Pizza

B級グルメ!Copenhagen Streer Food

こんにちはー、デンマーク情報担当のノリエルですー。

⒑月に入り、こちらはかなり涼しくなってきました。朝晩は長袖ジャケットやコートが必要なほどです。でも今年はちょっと異常気象。お天気が良いお昼間は未だに半袖着てても平気な日もあったりで、毎年寒くて暗い冬にはうんざりしていますから、このポカポカ陽気に感謝すべきなのですが、地球温暖化の影響を思うと、手放しで喜んでばかりいられません。

さて今回は食欲の秋も目前ですし、コペンの外食情報をお届けします。

それもお財布にやさしいB級グルメ♪

コペンハーゲンにはミシェランガイドで2つ星を獲得したレストランnoma (http://noma.dk/) を筆頭に、一度は行ってみたい素晴らしいお店がたくさんあります。しかし、お料理のお味と同様、お値段もうなるものがあり、そうそういつも出かけられるわけではありません。それよりも一番の問題は、急に思いついてその日の予約が取れるなんてことは奇跡に近い現状のよう。

デンマークに遊びに来て、さ~て今日は何を食べようかなー、と気儘な旅をしたい派には、いつでも気軽に出かけられる食スポットは必須です。

そういう方達におススメめなのが、屋台村Copenhagen Streer Foodです。
Copenhagen Street Food

場所はChristianshavnのPapirøen (Paper Island)と呼ばれる小さな島にあり、もとはthe Procurement Association of the Danish Pressの紙を保管する倉庫だった建物をそのまま利用しています。

2014年にオープンした当時は交通の便があまりよくなく、公共の乗り物で行く場合は、バスはあるけど最寄りのバス停から少し距離があり、そうでなければ船バスに乗るか、といった状況でした。

ところが、今はとっても簡単に行けてしまいます!

前回のデンマーク情報でご紹介したNyhavnとChristianshavnに架かった新しい橋を渡ればすぐ!

この橋の開通によりCopenhagen Streer Foodに訪れる人の数がグーンと増えたのは間違いないでしょう。
Nyhavn
↑ちょっと見づらいですが、建物の手前に長~い橋があるの、ご覧になれますか?

倉庫内に入るとカラフルな屋台や小さな車が所狭しと並び、毎回行く度にグルグル回りながら何を食べようかと悩んでしまいます。メキシカン、韓国、デンマーク、イタリアン、モロッコなどなど知ってる食べ物も知らないのもいろいろあって、人気の屋台は長蛇の列ができることもあり、ぐずぐず迷っているとなかなか食べ物にありつけません。試食をさせてくれる屋台もあるので、初めて見るお料理の時は助かります。

食事をするほどお腹が空いていない時は、ビールやカクテルで一休みとか、コーヒーとデザートでお茶タイムも良いですね~。
Beer stand opensand
↑ビール屋さんのスタンド(左)にデンマーク名物オープンサンド、スモーブロー(右)!

Coffee dessert
電車みたいなコーヒースタンド(左)にぷっくりしたデザート。上のお砂糖のところを焦がしてあるので香ばしいですよ!

Japanese

あら!日本食のスタンドも!食べ物、飲み物を手に入れた後は、空いてるテーブルを見つけてさっそくお味見タイム。お天気が良ければ外に出て海を眺めながから過ごすのも楽しいですよ。
OUTSIDE TABLE

現在倉庫の前には、あのYoko Ono さんの作品が置かれています。
Yoko Ono

作品というのか、鉢に植えられた背丈ほどの木が何本も置かれ、その枝にまるで七夕のように何枚もの小さな紙がぶら下がっています。よーく見るとそれぞれの紙には願い事が書かれ、そばに白紙の紙と鉛筆が置いてありますから、誰でも自由に書いてぶら下げることができるようです。

【 Copenhagen Street Food 】

Hal 7&8 Papirøen, Trangravsvej 14, 1436 København K

 

月曜日~水曜日:12時-21時

木曜日~土曜日:12時-22時

日曜日:12時-21時

*コーヒーの屋台は11時から開店

*日曜日は20時に閉店のところもあります

*木、金、土曜日はバーは遅くまで開いています

ホームページ(英語)  http://copenhagenstreetfood.dk/en/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>