レンナルト メリ タリン空港

ボン・ボヤージ!ますます魅力的な空港、レンナルト メリ タリン空港。

皆様、お暑うございます!日本は厳しい夏ですよね、、、お見舞い申し上げます。
タリンでお会いするお客様がよく口にされるのが「帰ってからの暑さが怖い!」です。どうか、無事に乗り切ってくださいね。

私はこちらに移り住んでから季節をというか、天気をより一層楽しむようになりました。
と言っても日本に住んでいる時も冬はスキーに、春には山菜獲り、夏は海を楽しみ、秋は紅葉をっと十二分にしていたつもりなんですが、日の長さや気温が関係してるのでしょうか、こちらだと限界があるのですよね。
2月になるとちょこっと顔を出し始める太陽に感謝!風がちょっと弱い日にも感謝!恵の雨に感謝!雪の明るさにも感謝!なんですよ。今までこんなこと思ったことなかったんですがね、不思議です。

これは私が改心したわけではないんですよ。時々「明日は雨だって〜!」っなんて文句を言う時があるのですが、こちらの人は決まって「雨も必要よ。」と答えます。人間中心ではなく自然に寄り添って生きているんだなっと実感する時です。
この傲慢にならずにいられるのは毎回すごいことだと感心してしまいますが、エストニア人にとってもこの涼しすぎる夏、文句など言わず最大限に謳歌しています! 突然の雨でも濡れることを一切気にせずにいる姿は、雨ですら楽しんでるように見えるんですよねー。幸せな国民だなぁっと心から思いますし、そうなりたいと思ってしまいます。

さて、超爽やかな夏のタリンからお届けしています今回のホットな情報はタリン国際空港です。

ご存知でしたか?タリン国際空港の別名を。「レンナルト メリ タリン空港」と言います。

このレンナルトとはご存知の通り人物名でして、エストニア独立回復後初の大統領です。
外交官の家に生まれ、6ヶ国語を自由に操れ、タルトゥ大学を優秀な成績で卒業と一見華やかに聞こえますが、実は家族でシベリア流刑され厳しい労働を強いられたという辛い過去もある彼は、歴史学者になることは許されませんでしが、作家や映画監督として活躍し、後に政治家となり国外にエストニアの存在をアピール、バルト三国を協力させソ連からの独立運動を加速させた凄い人なのです。
2001年までの二期をお勤めになられ、5年後に76歳でご病気で亡くなられました。ですから彼の功績を称えると共に彼の名を後世に残したいということなんですね。

この空港、今年は滑走路も拡張され今後大型便の増加も見込まれますし、シティセンターと連結してトラムの空港乗り入れも間もなく完了します。

チェックインカウンターも増設され、手荷物セキュリティチェックのエリアも拡大、ますますファッショナブルで使い心地良い、居心地良い空港へと変わりつつあるのです。

今回の改装工事が始まる前からも世界中から”居心地よい空港”と評判いただいているのをご存知でしたか?
小さいながらにもショップ、カフェ、パブリックゾーンなど多様で充実しているんです。
グランドピアノのある空港なんて見たことあります?大きなチェスで遊べる?カプセルに入ってお昼寝?!などなど、小さな国だからと侮っていたらびっくりですよ!

飲食店では旅先でホッとする和のテイスト「徳丸」の寿司とおうどん、そしてお気に入りのワインと最高のおつまみが必ず見つかるワインバー「Rosin」。サブウェイに5つのカフェとパブ。この中でも気持ちいソファに座りながら本棚の本に手を伸ばし好きなお茶を楽しめる「スイーテストカフェ」が人気です。

ショップの方では自然派コスメなども取り扱ってる薬局や、カレヴチョコレート・玩具店、靴下ショップの「sokisahtel」では楽しくなって時間を忘れてしまうので注意です。
「グッズ オブ エストニア」は素朴なエストニアハンドクラフト製品がずらりと並び、お土産の買い足しには丁度良いですね。その他衣類、デジタルデバイス、キオスク、タックスフリーショップなどはもちろん入っています。

お子様連れの方もご安心を!ゲート近くにはエストニアのアニメのキャラクタで犬娘「ロッテ」のプレイグランドがありますのでたっぷり遊んでくださいね。

大抵の方はこの先乗り継ぎや入国審査などで充分なお時間がとれませんのでここはひとつ、腰を据えてタリンの空港を楽しまれることをお薦めいたします!そして、タックスリファンドもタリン空港でしたら少しのお時間でお手続きすることができますのでお忘れなく!

まだまだ夜は明るく長〜いです。皆様のお越しをお待ちしています!
タリンからヴァッセルがお届けしました。

https://www.tallinn-airport.ee/en/restaurants/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です