月別アーカイブ: 2014年6月

image

スウェーデン王室御用達のスイーツって?

先日ストックホルムを訪問した際、弊社現地スタッフから「王室御用達のチョコレート屋さんがすぐそこにあるよ」と聞いて、思わず行ってしまいました。

さぞきらびやかなのだろう、入って平気かしら?と思ったら…家族経営のこじんまりとしたかわいらしいお店。支店もありません。

お店の様子はこちらから→ http://www.ejeschoklad.se/

入ってみるとにこやかなお姉さんがお二人。お店は半地下で、奥に工場(というには小さすぎるスペース)がありショーケースにはたくさんのチョコレートが!ああ、決められない!「どれがお勧め?」と聞くと、お姉さんはにっこりと「どれもお勧めよ」との事。うー、余計決められません。

なので、ひとまず詰め合わせを買ってきました。これからハズレは無いはず!一緒にチョコ味のキャラメルも。 コーヒーとよく合う上品な甘さで、ひとりでほっこりうっとり☆でもものすごく高級というわけでもなく、そんなところに、国民にとても人気のあるスウェーデン王室の親しみやすさを感じました。

味のみならずそのポリシーもさすが御用達で、品質保持の為、毎年6月中旬~8月下旬はお休みです。(なので、今行ってもお店は閉まっております。)私が訪問したのは6/13、ギリギリセーフ!たくさんあるように見えたショーケースも、お姉さん曰く「今は種類が少なくてごめんなさいね。」との事。これ以上あったら悩みすぎて頭痛くなってたのでちょうど良かったですけど…次はもっとたくさんある時に来ますね♪

北欧は夏がベストシーズンと言われますが、それ以外の時期にしかできない事もあるんです♪ 秋以降に訪問される方、お試しくださいね。是非、ストックホルムに2連泊のこちらのツアーでどうぞ!

http://www.tumlare.co.jp/items/view/19

ブルーラグーン

アイスランド・エアウェイブス

北欧が好き?雄大な自然が見たい?オーロラは一生に一度は見てみたい?音楽大好き?
そんな方なら間違いなく楽しめるイベントをご紹介します。

今回で15回目を迎える、レイキャヴィークで開かれるIceland Airwaves。今年は11/05~09の間で開催されます。
過去にはBjork、Sigur Rosといった大物アイスランドミュージシャンや、Kraftwerkなどの海外の大物も出演しました。
また、近年では出演したアーティストが世界的に成功する事も多く、今では欧米諸国のロック・メディアからも注目されるフェスとなりました。

教会音楽やクラッシックなどのアカデミックなものから、ヒップホップやメタルまで、ありとあらゆるジャンルのミュージシャンが、様々な会場でライブを行ないます。
会場はメインベニュー、オフベニューと分かれており、小さなレイキャヴィークの町の至る所でライブミュージックが楽しめる、音楽好きには夢のような環境。
5~6か所のメインベニューは、コンサートホールや博物館などの大きな会場で、主に18:00以降から。
数十か所におよぶオフベニューと呼ばれる会場は、町のカフェ、レストラン、ショップやホテルロビーなど様々なところで行なわれ、正午あたりから深夜までやってます。
ライブ風景
音楽は好きだけど正直アイスランドの音楽に興味がない、そんな方でも色んなジャンルの音楽をやっているので楽しめること、請け合いです。私がそうでした。
日中は大自然観光に、夕方~夜はライブ会場をさまよい歩く。そして見上げるとオーロラが…。そう、時期的にオーロラが楽しめるシーズンで、街中からでもオーロラを見る事が出来るのも、レイキャヴィークの魅力ひとつ。

このフェスに興味がおありの方は是非こちらのツアーもご覧ください。
ツアー中には、各ベニューの場所案内や会場ごとの特徴(この箱はこういったジャンルのものがメイン…など)を説明してもらえるし、当ツアー参加者しか味わえない現地ミュージシャンと会えるかも知れないオプショナルツアーなど盛り沢山!
出発前にはツアー参加者対象の事前勉強会(傾向と対策)や懇親会、ツアー終了後の懇親会などもやってます。
お一人様参加も大歓迎!(過去参加者の50%以上はお一人参加です。但し、帰る頃にはちょっとした音楽仲間ばかりの団体に…)
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4208

MIK5082-(800x532)_c

-世界雑貨紀行 ポーランドのかわいいを探す- ポーランドを取り扱った雑誌のご紹介です

今回も弊社の取り扱い地域「ポーランド」のかわいいを取り上げた雑誌のご紹介。ネットトラベルサービスも取材協力をさせていただいています!  雑誌「トルテ」03号 2014年06月20日発売予定です!!

私も大好きなポーランドの陶器、ポーリッシュポタリーってご存知ですか? 最近ではちょっとした雑貨屋さんやインテリアのお店にもおいてあることが多いのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。思わず手に取ってしまいたくなるその愛らしい絵柄、そして少し厚めのぽってりした感覚が温かみを感じさせる素朴でかわいい陶器です。 ひとつひとつ手作業で絵付けをされる食器はデザインがステキというだけではなく、食洗機や電子レンジで使ってもOKという丈夫さも人気の原因のひとつのようです。
雑誌の中ではこのポーリッシュポタリーの製造元がある陶器の町、ボレスワヴィエツや製造元の「ザクワディ社」のこともたくさん取り上げられています。

そのほかにも地元の食材のお店、チョコレート屋さん、ナチュラルコスメのお店等々、女子なら誰でも好きそうなアイテムがたくさん紹介されています。この雑誌を見ていると、今度の旅行の目的地はポーランドにしようかなぁ、、と思うこと間違いなし! 本屋さんの店頭でみかけたら、ぜひ手に取ってみて下さいね。

そして、やっぱり今度はポーランドに行こう!と思われた方はぜひこちらのツアーで!
http://www.tumlare.co.jp/items/search/1/country:30

balt_tezukuri06

バルト三国の伝統的なハンドクラフトと街歩き案内の本の紹介

今日は弊社の取り扱い地域の中でも人気のバルト三国に関する本のご紹介です。

「ラトビア、リトアニア、エストニアに伝わる温かな手仕事」 赤木真弓著/誠文堂新光社

最近、日本の雑貨屋さんやお店でもよく見かけるようになったバルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)のハンドクラフトの商品。ざっくりとした素朴な風合いとカラフルな模様がかわいいミトン手袋や靴下、ぼってりとした温かみのある陶器、ヤナギのかごや小物入れ等々。バルト三国は雑誌でも特集されることの多い、かわいいものの宝庫です!

そのバルトの国々を何度も訪問し、たくさんの工房を取材し、大量の写真を撮って作成された本だそうです。写真の量も半端なく、もうこれはめくるめくカワイイものの世界です。旅行をお仕事にしている私たちスタッフは自分の取り扱う地域に行くこともよくあるのですが、そんな私たちでも行ってみたことのない場所の案内もたくさん! あぁ行ってみたい! お買いものしたい!! と思わせる本です。

ぜひ一度お手に取ってみてはいかがですか?

そしてバルトに行きたくなったら、ぜひ弊社のバルトツアーで!

http://www.tumlare.co.jp/items/view/4237

 

 

 

 

ワルシャワ

ポーランドの現地発着ツアーあります

いまにわかに話題のポーランド。ネットトラベルではポーランドの魅力をギュッと濃縮した自社催行の現地発着ツアーをお取扱いしています。 詳しくはこちら http://www.tumlare.co.jp/items/view/7122

トーベヤンソン生誕100年

今年はムーミンの作家、トーベヤンソン生誕100年。
その為か、ショッピングをしていてもいたるところでムーミングッズを見かけます。

そんなムーミンの公式サイトが6/2にリニューアル。色使いもかわいく、とても見やすいです。
ムーミンのみならず、トーベヤンソンの歴史やイベント情報も盛り込まれていてファン必見・ブックマーク必須ですね!
https://www.moomin.co.jp/ja

私は「手のひらサイズのミムラねえさん」にハートを射抜かれました…かわいすぎ…ホントに女子力高すぎる…。
そしてずーっと下にスクロールしたところにあるスナフキンの一言も、深いです。

アニバーサリーイヤーに、ムーミンに会いに行きませんか?
http://www.tumlare.co.jp/items/view/4195