愛すべきケッタイな国・ノルウェー オスロ便り④ オスロ・プライド「傾(かぶ)き者の祭典」

こんにちは!数日前の夏至祭りで朝まで飲んでしまって、しばらく体が重かったしぐりです。
毎年この時期になると、街の中心地はレインボーカラーであふれだします。ご存知の方も多いと思いますが、レインボーカラーは多様性の象徴、LGBTの人たちのシンボルカラーですね。
今年は6月23日から7月2日まで、「オスロ・プライド(Oslo Pride)」というLGBTの人々の権利を守ろうと呼びかけるフェスティバルが開かれています。

オスロの市庁舎では、LGBTのアーティストの美術展が。
今でこそマイノリティーの権利に対する意識の強いノルウェーですが、歴史を紐解きますと、1163年の昔から同性愛禁止の法律があり、また1905年には同性で関係を持つと1年以下の懲役になるという項目が憲法213条に加えられ、1972年までその条項がいきていたそうです。
今でも70か国以上で、同性の恋愛が禁止されているとのこと。そういった現状に問題を投げかけるような作品が多数展示されています。

ちなみにノルウェー語で、LGBTの方々のことを「シャイベ(Skeive)」と言ったりします。
「傾いている」って意味の形容詞「シャイブ(Skeiv)」ってのがありまして、一緒に使われる名詞によって語尾が変わりますが、「ここの床、シャイブト(Skeivt)じゃない?」みたいな感じで普通に使われてる形容詞です。つまり、「シャイべ」ってことは「傾(かぶ)き者」ってなニュアンスなんじゃないかなぁと思うんですが、なんか、かっこよくありませんか?

王宮に至る目抜き通り、カールヨハンス通りにある「スピーケルスッパ(Spikersuppa)」という噴水広場では、「プライド・パーク(Pride Park)」という特設会場が。

驚いたのは食べ物や飲み物を売るブースに混じって、多くの政党のブースが立ち並んでいたこと。立ち寄って話をしてみました。

警察やノルウェー軍もLGBTを支持・保護する立場にあり、仲間として職場に受け入れていることをアピール。

連立与党を構成するHøyre(保守党)。
オスロ支部のリーダー、エイリック・ソルベル(Eirik Solberg) さんが党が掲げている取り組みについて詳しく説明してくれました。
進歩的なノルウェーとはいえ、残念ながらいまだに学校や職場でのいじめや差別が残っているそう。それをなくすために、与党としてどのような政策に積極的に取り組んでいるかを、時間をかけて教えてくれました。

保守党とともに与党を支えるもう一つの政党、FrP(進歩党)では若い党員、マチルデ、マルティン、アンドレアスが若年層に対してアピール。
レインボーカラーのマニキュアを用意して、道行く人々に活発に話しかけていました。

Rødt(共産党)のブース。少数派であるからといって多数派に合わせる必要はない、少数派であったとしても多数派と等しい権利を持つべきだ、という概念を強調していました。
「ここでブースを出すのは安くないから、野党の私たちとしては大変だけど、LGBTへの支持を表明するために頑張っているわ。」とマーリットさん。

労働組合のブース。職場や労働環境において差別がないように、労働組合としての立場を説明してくれたヘーゲさん。

また、面白かったのは、ベルゲン大学とオスロ大学のブース。

オスロ大学の文化歴史博物館では2008年から毎年のようにLGBTをテーマとした特別展を開催しているとのこと。
過去の展示や、大学で行われる予定のLGBTを取り巻く文化関連のレクチャーに関する情報を教えてくれました。また、LGBTを表明しているオスロ大学の学生や職員のインタビュー映像を流していました。

ベルゲン大学はLGBTに関するユニークなアーカイブを所蔵しています。
トーネ・へレスン(Tone・Hellesund)教授個人の研究資料を基にしたアーカイブだそう。そのアーカイブを利用した特別展「Skeivt uteliv」が、オスロ大学文化歴史博物館で8月末まで開かれています。

展示について教えてくれたのは、ベルゲン大学のハイディ・ラフト(Heidi・Rafto)さん。
社会人類学の立場から、LGBT資料を展示することの重要性を語ってくれました。
「資料を保存という形で眠らせておくのではなく、目に見える形にすることが重要でした。また、オスロという首都で開催することが大切でした。世界中から来る様々な人に見てもらえるチャンス、考えていただけるチャンスが高いでしょう?」

飲み物・食べ物の持ち込みは禁止されていますが、入場は無料。特設ステージではコンサートも行われていますので、ビアガーデン代わりに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

7月1日にはグルンランド(Grønland)という地区から会場までパレード(Pride Parade)も行われます。

特設ウェブサイト(ノルウェー語)https://www.oslopride.no/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です