月別アーカイブ: 2016年4月

おてごろランチin ストックホルム/ふわふわバンズにジューシーお肉!

みなさまこんにちは ! ストックホルムのモモです。
日本ではもう葉桜のシーズンでしょうか。ゴールデンウィークももうすぐですね!
こちらスウェーデン、ストックホルムでは、 暖かくなったり、肌寒かったりと、春らしい気まぐれなお天気が続いています。
それでも日はどんどん長くなり、 お出かけが楽しくなる季節です。

旅行中の楽しみといえば、やっぱりおいしいご飯!でも、同時に悩みの種でもありますよね。観光やお買い物に時間をかけたいし、格式張ったレストランには入りづらい…!もっと気軽に!手軽に!お手頃に!ご飯を食べたいの!(でも美味しくないとイヤ)そんな時にオススメなのがこちら!
Vigårda (ヴィーゴーダ)
Mood Stockholm(ムード ストックホルム)という、ショッピングモールの1階にある、ハンバーガー屋さんです。店内は、黒を基調にしたシンプルでオシャレなインテリア。大きなガラス窓から入る自然光で、心地よい雰囲気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、スウェーデンまで来てハンバーガー…?とお思いですか?それが違うのよ、貴方!
御覧なさいこのジューシィなお肉、フレッシュなお野菜、ふわふわのバンズ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

と、まぁこういったオシャレハンバーガー屋さんは他にもたくさんあるのですが。ここで注目すべきはそのお値段。ハンバーガーにサラダ、選べるサイドメニューとドレッシングが付いて70SEK〜(約1,000円)。
物価の高いスウェーデンではとってもありがたい、おてごろ価格(そしておいしい!)ハンバーガー屋さんなのですよ!
今回いただいたのは、店員さんオススメのビストロバーガー(90SEK/約1,300円)。 コショウの効いたパテに、カリカリジューシーなベーコン。カラメルオニオンの甘さとグリュイエールチーズのしょっぱさがからみあって、う、うまい…! サイドメニューは、ポテト以外にも、ビーンズサラダやコールスローなど、ヘルシーなメニューも色々あり、どれにしようか迷ってしまうほど。晩ご飯としても十分なボリュームです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファストフードとしての気軽さを残しつつ、新鮮な美味しい材料を炭火焼グリルで丁寧に調理したハンバーガーが食べられるということで、 ストックホルムの人たちに大人気のこのお店。お昼時にはランチタイムのビジネスマンやお買い物途中の地元の人で賑わいます。 お天気がよい日はテラス席や、テイクアウトして近くの公園で食べる人も。月替わりメニューも人気のひとつ。毎月さまざまなジャンルの有名人の、イチ押しバーガーがメニューに乗ります。

VigårdaがあるMood Stockholmは、新市街の中心に位置しており、このお店以外にも、話題のショップやレストランがいっぱい。観光やお買い物の途中に立ち寄りやすく、とても便利な場所にあります。お店は、水〜土曜日は夜11時まで開いていて、DJの音楽とともにワインやカクテルを楽しむことも! Mood Stockholm以外にも、ストックホルムに2店舗、Malmö(マルメ)、Göteborg(イェーテボリ)などの街にも出店しています。 おてごろランチに、ぴったりなお店のご紹介でした。

【お店情報】
Vigårda (ヴィーゴーダ)
Adress: Norrlandsgatan 13, 111 43 Stockholm (ショッピングモールMood Stockholm内 Norrlandsgatan側1階)
最寄駅:地下鉄グリーンラインHötorget(ヒョートリエット) 、または地下鉄レッドラインÖstermalmstorg(エステルマルムストリ)
営業時間:月〜火 11〜21時 水〜土 11〜23時 日11〜19時
Vigårda (ヴィーゴーダ) Mood Stockholm店ホームページ (スウェーデン語のみ)
http://vigarda.se/mood/
Mood Stockholm (ムード ストックホルム) ホームページ (英語)
http://moodstockholm.se/?lang=en

バルト三国の本、出来ましたよ!/バルト三国-愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ

今回ご紹介するのは、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)から、3月19日に発行されたばかりのバルト三国の本。

エストニアは、ラトビアは、リトアニアはどんな国?から始まり、それぞれの国の見どころはもちろん、カワイイお土産やカフェ、レストラン、おすすめホテルなど、
ガイドブック的な要素もしっかり持ちながら、三カ国の風景、手仕事、文化についてたくさんの写真と共に紹介しています。
9784863852167.IN06元
↑リガの旧市街マップと見どころ。とても見やすいページ!

著者の撮影による、ひとつひとつの写真は、今にも草木の青々とした香まで運んできそうな素敵な写真ばかりです。思わず「これって写真集かな?」と思ってしまうほど。

「バルト三国」としてひとくくりにされてしまうことが多いエストニア、ラトビア、リトアニア。共通点が多いのも事実です。三カ国それぞれに「野外博物館」があって、古くからの民家を移築しているので、日本の明治村のような展示が見られます。著者のSanna さんは、ご自身で写真も撮り、そのたたずまいを伝えてくれているので、比べながら見ていくのも面白いですね。
9784863852167.IN02元
↑エストニアの野外博物館(ロッカアルマーレ)

9784863852167.IN07元
↑こちらはラトビアの野外民族博物館(6月初めの民芸市は海外のファンも多いそう)

最近は「美味しくお茶できるカフェ」や「素敵なレストラン」も増えています。
カフェご飯の紹介も旅ごころをくすぐります↓
9784863852167.IN08元

お土産も色とりどりで迷ってしまいます!
resized_omiyage

著者のSanna さんはこれまでに65カ国を訪れ、旅先での出会いを本にされています。今回出逢ったバルトの人々や文化や景色、美味しいものたち、この本を通して私たちも感じることができますよ。

バルト三国、それぞれの国で愛される手仕事を取り上げ、女性ならでは視点からバルトの国々を紹介しています。ガイドブックだけでは物足りない方、かといって歴史から入るのはちょっと敷居が高すぎ。まだ知られていないバルト三国の四季や生活を感じたい人には特におすすめです。

バスで周るバルトの世界遺産 バルト3国周遊 6泊7日

 

 

ヘルシンキのファインダイニング

いよいよ本格的に春が到来し、最近では夜9時ごろまで明るくなってきました。観光シーズンも始まったようで、市内のあちらこちらでガイドブックを手にした方々をお見かけします。こちらに住んでいると美味しいレストランはどこですか?という質問をよくいただくので、今回はお勧めのレストランをご紹介します。
RAGU1
Ragu(ラグ)、スカンジナビアン料理をベースにしたモダンなお料理が有名で特別な日や大事な商談等に利用されることが多いレストランです。場所はスウェーデン劇場から徒歩5分ほどの静かな通りにあります。
レストラン内は洗練されていますが、カジュアルな雰囲気もあり(テーブルコーディネートも可愛い!)スタッフもとてもフレンドリーです。RAGU6
今回はRAGUメニューという4コースのメニューを頂きました。前菜はホタテを使った温菜、2皿目は人参スープ(栗とチーズが入っていて美味しかったです!)、メインは牛肉のステーキを(お肉がとっても柔らかく、添えられたソースが美味しい!)、最後のデザートはミントチョコレートとシャーベットでした。RAGU2

RAGU3

RAGU4どのお料理の盛り付けも綺麗で見た目でも楽しませてくれます。一皿の量は少なく見えますが、とってもお腹いっぱいで大満足でした♪また自家製のパンやフォカッチャ、マフィンも数種類のジャム、バターと一緒にサーブされ、これもまたとても美味しいです!!RAGU5RAGUメニューで今回は53€でした。日本円で考えるとお高いですが、物価の高いヘルシンキでこのクオリティだとお徳です!
ヘルシンキでちょっと贅沢な夜を過ごされたい、と思っている方にはお勧めです♪

フィンランドのお勧め商品

アイスランドのお食事事情

アイスランドの食事は、なんといっても高い。
でも、なかなか美味しいですよ~♪

IMG_1665

アイスランドロブスターのパスタ。
アイスランドでは手長えびのことをロブスターと呼びます。
濃厚ソースにロブスターがたっぷり。
1人で食べるにはかなりの量なので、誰かとシェアして食べるのがおすすめ。
CAFE PARISにて ISK4590

 

IMG_1995

 

アイスランド一、いや世界一美味しいといわれているホットドッグ!クリントンさんも食べたらしい。ソーセージの下に入ってるフライドオニオンがパリパリで美味しい!しかも安い!(アイスランドとしてはです。あくまでも。。)
アイスランドに来たら是非一回は行ってみるべし。
Bæjarins Beztu Pylsur にて ISK400

 

IMG_1614

 

アイスランドに行くと必ず目にする羊さん。美味しい空気のもとのびのび育っているからか、アイスランドのラムは臭みがなくて柔らかい。
ラムが苦手な方も一度はトライしてみてくださいね。ラム肉のステーキ!なんていうボリュームたっぷりのもありますが、まずはラムスープぐらいからどうぞ。
GULLFOSSKAFFIにて ISK1750

 

 

IMG_1929

重たい料理に飽きたら、コンビニでお寿司を買おう。かなりお高めだけど、手軽に買えて味もまずまず。

料金は2016年2月現在のものです。1ISK=約0.9円

 

 

アイスランドに行くならお手軽な現地発着ツアーでどうぞ。レイキャヴィーク滞在型、レイキャヴィーク4泊5日

ベルゲンは春

P10300663月末のイースターが終わり、ベルゲンは4月に入ってすっかり春らしくなりました。イースターのかわいらしい卵の飾りが庭先に残っていていました。(スーパーにはイースター・チョコレートが50%offで叩き売り状態でした)長ーい冬の終わりを告げるイースター休暇にはスキーを楽しんだり、ヒュッタ(山小屋)でミステリーを読む人が多いです。そして4月に入ればノルウェー人はウキウキ。多少寒くても少しでも太陽が出ていれば、何が何でもオープン・カフェシートをゲット。何もそこまでして外に座らなくても・・・・と思うほど。P1030169玄関や庭先にも早速、春の色を象徴する黄色いラッパ水仙などの花々を飾り、春の到来を喜びます。猫ちゃんにもなんだか嬉しそう。ソグネフィヨルドの玄関口であり、フッティルーテンの出発地であるベルゲンには、古い木造家屋が並ぶ地区があります。それぞれ個性がある玄関をチラ見しながら、素敵だな~、あれはまねしちゃおう!と思いながら、散策するのも楽しいものです。

ヘルシンキはモダン建築も素敵です!

サマータイムが始まり、日照時間もぐんぐんと延びているヘルシンキです。最近は夜8時でもうっすらと明るいくらいです。お天気が良い日も続き、日中の気温が10度近くにまでなる日もありますので、市内の公園や教会前の広場で日光浴を楽しむ方が増えてきました。
FullSizeRender7

今回はヘルシンキのモダン建築の一つ、ミュージックセンターをご紹介します。場所は中央駅から歩いて5分ほどのガラス張りの建物です。ミュージックセンターという名前ですが、コンサートやイベントは勿論、会議室、カフェ、国立音楽大学シベリウスアカデミの学部が入っていたりと色々な顔を持っています。
FullSizeRender3

FullSizeRender4

FullSizeRender1

特徴的な大ホールは360度の観客席。音響設計は日本人の豊田泰久さんによる設計で、大ホールはスモークサウナをイメージしてデザインされたそうです。そういわれると色合いがサウナの中にいるような雰囲気で落ち着きますね。年間を通して様々なコンサートが行われていますので、是非滞在中に気になるイベントがあればこの素敵なホールに足を運んでください。
FullSizeRender2

コンサートが無い日でも市民に利用してもらえるよう、センターの中には眺めの良いカフェ、テラスもありますので、観光途中の休憩場所としてもお勧めです♪ また英語ガイドツアーも行われていますので、こちらも是非ご参加ください。運が良ければコンサートのリハーサル光景も見せていただけるかもしれません!
FullSizeRender8

FullSizeRender6