愛すべきケッタイな国・ノルウェー オスロ便り③ 国立美術館のカフェ「フランスの間」

そういえばオスロ、5月初旬に雪が降りましてですね。さすがのオスロでも5月に雪は反則ですよ!!4月下旬にTシャツ1枚でオッケーなくらい暑い日が続いたもんですから、ごっそり衣替えをしちゃったとこだったんですね。そのノリで外に出たら、予想外の冷気の中を白いものがひらひら ……。異世界への扉を開けてしまったかのような感覚に襲われてめまいがしてしまいました。何年住んでもノルウェーの気まぐれっぷりはあなどれません。ツンデレの彼氏に振り回されてるってこんな気分なのかな、なんて思ったりしてるしぐりです。
さて、今回は子育てネタから離れて、ぜひ今のうちに行っておいて欲しいオススメのカフェのご紹介です。

こちらは国立美術館。2階にはノルウェーが誇る画家、エドヴァルド・ムンクの作品を集めた「ムンクの間」もありまして、オスロを訪れる旅行者がマストで立ち寄る場所でもあります。
この美術館、趣があってとても居心地のいい空間なのですが、ノルウェーが貧しかった時代の19世紀に建てられたものなので、国立美術館のわりにはこじんまりとしています。1882年にオープンしたのですが、10年後にはすでに小さすぎると議論されていたほどでした。
過去に何度も増築や移築の案が出ては資金面などの問題で計画が立ち消えになっていましたが、ようやく今、港のそばに新国立美術館の建設が進められており、2020年にオープン予定となっています。
つまり、この歴史ある美術館でムンクをはじめとする美術作品を楽しめるのも、新しい美術館が完成してお引越しするまでの期間限定なのですね。
そこで是非、機会があったら立ち寄っていただきたいのが「フランスの間」と名付けられたミュージアムカフェ。

入り口を入ると右手にミュージアムショップがあるのですが、その奥に見えるのが「フランスの間」。

今回はこのカフェの経営を行っているキュートな母娘、ギセラさんとイサベラさんにお話を伺ってきました。お母さんのギセラさんは経理とイベントの担当。2012年にイサベラさんが先代の経営者一家と美術館から「フランスの間」の経営の引き継ぎを打診され、2つ返事で引き受けたそうです。
「このカフェだったからこそ引き受けたの。オリジナリティがあって特別だったから。食事と芸術の融合という面でとても興味深いと思って。」とイサベラさん。

「フランスの間」という名前の由来は、フランス政府から贈られた17、18世紀の美術品が展示されていることによるもの。壁のレリーフや窓際のマリー・アントワネットをはじめとする胸像は、ルーブル美術館の工房で作られた正規のレプリカ。1923年にそれらの芸術品とマッチするようにデザインされた空間は、もともと彫刻などの展示室だっただけあって、床の木目模様といい大理石を模した化粧漆喰といい、一見の価値があります。

この部屋の設計を手掛けた建築家アーンシュタイン・アルネベルグ(Arnstein Arneberg)はオスロ市庁舎などの設計も手掛けた有名人です。

部屋の中央に2002年から置かれているモダンなキューブ状のカウンターは、現在活躍中のノルウェー人建築家クリスティン・ヤールムン(Kristin Jarmund)のデザイン。「このカフェのように、モダンと古典の調和した空間というのはオスロにあまりないわよね。」とギセラさん。格調高い雰囲気を楽しみながら、北欧風のシンプルな食事を楽しむことが出来ます。

スカンジナビア産のビールとフランス産のサイダーの数々。

イサベラさんのおすすめはランチのサラダ。燻製サーモンのノルウェー風サラダと、温かいシェーブルチーズを使ったフランス風サラダがあります。今回はフランスの間ということでチーズをチョイス。ちなみに、シェーブルチーズはヤギ乳のチーズです。

「でも、別に食べ物を頼む必要はありませんよ。コーヒーかお茶でかまいませんから、ここにゆっくり座って、このラグジュアリーな雰囲気を味わってほしいですね。」とギセラさん。
2020年に新国立美術館が完成した後、このカフェがどうなるかはまだ何もわからないとのこと。もしかしたら、こんな贅沢な空間を味わうことができるのも今のうちだけかもしれません。もし国立美術館にいらっしゃる機会がありましたら、絵画鑑賞後の足休めに、グラス1杯のフランスワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗情報
≪国立美術館 フランスの間≫(Nasjonalgalleriet, Den franske sal)
営業時間:火・水・金11:00 – 17:00、木 11:00-18:00、土日 11:00-17:00
(月曜日は美術館ともども休み。食事は16:00まで)
住所: Universitetsgata 13, 0164 Oslo, NORWAY
電話: (+47) 21 98 22 70
メール: denfranskesal@nasjonalmuseet.no
ランチ98NOK~、コーヒー34NOK~、紅茶・フレーバーティー44NOK~、スコーンNOK 47、ケーキ68NOK、ビール64NOK~、グラスワイン78NOKなど。(価格は2017年5月現在)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です