世代を超えて愛されるデザイン

スウェーデンは子ども服も男女平等!デザインと機能性を兼ね備えたPolarn o Pyret

みなさまこんにちは。ストックホルムのモモです。
さて、9月も中旬に入りました。8月に比べて気温はだいぶ下がりましたが、お天気が良い日が続いているので、とっても快適ですよ!まだまだ街中は観光シーズン真っ只中といった感じで、世界各国から来た観光客が行き交います。

旅行中は、美しい景色や自然を堪能したり、美味しいランチを楽しんだり、そしてやっぱりお買い物もはずせないものですよね。自分のためだけでなく、 お友達 へのお土産も買わなくっちゃ!さらにさらに、親戚の甥っ子ちゃん姪っ子ちゃんやお孫さんへのプレゼントを買わなくっちゃ!(もちろんご自身のお子様にも!)という方ってけっこう多いんじゃないでしょうか。ということで今回は、スウェーデンブランドの子ども服のお店をご紹介します!

そのお店は、Polarn O. Pyret(ポーラン・オ・ピレット)! シンプルで鮮やかな色使いが目を引く、子ども服屋さんです。
shop display_1

新生児用から12歳児までの子ども服や小物が並ぶ店内はとってもカラフル。色とりどりのポップなデザインのお洋服がずらりと並び、んーもぅウチのあのカワイ子ちゃんに着せたら絶対似合うわ!と鼻息が荒くなってしまうほど。でもこのお店の良いところは、デザインの可愛さだけではないんですよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

40年以上も続くこのブランドは、その品質と 機能性の高さが特徴。 子どもが着て心地よいようにと考え抜かれたデザインと機能は高く評価され、街で遊ぶ子どもたちを見ていると、その多くの子たちが、ポーラン・オ・ピレットの服を着ています。ユニセックスのデザインが多く、 女の子の服・男の子の服、といった区分けがないのも男女平等を目指す北欧らしいところ。世間の流行り廃りに流されない、飽きのこない柄と品質の高さは、兄弟姉妹へのお下がりとしても長く使いやすく、世代を超えて愛される理由なのでしょう。

年中使えるような、ビビッドカラーのシャツもオススメですが、これからの季節、冬用のジャケットも可愛いものが揃っていますよ!さすが北国といいましょうか、子ども用のジャケットのゴツさは日本のものの比ではありません。冬になると、小さな子どもたちが、オーバーオールと呼ばれるつなぎのウェアを着て、完全防備で外を走り回る姿が見られます。手袋だって、極厚です。最近暖冬のストックホルムでもマイナス10度くらいになりますからね。このお店でも 、薄めのレインコートから、フリースジャケット、ウールのトレーナー、本格的なスキーウェアのようなものまで様々な種類が揃っています。スキーや雪遊びに行くのにぴったりのふかふかジャケットや、ちょっと肌寒い時に役立つフリースジャケット。反射板も付いていて、薄暗くなる秋冬の帰り道もちょっと安心ですね。サイズも新生児用から12歳用まで幅広く展開されています。 小柄な方なら大人でも着られるような大きさのものも…。一応子ども服ブランドではありますが、こんなに可愛くて丈夫なんだったら、自分用に買っちゃってもいいかも…?
ポーラン・オ・ピレットは、ヨーロッパに広く店舗を持ち、 中でも北欧では高い人気を誇りますが、まだ日本には未進出。一足先に本場のスウェーデンで、かわいくて高品質な子ども服を手に入れちゃいませんか??

【店舗案内】膨張
Polarn O. Pyret(ポーラン・オ・ピレット)PK-HUSET店(NKデパート隣)
アドレスHamngatan 10, 111 47 Stockholm
最寄り駅 地下鉄グリーンラインT-Centralen駅Sergels Torg出口より徒歩約5分

または 地下鉄レッドラインÖstermalmstorg駅より徒歩約5分
営業時間 平日10:00〜20:00 土曜10:00〜18:00日曜11:00〜17:00 (2016年9月現在)
ホームページ(英語) http://www.polarnopyret.co.uk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>