バルト三国の本、出来ましたよ!/バルト三国-愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ

今回ご紹介するのは、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)から、3月19日に発行されたばかりのバルト三国の本。

エストニアは、ラトビアは、リトアニアはどんな国?から始まり、それぞれの国の見どころはもちろん、カワイイお土産やカフェ、レストラン、おすすめホテルなど、
ガイドブック的な要素もしっかり持ちながら、三カ国の風景、手仕事、文化についてたくさんの写真と共に紹介しています。
9784863852167.IN06元
↑リガの旧市街マップと見どころ。とても見やすいページ!

著者の撮影による、ひとつひとつの写真は、今にも草木の青々とした香まで運んできそうな素敵な写真ばかりです。思わず「これって写真集かな?」と思ってしまうほど。

「バルト三国」としてひとくくりにされてしまうことが多いエストニア、ラトビア、リトアニア。共通点が多いのも事実です。三カ国それぞれに「野外博物館」があって、古くからの民家を移築しているので、日本の明治村のような展示が見られます。著者のSanna さんは、ご自身で写真も撮り、そのたたずまいを伝えてくれているので、比べながら見ていくのも面白いですね。
9784863852167.IN02元
↑エストニアの野外博物館(ロッカアルマーレ)

9784863852167.IN07元
↑こちらはラトビアの野外民族博物館(6月初めの民芸市は海外のファンも多いそう)

最近は「美味しくお茶できるカフェ」や「素敵なレストラン」も増えています。
カフェご飯の紹介も旅ごころをくすぐります↓
9784863852167.IN08元

お土産も色とりどりで迷ってしまいます!
resized_omiyage

著者のSanna さんはこれまでに65カ国を訪れ、旅先での出会いを本にされています。今回出逢ったバルトの人々や文化や景色、美味しいものたち、この本を通して私たちも感じることができますよ。

バルト三国、それぞれの国で愛される手仕事を取り上げ、女性ならでは視点からバルトの国々を紹介しています。ガイドブックだけでは物足りない方、かといって歴史から入るのはちょっと敷居が高すぎ。まだ知られていないバルト三国の四季や生活を感じたい人には特におすすめです。

バスで周るバルトの世界遺産 バルト3国周遊 6泊7日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です