愛すべきケッタイな国・ノルウェー オスロ便り① ベビーシネマ

はじめまして!ノルウェーはオスロ在住のしぐりです。4月から現地の情報を日本の皆さんに向けてお送りすることになりました ♪
折角なので、市販のガイドブックには載っていないような情報をお届けしていきたいと思っています。よろしくお願いします。

ところで先月20日、国連が発表した「世界の幸せな国ランキング」でノルウェーが堂々の一位を獲得しました。それ以来、いろいろな方面からノルウェーについて聞かれることが増えました。雇用システム、教育システム、医療や年金といった社会福祉に関してや、はたまたエコカーの推進を含む環境問題に対する取り組みに関して、などなどです。

確かにノルウェーはそういった分野で先端をいっている国の一つです。それでは、そういったシステムを導入しさえすればどの国も幸せになれるのでしょうか。私はそうとも言えないように思うんですね。なぜなら、そういったシステムはすべて、いい面とともにネガティブな面も持ち合わせていて、例えば、そのために税金がえらいこと高かったり、こちらがサクサク済ませたい仕事が遅々としてすすまなかったり、アメリカや日本といった国々で受け入れられるかどうか疑問に思う要素と常に表裏一体だったりするわけです。

では、なぜノルウェー人の幸福度が高いのか。どのようにして幸福度が高くなるようなシステム(のネガティブな面)とうまく付き合っているのか。私はそこにはノルウェー人の性格が多分に関係していると思っています。日本人からすると、ケッタイな考え方やポリシーを持つことで、総合的な人生の幸福度を上げている、そう思うのです。

そのケッタイな姿の片燐をこれからお届けしていきますね(^_-)-☆

以前、ノルウェーに初めていらした日本人の方に「こっちって、ベビーカーをたたまないでバスに乗ってもいいんですね!」ってびっくりされたことがあるのですが、バスに限らずトラム(路面電車)からNSB(ノルウェー国鉄)に至るまで、公共の乗りものには全てにベビーカーのスペースが用意されています。

Gazou 1

バスのベビーカー用のスペース。お母さんが座れるよう折り畳み式の座席も。

Gazou 2

トラムの扉の開ボタン。ベビーカーマークのボタンは、運転手さんにベビーカーが乗ってくるのを知らせる役割があるとともに、外からこの車両にベビーカー用のスペースがあることが分かります。

ベビーカー優先スペースが用意されている安心感からか、こちらのママたち、おちびさんを連れて結構出歩きます。また、産休が充実しているので、赤ちゃんが1歳近くなるまで時間的にも余裕がある。そういったママ&ベビーを対象としたイベントがいろいろあるのですが、今回はそういったイベントの一つ、赤ちゃん連れのママたちのための映画上映「ベイビーシノ」(Babykino)をご紹介したいと思います。

ノルウェーで子供を産むと、なんと、市がママ友グループを作ってくれます。同じ週に生まれた赤ちゃんの中で、比較的近くに住んでいる子を4~5人づつピックアップして一つのグループにし、検診などで利用する地域の母子センターのような場所で引き合わせてくれます。

もちろん、別に義務や強制ではないので、すぐに自然消滅してしまうグループから、赤ちゃんたちが大人になるまで20年以上も続いてるようなグループまで様々だそうです。では、そのグループで何をするかというと、大抵の場合、月1くらいで集まって、カフェやメンバーの家でおしゃべりしたり、公園に散歩に行ったりするのが定番なのですが、定番の選択肢の一つにベイビーシノがあります。
Gazou 2

シノはノルウェー語で映画館のこと、ベイビーは赤ちゃん、つまりジャパニーズ・イングリッシュぽく言えば、「ベビーシネマ」ってとこです。オスロでは複数の映画館で平日の昼間にベイビーシノの回を設けていて、多い週には6~7種類の映画の中から選ぶことができます。
上映ホールの横にはベビーカー置き場もあります。
Gazou 4

個人的に私は、せっかくわざわざ映画館まで足を運ぶのであれば、子供を預けて一人で行ってどっぷり映画の世界に浸りたい、という考えでしたので、以前は赤ちゃん連れの映画鑑賞という選択肢はありませんでした。ところがある時たまたまだったのですが、自宅から一番近い映画館Ringen Kinoがフェイスブックのページでベイビーシノの上映作品のリクエストを募集しているのを見つけたんですね。何気なく、マイナーなノルウェー映画をリクエストしてみたら実際に採用してくれたんです。採用してもらった以上、半ば義理のような感じで行ってみたら、想像していたよりもずっと快適に過ごせたという経験をしました。そのRingen Kinoに取材に行ってきました。

インタビューに答えてくれたのは、2008年からRingen Kinoで支配人として勤めているマリアンネさん。

mini_Gazou 3

マリアンネさんによると、ベイビーシノがノルウェーで始まったのは90年代の後半だそうです。ノルウェーより先に、お隣の国スウェーデンで行われていたのをノルウェーにも導入したとのこと。普通の上映と何が違うのかを聞いてみると、こう答えてくれました。

ホール自体は普通の上映と同じホールを使っています。ですが、赤ちゃんがびっくりしないように音を小さめにしています。また、客席の電気も明るめにしてあります。お母さんが赤ちゃんの様子を見たり、あやしたり、授乳したり、場合によっては立ち上がって通路に移動したりしやすいようにです。
そして必ず空席を作るために、チケットを全部売らないこと、この3点ですね。

空席をわざとつくるのは、赤ちゃんのものを置くスペースが必要であるのと、人が多いと赤ちゃんが神経質になってしまうので、リラックスできる環境を保つためにだとのこと。トイレにはもちろん、オムツ交換台やオムツ専用ごみ箱が用意されています。

また土日はベイビーシノの代わりに、幼稚園や小学校低学年のお子さんとその親御さん向けにお子様上映会「バルネシノ」(Barnekino)を行っているそうです。筆者も利用したフェイスブック上のリクエストサービスについても聞いてみると、6ヶ月前に始まったまだ新しいもので、リクエストが来た際にはできる限りその要望に応えるように努めています、とサービス向上に意欲的な答えが返ってきました。

また、他の映画館やスポンサーと一緒に、「バルセル・ブレイク」(Barsel break)という幼児の発達を促進するためのイベントも行っているとのこと。今回が3回目になるそうですが、毎回、知育の専門家を呼んで、指先をはじめとする全身を動かすことによる幼児の発達に関するレクチャーを行うのだそうです。幼児の知育発達のためのおもちゃがお土産についてきますよ、と現物を見せながら説明してくれたマリアンネさんに、最後に、どうしてそういった企画を始めたのかを聞いてみました。

―映画館は人が集まるのに適した場所です。特に子連れの方たちにとって。広いスペースがありますし、説明のための映像や写真を見せるのにもちょうどいい空間です。映画館の可能性、映画を上映する以外の可能性をお見せするいい機会だと思っています。

ベイビーシノは平日の昼間、複数の映画館で行われています。男性や赤ちゃん連れでない方も入場可能です。もし、小さいお子さまとオスロへ来る機会がありましたら、体験されてみてはいかがでしょうか。映画館でご自分のお子さまとセルフィー、なんていうのもいい思い出になるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です