月別アーカイブ: 2014年3月

ノルウェーの北の果て

ノルウェーの北の果てからちょっぴり南へ。サーミの中心地にやって来ました!

サーミ族ってご存じですか?
ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシアの極北にトナカイと共に移住生活をしていた少数民族です。

今はほとんどのサーミ人は定住して普通の生活をしていますが、サ独自の文化、言語、歴史を持っています。

サーミのことをキュッパ(ノルウェーの絵本キャラクター)と一緒に少しお勉強。

夕方にはサーミのテントで焚き火の煙に燻されながら、サーミのおばあちゃんに手伝ってもらってトナカイの皮で携帯入れを作りました♪

1932345_658715934165867_847920177_n1497484_658715994165861_1398793984_n10154210_658716144165846_166280461_n

スノーホテル

スノーホテルに滞在!

寒すぎて寝られない?トイレはどうしよう?泊まる前は不安でいっぱいだったのですが、全然OK!!
高機能な寝袋にくるまれば、一瞬のうちに夢の中(-_-)zzz

それぞれのお部屋にはひとつひとつ違う雪のデコレーション。私の部屋はパディントン♪

一晩過ごすと証明書ももらえます。キルケネスに来たときは皆さんぜひお楽しみを!

10152587_657855124251948_1288063153_n 10150745_657855154251945_1033714368_n

 

 

ノルウェー発祥のスポーツ

だいぶ暖かくなってきました。重たいコートを脱いで、ちょっと体を動かしたい季節です。

そこでノルウェー発祥のスポーツをご紹介。といっても先日のソチオリンピック・パラリンピックで行なわれたノルディックスキーではなく「バブルフットボール」というものです。
名前だけ聞くと泡だらけになってサッカー?というイメージ。でも実際は自分がバブルボールに入り、「泡」になるのです。

転んだ時に上手に受け身を取れば足も痛くなさそうだし、どんくさい私でも何とかなりそう♪皆さんあえてタックルされても転がって、ぼよよーんとした動きを楽しむようです。楽しそう~!

ノルウェーのスポーツバラエティ番組「Golden goal」から誕生、今ではヨーロッパやアメリカを始め、世界で人気が高まりつつあるようです。日本にも「日本バブルサッカー協会」があるんですって。
いやー、こういったことを思いつくノルウェーの人々、素敵です。広い国土に住むと頭も柔軟になるのかしら…?

サッカー経験者の方も、私のような未経験で運動得意ではない方も、是非一度トライされては?

http://www.asahi.com/articles/ASG3871P4G38UQIP03T.html

これからノルウェーに

今日はこれからノルウェーに出発です。スカンジナビアの国に行くなら、やっぱりスカンジナビア航空(SAS)が便利。

デンマークのコペンハーゲンまで11時間30分、ノルウェーのオスロはそこからたったの1時間!

日本では、そろそろ桜の便りも届きはじめましたが、ノルウェーはまだまだ寒い!陽光の成田から、白いオスロへ。

北ノルウェーでは犬ぞり、トナカイぞりといった冬のアクティビティーも楽しめます。そしてなによりオーロラ!!ステキなオーロラが見られることを期待して、いってきまーす!

1526766_656579394379521_1411877091_n

フィンランド北極圏のお勧めレストラン

フィンランド北極圏の町、サーリセルカにあるお勧めレストランをご紹介します。サーリセルカはスキーリゾート地でもあって、周辺地域からもわざわざ食事にくるほど美味しいレストランが集まっているんです。

トゥントゥリホテルの本館1Fにある「Pirtti (ピルッティ)」というカジュアルレストランです。お昼は日替わりのスープランチがあったり、フィンランド料理からイタリア料理、ピザやハンバーガーまで 幅広いメニューで人気です。このあたりのレストランの中ではお手頃価格。写真はサーモンクリームパスタ。

このレストランでは、バンドによる音楽イベントも大小問わずよく開催されていて、イベントがある日はたくさん人が集まってきます。地元のフィンランド人夫 婦が曲に合わせて仲良くチークダンスをしている光景が心を和やかにさせます。スタッフも皆気さくで優しい方ばかりです。

オーロラのシーズンももうすぐ終わりですが、サーリセルカに滞在の際はぜひご利用ください。フィンランドへはこちらのツアーで。https://www.tumlare.co.jp/items/view/4147

1157390_654668341237293_432521656_n

スウェーデン福祉勉強会

★☆★☆★ スウェーデン福祉勉強会行います ★☆★☆

北欧と言えば高福祉、というのは良く知られている話だと思います。「ゆりかごから墓場まで」という教育・医療・福祉はほぼ無料で天国のようなイメージが多いなか、税負担が日本どころではなく高い、または日本より人口が少ないから可能で日本では実現しえない、というようなご意見も伺います。
その一方で、その数は減ったものの未だ政治家の先生方が勉強しに行かれる北欧には、それだけではない何かがあるのでしょう。

そんな北欧の福祉に関して、皆様にもより良く知って頂くために勉強会を企画しました。
講師にはスウェーデン・クオリティケア(SQC)ストックホルム本社の教育プログラム担当者イェミル・オストヴァリ氏をお迎えします。SQCは北欧福祉のノウハウやシステム、またプロダクトを世界に広めるべく活動しているスウェーデン企業です。
ご自身も障害を持つオストバリ氏は早稲田大学に留学経験もあり、現在では視察の通訳までこなすほど日本語が堪能ですので、全編日本語での勉強会です。
北欧の福祉にご興味のある方は、この機会に是非ご参加ください。

参加費は無料で、事前予約制とさせて頂きます。

2014年4月7日(月) 19:00~20:30

*セミナー1時間・質疑応答その他30分を予定しております

*場所 :(株)ツムラーレコーポレーション会議室
〒105-0014  東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3
最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール)徒歩7分
「大門駅」 A1出口(都営大江戸線、浅草線)徒歩7分
「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

*お申込み方法(メール・電話)
件名を「スウェーデン福祉勉強会」として以下のアドレスまで、メールにてお申込み下さい。 その際に必ず以下の内容をお書き添えください。電話でも受け付けしております。

-お名前(ふりがな)
-携帯番号(緊急時の連絡用)

申込先メール・アドレス : nettravel-jp@tumlare.com
電話番号: 03-6809-4324 ( 電話受付時間 10:00~17:00 )
※ 締切: 4月4日(金)17:00まで

担当: 河村 (かわむら)

皆様のご参加をお待ちしております。

1932223_653327048038089_295227861_n

ムーミンカップ

今年はムーミンの作者トーベ・ヤンソンさん生誕100周年!

100周年を記念していろんなところでムーミンやトーベ・ヤンソンが取り上げられていますね。

フィンランドと言えばだれもが知っている陶器メーカー「アラビア」からは記念のムーミンカップが発売♪ ムーミンキャラクター総動員のかわいいカップです。

フィンランドから帰ってきた同僚からいただいたのは、ムーミンの紅茶。いろんなフレーバーの紅茶はフィンランドのスーパーで普通に買えるそうです。日本のファンが多いせいか、なんと日本語の表記もあります。

このカップでこの紅茶を飲んで、ムーミンのお話なんかをよんだら、自分もムーミン谷にいる気分になれるかも?!

でも、やっぱり本場に行くのがなにより! 今年はぜひフィンランドに行ってみましょう!
http://www.tumlare.co.jp/items/search/1/country:15

1507976_651596208211173_312134158_n

フィンランド 水泳大会

先日フジテレビの「世界の果てまでイッテQ!」で寒中水泳スペシャルシーズンⅡinフィンランド が放映されていましたね。

そこで思い出したのでオーロラ等で有名なフィンランド・ロヴァニエミの現地スタッフからのこんな連絡。「3月下旬は”Winter Swimming World Championships”でホテルがちょっと混んでます。」おや?特にテレビでも世界水泳とかCM流れてないし…M岡S造さんが熱くなってないし…と 思い、ちょっと調べてみたらこちらのサイトが。
http://rovaniemi.visitrovaniemi.fi/Winterswimming2014/winterswimming2014eng/Winter-Swimming-World-Championships-2014

なんと!来週3/20-23にロヴァニエミの屋外で行なわれる水泳大会!(しかもプールではなくて凍った川に穴開けて!)サイトを見ただけで凍えます。出 場者の国を見てみると残念ながら日本人はいませんでした。でも33か国から1193名が出るとの事。うわー、皆さん、心臓お強いのですね。

最初はヘルシンキで2000年に、その後2006年に同じくフィンランドのオウルで。前回大会は2012年にラトヴィアのユールマラにて行なわれました。 だんだんと間隔が狭まってる…?人気なのでしょうか?
ご興味のある方、次回大会の情報をチェックして出場してみてはいかがでしょうか?

でも同じ水中でも、私はサウナの後に写真のような桟橋を走って湖ダイブ、の方がいいです!
あ、現地の方は冬もサウナの後、湖や雪原にダイブするからきっと屋外の水泳大会なんてどうってことないのかもしれませんね。

いろんな顔を持つフィンランド、一度と言わず二度三度、行きたくなる国です。

大会開催地のフィンランドやラトビアに行くなら、タリンクシリヤを使えば便利に快適にご旅行頂けます☆
http://www.tumlare.co.jp/category/5

1901265_647563765281084_1278224911_n

フィンランド北極圏の居酒屋

2014年も早2ヶ月が過ぎました。
3月。日本では別れの季節ですね。

お別れする知人・同僚などと、最後に一杯、という風に飲食店でお酒を交わす光景もそろそろ見られる頃でしょう。お洒落なレストランでお食事とワイン♪より も、がやがやとした渋い居酒屋で飲み食いするほうが好きな私。何かの番組で見ましたが、近年では日本を訪れる外国人も居酒屋体験するほど ’日本の居酒屋’ により注目が上がってきているのだとか。

ここで既に何回か取り上げているフィンランド北極圏の町、サーリセルカの街中にも 居酒屋が唯一1件だけあります。お店の名前は「パニモ」。入り口はこれまたフィンランドらしく二重扉になっていて、極寒の外から店内に入ると一気に暖かい 空気に包まれます。ここは地元フィンランド人の社交場にもなっていて、なかなか渋い雰囲気のお店です。お酒好きな人が多いフィンランドでは、昼間っからこ こへ飲みにきて、もう出来上がっている人もちらほら・・・ 静かに一人酒に浸っている人もいれば、大勢で賑やかに飲んでいる人たちも見られます。

このお店でお勧めなのが、地元産のラガービール(TALON TUMMA & TALON VAALEA)。さっぱりしているのであまり苦味がなくビールが苦手な人でもとても飲みやすい。フィンランドの有名ビールメーカー「ラピン・クルタ」も、 もちろんあります。他にはホットベリージュースとホットチョコレートもありますのでお酒がNGの人でもウェルカム。やはり外が寒いので、温かい液体が体に 浸み込んでいきます。

サーリセルカにオーロラ鑑賞しに行った際は、体を温めに一杯いかがですか?

フィンランドへはこちらのツアーでGo-!
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4149

1922419_648362475201213_182791865_n 1005934_648362525201208_829388129_n

 

北欧の温泉

何だか暖かくなってきたと思ったらまた寒くなったり。
花粉症と風邪の心配で大忙しですが、みなさん体調に気を付けて下さいね~。

東京は昨日からまたちょっと寒くなってきましたが、寒くなるとやはり日本人、どうしても温泉が恋しくなります。
そして私たちが愛してやまない北欧の温泉と言えば、やっぱりブルーラグーンですよね。
世界最大級の露天風呂として有名ですが、その面積は何と約5,000㎡!でも実はこれ、天然の露天温泉ではなく、近隣の地熱発電で利用した温水(温泉)を再利用したもの。
なんだ、天然温泉じゃないのか、とバカにしちゃいけません。地下2000mから汲み上げられたこの乳白色の温泉には多くのミネラル分が含まれていて、お肌 のトラブルや美白効果もあると言われています。露天風呂横の本館内にあるショップでは、その成分を利用した化粧水等のコスメも販売しており、女性のお客様 やパートナーへのお土産としてお求めの紳士に大人気。

まだまだオーロラも見られる時期、そしてもう少しすると爽やかな春が訪れるこの北の氷国まで温泉体験しに行きませんか?
http://www.tumlare.co.jp/items/search/1/country:20

1618661_647558248614969_1772377258_n