月別アーカイブ: 2016年5月

エステルマルム市場はただ今改装中!!!

こんにちは、ストックホルムのモモです。5月も終わりに近くなり、気温もテンションも上がってますよ!ウホウホ!(でもまだまだ 朝晩肌寒いですので、ご旅行の際は上着をお忘れなく…)

今回はエステルマルム市場のお話です。旅行に行くときは必ず市場に立ち寄るという方も多いのではないでしょうか。活気あふれる雰囲気に、見たこともない野菜や現地の料理。あーどんな味がするのかしら、全部ちょっとずつ食べてみたい、とうっとりしてしまいますよね。私だけですか?いやそんなことはないはず…。

ストックホルムの新市街近く、エステルマルム地区は、高級住宅街やショップ、レストランがたくさん集まる地域です。そのエステルマルムの市場は、市民や観光客の胃袋とお財布を助けて128年!1888年から続く歴史あるマーケットです。重厚なレンガ造りの建物の中には、新鮮な魚介類や野菜、チーズ、肉類、 デリカテッセンのお店などが豊富に揃っています 。イートインコーナーもあるので、ワインを傾けながらの軽い食事をすることもできるありがたい場所。高級住宅が並ぶ地区だけあって、ストックホルムの他の市場よりもちょっとお高めですが、その分品質も納得ですし、スーパーやレストランで買うよりもお得な印象。なによりも、様々な種類の野菜やチーズを見ているだけで、もう楽しすぎる!
exterior
エステルマルム市場外観 Photo: Raphael Cameron, Vanity Studios

そんなエステルマルム市場ですが、2016年の4月に、改装工事のため閉鎖されてしまいました。改装工事は2年ほどの予定だそうで、完成は2018年の春頃。しかしご安心ください。改装工事の間、エステルマルム市場は、すぐ隣の広場に移動して営業します。臨時の市場だから、貧相で適当な建物になるのかしらと思いきや、なかなかどうして、素敵ですわよ。

臨時市場の外観はこんな感じです。この2年間の改装工事中、市場を移動させるためだけに建てられた建物で、もともとの市場の建物とはまったくテイストが違います。シンプルですが現代っぽく、スタイリッシュ になっていますね。中は木を基調とした店舗が並び、明るい雰囲気。正面からは、やわらかい光が差し込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中に入っているお店は、もともとの市場に入っていた店舗はもちろん、老舗のパティスリーなど新たに参入した店舗もあります。広々とした通路と高い天井の間に、お肉屋さんパン屋さん魚屋さんチーズ屋さんチョコレート屋さんパティスリーコーヒーショップが…あぁ夢のよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

移転したばかりにもかかわらず、臨時市場は食材を買い求める地元の人や、観光客、仕事を終えて友達と語りながら食事をとる人々で市場は一日中賑わいます。営業時間ももとの市場と変わらず、平日は9時30分から19時まで、土曜日は9時30分から18時まで(日曜日・祭日はお休みです)。さらに臨時市場ではレストランの営業時間が延び、23時まで営業しています。宿泊先でのおつまみにチーズやサラミを買ったり、デザートを買ってカフェで一休みしたり、お惣菜で晩御飯にしたり、レストランで新鮮な食材のメニューを味わったりと、市場の楽しみ方は色々。もとの市場が閉鎖されている今だからこそ行ける臨時市場、いわば期間限定の観光スポットです。もとの市場はすぐ目の前にあるので、外観を比べてみるのもおもしろいですね。

 

【お店情報】
エステルマルム臨時市場 Östermalms Saluhall
住所:Östermalmstorg 114 39 Stockholm Sweden
営業時間:平日9:30-19:00 土 9:30-18:00  レストランのみ23:00まで(日曜祭日休業)
最寄駅:地下鉄レッドライン Östermalmstorg(エステルマルムストリ)駅
ホームページ:http://www.ostermalmshallen.se/en/ (英語)

お城の塔にあるレストラン

日本の皆さん、こんにちは!コペンハーゲンのノリエルです!5月も半ばに入り、ここデンマークは随分と過ごしやすい気候になってきました。何と言っても冬に比べて日照時間の長さが愕然と違います。5月現在の時点で5時前には日が昇り、夜は9時過ぎてから日が沈む。お天気が良ければ学校や仕事を終えた後もまだまだ屋外で遊ぶこともできて、これぞ北欧の初夏!といった毎日です。
観光シーズンに入ったコペンハーゲンの街中に出かけますと、たくさんのお客様を目にすることが増えてきました。最近はみなさん旅行の前にインターネットでいろんなことを調べてますので、時としてデンマーク在住者よりもより詳しい情報をお持ちのこともあるのですが、それでも必ずお客様から聞かれるのが、地元の人がお薦めのカフェやレストランはどこですか?、という質問です。

コペンハーゲンの街中をお買い物や観光で歩く辺りには、通り沿いにカフェ、パン屋、レストランは星の数ほどありますが、今回ご紹介するのはすぐ近くまで来ていて案外と気が付かないレストランTårnet です。
場所は歩行者天国ストロイエ通りからすぐの所にあるChristiansborg(クリスチャンズボー城)の塔の中。
市内には内部を見学できるお城がいくつかあり、ここクリスチャンズボー城もその中の一つで、お城まではいらしゃる方々も多いことでしょう。ご紹介するレストランは入り口がお城見学の場所と違っていますが、ここから塔へ入りますよ、というサインが立っていますので、そうと探せばすぐ見つかります。
IMG_5633

レストランといっても場所がお城の一部ですので、中に入る前にまずは手荷物検査エリアを通り抜けます。そして次にレストランがある階までエレベーターで上がるのですが、このエレベーターがとっても小さく8人乗り。よほど空いている時でなければ乗るのに少し待つことは必須です。
エレベーターは地上階からレストランのある階まで直行ですので、どこで降りたらよいかと迷うことなくレストランにたどり着きます。
エレベーターを降りたところにレストランの受付があり、予約の有無や人数などを聞かれてその後中に案内されます。時々受付に誰もいないことがありますが係の人が戻ってくるまでは勝手に中へは入れません。
そしていよいよレストランへ入っていきますが、ドアが開けられれ、わぁー!、と驚くのが天井の高さと、無機質なエレベーターホールからは思いもつかないそこがまさにお城の内部という店内の様子です。
IMG_5624
レストランTårnetはランチが11時30から15時まで、ティータイムが14時から16時、そしてディナーが18時から23時と別れています。ランチやディナーでは伝統的なデンマーク料理を食べることができ、アラカルトメニューとコースメニューと両方ありますので、どれにしようか迷ってしまった場合は、コースにしてしまうという方法もありです。
ランチタイムにはデンマークのお昼といえばSmørrebrødと呼ばれるオープンサンドウィッチもありますので、それと何か飲み物という選択も良いですね。
ティータイムはデンマークにしては小ぶりの食べやすい大きさのケーキが何種類か用意されていて、あれもこれも食べてみたいという時には、3個お好きなケーキを選べてプラス飲み物というセットもあります。
IMG_5625

地元の人にも人気のレストランですので、これからの観光シーズンは特に予約が必須だと思います。もしも希望の日時にどうしても予約が取れなかった場合でも塔に上ることはできます。

レストランの入っているお城の塔にはコペンハーゲンの街が360度見渡せる展望エリアがあり、誰でも無料で利用可能です。お天気が良い日には海の向こうのスウェーデンまで見て取れますよ。
IMG_5251 IMG_5626

皆さんもグルメと北欧デザインの町、コペンハーゲンにいらしてください!
個人旅行にぴったりのオプショナルツアーもご用意してますよ!
コペンハーゲン運河クルーズツアー

北シェラン島古城巡りツアー