
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4149

1003803_625631440807650_526089746_n  1551592_625635590807235_654481975_n

 

 

フィンランドの化粧品

旅の楽しみと言えば、絶景・食・出会いなどいろいろありますが、お買い物という人もたくさんいらっしゃると思います。

しかし「会社の人やお友達のお土産ばかりで、自分のもの買いそびれた…。」なんて方も。私もどちらかというとそちらの方で、先日フィンランドに行った際は ギリギリ帰りの空港で思い出し、バタバタと免税店でゲット。幸い、それは私のお気に入りとなりました。今の時期、お勧めなのでちょっとご紹介。フィンラン ドの化粧品ブランド “LUMENE” のハンドクリームとボディーローションです。

さすが自然いっぱいのフィンランド。北極圏で採れるベリーや水を原材料に多く使用した自然派商品が中心です。製造工程でも、できるだけ排水を出さないようにしたり、動物実験を行わない等、こんなところも自然を愛する北欧らしさ満載☆ http://www.lumene.com/

特にこの秋~冬は雨も少なく、お肌も髪もパッサパサです。肌を保湿して体内の水分の蒸発を防ぐことも風邪対策になるんだそうですよ。
「女性用だけでしょ?」と思った男性の皆さんにも朗報です、LUMENEにはメンズ商品もありますので、一緒にしっとりお肌を目指しましょう!
特に飛行機の中がひどく乾燥してたので、帰国後即お役立ちのはず!

こちらのツアーで北極圏の自然を肌で感じて、そして帰りにLUMENEをゲット、なんていかがでしょう?
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4148

1536443_623682271002567_108277804_n

BS朝日「世界の船旅」で放映されます。

1/13 21:00~BS朝日「世界の船旅」でグリーンランドクルーズが放映されます http://www.bs-asahi.co.jp/funatabi/prg_125.html
皆様、新年あけましておめでとうございます!
本年も北欧・ヨーロッパの様々な情報を発信して参ります。年明け最初の投稿は、どうやら最近テレビでもたびたび取り上げらている様子のグリーンランド。正しいかどうかは分かりませんが、こんな説があるそうです。
その昔、ノルウェーのヴァイキングが新天地を求め西に旅立ちました。そこで、緑に覆われ、温泉がいたるところで湧き出ている素晴らしく美しい島を発見します。
そこで、その島を発見したヴァイキングは、「この土地は他に取られたくないから、アイスランド(氷の島)と名付けてしまおう」と。
後日そのヴァイキングが更に先へ進んだ際、氷に覆われた寒々しい島を発見しました。「じゃ、こっちの島をグリーンランド(緑の島)と名付けて、他の人が間違ってこっちに来るようにしよう」。確かにグリーンランドは島の8割以上が氷で覆われていますが、海岸線には深く刻まれたフィヨルドが続き、氷河、氷山がダイナミックな風景を作り出します。
世界でも類をみない厳しい自然を生き抜いてきたイヌイットたちには独特の神話や伝説が残り、伝統文化が今でも息づいています。
きっとかのヴァイキングたちも、この美しい自然と景色を見過ごしてしまったんでしょうね。ヴァイキングが見逃してしまった(かも知れない)ダイナミックな景色と、ヴァイキングが他に取られたくなかった島をゆっくりとご覧になるならこちらから!!
↓↓↓
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4151今年もネットトラベルサービスをよろしくお願い致します!
1497619_618034404900687_1886166816_n

スウェーデンのお祝いのケーキ

今週から仕事始めという方も多いのでは?

休みののんびりした生活に慣れた身体には、辛い時期ですね。
こんな時は甘いものでも食べて元気をつけましょう!

スウェーデンではお祝いのケーキと言えば、このプリンセストルタ! マジパンで作られた緑の薄い衣をまとったかわいらしいケーキです。中は全然甘くないホイップクリームとスポンジ、ラズベリーのジャムがちょっぴりアクセントになっています。
洗練されたというよりは、かなり懐かしい感じの味。

うーん!甘そう、、、と思われるかもしれませんが、意外にそうでもありません。もちろん、どこのお店のものかにもよりますが。
写真のケーキはベータカッテンというストックホルムでも人気のカフェで売られているもの。
マジパンの味が控えめでなかなかのお味でした。

こんな寒い日にはあったかいカフェでお友達とおしゃべりしながら、美味しいケーキと紅茶でほっこりしたいですね!

ストックホルムに行ったら一度は試してみて下さい!
https://www.tumlare.co.jp/items/view/16

1546294_622887957748665_2099131280_n