月別アーカイブ: 2014年9月

タリンのクリスマスマーケット

ちょっと気が早いかも知れませんが、今回はクリスマスのお話。

ヨーロッパでクリスマスと言えば、サンタに次いでクリスマスマーケットが思い浮かぶのではないでしょうか?

クリスマスマーケットはドイツのニュルンベルクやローテンブルクが世界的にも有名ですよね。旧市街の広場に大きなクリスマスツリーがどーんと置かれ、その周りでいろんな出店が立ち並びます。

この旧市街の広場にクリスマスツリーを最初に置いたのが、バルト三国はエストニアの首都タリンだというのをご存知でした?

その昔、タリンの商人たちは、商いでヨーロッパ中を駆け回り、クリスマスには故郷に戻って家族や仲間とクリスマスを過ごす。そんな商人たちの組合が、15世紀にクリスマスマーケットの広場にツリーを飾ったという事で、世界最古だとも言われているようです。

タリン クリスマスマーケット

タリン クリスマスマーケット

そんな歴史あるクリスマスマーケットは、世界遺産に指定されているタリンの旧市街を一層華やかにみせ、その他の著名なヨーロッパのクリスマスマーケットに勝るとも劣らない魅力を醸し出しています。

毎年クリスマスの1か月前頃になると旧市庁舎広場で数週間にわたって開かれ、プレゼントの購入したり、スパイシーなホットワインを堪能、コンサートも開かれたり、サンタクロースもやってきます。

皆さんも一度行ってみませんか?

現在ネットトラベルサービスでは、エストニア政府観光局と共同でフェイスブックキャンペーンを行なっています。エストニア政府観光局のフェイスブック、ネットトラベルサービスのフェイスブック、両方に「いいね!」を押して頂いた方の中から抽選で、「タリン クリスマスマーケットを訪れる旅」を一組2名様にプレゼント致します。

奮ってご参加ください!

オーロラ爆発!!

フィンランドから続々オーロラの情報が入ってきています。今回は、フィンランドの北のイナリ湖畔の町ネリムとサーリセルカ近郊のムオトカン・マヤからのお知らせ。先週の土曜日(9/19)にこんな大きくてきれいなオーロラが見られたそうです!!

HT4A0916

オーロラの周期は11年、ここ最近だと2011-12あたりがピークと言われていたので、昨年ぐらいから少しオーロラツアーに参加される方も減ってきたような感じでした。でも、ピークではないからと言ってオーロラが見られないわけではないのです。

サーリセルカの町から車で10-15分のところにある小さなロッジ、ムオトカン・マヤはとってもかわいらしい宿泊施設。、昨年の冬、サーリセルカに駐在をしていて、このロッジを訪ねたスタッフは「めっちゃかわいいんです~☆インテリアもすごく素敵で、私もここに泊まりたかった~!」と力説してくれました。しかもこのロッジの周りには人口の光はまったくなく、オーロラ観賞にぴったり。オーロラバブルという小さな宿泊施設に横たわれば、そこには満天の星空にオーロラ!なんて素敵な光景に出会える可能性があるのです。

オーロラバブル内部

オーロラバブル内部

ほら、貴方もやっぱりオーロラを見に行きたくなりましたね?ぜひフィンランドにオーロラを見にいきましょう。

ムオトゥカン・マヤの宿泊ならこちらから

 

オーロラの季節が始まりました

ようやく暑さも収まり過ごしやすい気候になってきましたね。
北欧の北の方ではすでにオーロラが夜空を舞い始めています。オーロラは早くて8月末ぐらいから4月初め頃まで、半年以上の期間で見られます。皆さんこの秋冬に北欧へオーロラを見に行く予定はありますか??

先日スカイツリーへ行った際、東京ソラマチの中にあるプラネタリウムに行ってみましたら、オーロラをテーマにした作品がちょうど封切されていました。しかもオーロラの舞台は偶然にも北欧フィンランド!
連休ということもあって席はほぼ満席。中に入ると心地よいアロマの香りに包まれ、リラックスした状態で鑑賞できました。作品の内容はオーロラ以外にも、ヘルシンキの街並みやフィンランドで見える星座の話、サンタクロース、・・・など、冬のフィンランドにまつわるストーリーで1時間があっという間に過ぎていきます。最後に映された180度満天の星空が印象に残りました。フィンランドに行ったことがない方にちょっと興味を持って頂けるのではないかな、と個人的には思います。因みにこちらのプラネタリウムは、全体が見やすい後方座席がお勧め。

初めてオーロラを見に行くぞ!という方、いつか見に行きたいな~という方へ、これから行楽シーズンが始まりますが、東京スカイツリーへ行かれる機会があれば、良かったらフィンランドの夜空を疑似体感しに行ってみてください(^^)

コニカミノルタプラネタリウム「天空」 ウェブサイト http://www.planetarium.konicaminolta.jp/tenku/

オーロラツアー情報

ぶらり訪問~生まれ変わったヘルシンキ屋内マーケットへ。

2013年1月から改装していたヘルシンキの屋内マーケットが、この夏再オープンしました。

屋内マーケットの前には屋外マーケットがあります。野菜、果物から魚、民芸品も扱うお店も多数。夏~秋はベリーやキノコがおいしそう。そしてお姉さん、とっても素敵なスマイル☆

helsinki market

helsinki market

さて、屋内マーケット Wanha Kauppahalli へ。
中にはフィンランドのスターバックス的存在のロバーツコーヒーがあったり、八百屋さん、お肉やさん、デリなど、お店がずらっと。見ているだけで楽しいです。 カフェやレストランもあるので、ちょっと買って食べ歩き、なんてこともできます。 お土産に良さそうなものも売っていますよ。サーモンやトナカイの缶詰や、美味しそうなスイーツも。
また、真ん中にあるStory というレストラン。セルフサービスのカジュアルな感じですがとってもおしゃれでゆったりできそうな空間、とても素敵!次来たらここでランチを!と心に誓いました。

__

デリのお店ではたくさんのパイやキッシュが並びます。注目は小魚のパイ(写真手前)。フィンランドにはムイックという小魚の詰めたカラクッコというパンがあるのですが、正直いいますと、カラクッコは切った時の断面がちょっと…という感じなのです(ご興味ある方は是非現地にて!)。私としては詰めずに上に乗せた、このバージョンの方がいいかも。

IMG_0276_2

季節を問わず楽しるこのマーケット。日曜はクローズですが、月-土曜は8-18時までオープンしているので早起きできなくても大丈夫!(店舗によってオープン時間が異なるので事前チェック要です)
ヘルシンキ訪問の際は是非!フィンランドに行くならこちらをチェック!

 

スロベニアってどんなとこ?

スロベニアという国をご存知ですか?

クロアチアの北にある四国と同じくらいの面積の小さな国です。オーストリアやイタリアなんかとも国境を接しているため、古くから交易の要所として栄えたんだそうです。

といわれてもあんまりイメージないですよね。私も行ってみるまで、クロアチア行くんだったらついでに行ってみるかなぁ、でもどっちでもいいかな、ぐらいの感じでした。

が、行ってみてこの国なかなかやるなと思いました。ヨーロッパの真ん中にあって、風光明媚なところなので結構古くからヨーロッパの人には観光地として知られていたところなのです。観光設備もすごくきちんとしてるし、楽しませる工夫がしてあるのです。今回はそんなスロベニアの観光地を少しご紹介してみようと思います。

スロベニアの観光地ナンバーワンはやはりブレッド湖。この湖の真ん中まで手漕ぎのボートがでています。おじさんの漕ぐボートでのんびりと湖の真ん中の島にある聖母被昇天教会まで。ただ、このボート、人数がある程度集まらないとなかなか出てくれないのです。私たちは4人、30分くらい待たされました。船頭さんのお給料って乗船客の人数に比例するからかなぁ?と思っていたら、実はそうではなく、何人乗せてもお給料は一緒なので、反対に少ない人数で運行すると仲間の船頭さんからずるしてる!と思われてやりにくいらしい。船頭さんの人間関係もなかなかにシビアですね。

3214

教会の中には鳴らすと願いが叶うという鐘があり、誰でも鳴らすことができます。シーズンには長蛇の列らしいのですが、私たちが行ったのはシーズンオフだったので、思う存分鳴らしてきました! 願いが叶ったかどうかは想像にお任せします。

3218

それから、ブレッド湖で忘れてはならないのは、美味しいお魚! マスのグリル、美味しかったです♪ヨーロッパに行くとこってり、しっかりの味付けにうっとくることも多いのですが、ここのは結構薄味で日本人にもぴったりでした。

562

ぜひ皆さんもスロベニアに行ってみませんか?

クロアチア・スロヴェニアハイライトツアー4泊5日

 

 

 

 

 

フィンランドのユニークな世界選手権

先月フィンランドで開催された「エアギター世界選手権」で、日本人女性が優勝したというニュースがありました。ご存知の方も多いと思いますが、このイベントは2006-07年に日本のお笑いコンビ「ダイノジ」の大地さんが2連覇してから、日本でもかなり浸透しましたよね。毎年フィンランドで開催されているこのエアギター選手権ですが、今回で19回目!20年近く続いている人気の恒例イベントです。本物のギターも弾けないのに、あたかもギターパフォーマンスをしているかのように観客を魅了してしまう、こんな面白いイベントは一体誰が考案したんでしょうか・・・

フィンランドには、他にも一風変わった世界選手権が開催されているのはご存じですか? 例えば、「奥様運び世界選手権」。運動会でも見られるような障害物競走を、夫が妻を担いで疾走する体力勝負の競技。いくつかある障害物の中には、深さ1メートルほどの水の中を通っていくというものもあったり・・・。観客側は毎回爆笑の渦に包まれるんだそうですよ。

Wifecarrying_Sonkajarvi1_21

フィンランドといえば携帯電話会社のノキアが世界的に有名ですが、これに因んだイベントが「携帯電話投げ世界選手権」。言葉そのまま、携帯電話を投げる競技ですが、飛距離だけでなく投げる際のフォームの美しさやパフォーマンスの精度なんかを競います。投げる携帯電話の規定もちゃんとあったりします。他には、フィンランドの森で沢山生えているベリー摘みを選手権にしたり。と、フィンランドに因んだ面白いイベントがいくつも開催されています。

フィンランド人は一見物静かそうに見えますが、こんな面白い(くだらない?笑)イベントを考案したり真剣に参加していたり・・・実はユニークで闘争心あふれる国民性なのかも知れませんね。ムーミンやサンタクロースだけじゃない国、フィンランド。皆さんも一度行ってみませんか?

フィンランドの旅行情報

コペンハーゲン空港での過ごし方

海外旅行の醍醐味って、いろいろあると思います。 滞在都市での過ごし方はもちろんですが、飛行機・空港が好き!という方、結構いらっしゃると思います。実は私もその一人。 今回はお客様に度々お尋ねいただく、乗り継ぎ時間の過ごし方、についてちょっとご案内です。

現在日本から北欧へ直行便の運行があるのはフィンランド航空・日本航空(ヘルシンキ)とスカンジナビア航空(コペンハーゲン)です。 そこから更に他の都市に行ったり、他の都市から経由して帰ってくるとなると当然出てくるのは乗り継ぎ時間。 北欧の空港はコンパクトで移動も楽なのですがあまり乗り継ぎ時間が短いとちょっと心配ですよね。なので長めにして、空港での滞在を楽しんでしまうのも一つです。今回はコペンハーゲン・カストラップ空港ついて。

まず、ちょっと疲れてる・・・という時はこれ。(すみません、我慢できなくてちょっと飲んでしまってから撮りました)

image3

フルーツや野菜ジュースのカフェ、 JOE&THE JUICE。これはホウレンソウとリンゴ、パイナップルのブレンドです。グビっと飲んでエナジーチャージ!美味しいですよ!

コーヒー飲んでのんびりしたーい。という方はLAGKAGEHUSETへどうぞ。

image

コーヒーとシナモンロールを味わいつつ、窓に向かったカウンター席で飛行機を眺めながら旅の計画を立てたり、振り返ったり。店内には電光掲示板もあるので安心です。

他にもステーキハウスやコペンハーゲン名物・ホットドッグのお店、ショッピングならマリメッコやH&M、美味しいデンマークチーズ等が買えるショップもあります!

でも、やっぱり旅には刺激が無いとね、という方は期間限定のこちらはいかが?
<日本語>http://response.jp/article/2014/08/27/230847.html
<空港サイト>http://www.cph.dk/en/Shopping-and-tax-free/restaurants/hallo-hello1/
なんと、人々の往来が結構激しい通路で、見知らぬ人と美味しいものを食べましょう、というイベント。

面白い事を考え付きますよねぇ。でも今デンマークのレストランって世界的に評価が高いのです。(冒頭の写真はLe Sommelier という有名なビストロの空港支店。)
旅の恥はかき捨て、一期一会、旅は道連れ世は情け・・・。はじめましての方とでも美味しい物をいただけば、楽しいひと時になること請け合いです!

デンマークに行きたくなったらこちらのページをチェック!
デンマークの旅行情報