なかなか豊富でお手頃価格、タリンで調達できる人気自然派コスメ!

皆さま、こんにちは。
タリンはまさに今が紅葉のピーク!緑が多いタリンだからこそ町中でさえ紅葉を楽しめちゃいます!
あーっ、キレイ、キレイ!っという陽気さは、もしかしたら直ぐそこまで来ている、”くらいくらい冬”の訪れからの逃避。。。?
いえいえっ!直ぐそこまで来てるのはクリスマスですね!タリンにお来しになる皆さま、ご安心を。

もうこちらでは暖房もつき始め、お肌の乾燥も感じられる季節になりました。
そこで今回、取り上げたいのは自然派スキンケア製品。

エストニアではかなりの人がエコ(エストニアではökoと表記)製品に興味を持っているんです。日本ではオーガニック製品とも呼ばれている物ですね。
情報誌、ウェブサイト等にも書かれたりしていますが、エストニア人の多くはこんなことを言います。
「スキンケア製品の約60%が皮膚を通して血流に吸収され、毎年2kg以上の化学物質が身体に入ると推定される」と。
そして細胞に保存され、遅かれ早かれ健康に影響を与えるんだと言うのです。

このような理由から、消費者はますます天然成分やエコ製品を好む傾向があるんですね。そして今ではエストニア、日本に限らず、世界でも自然派の考えを持つ人たちは増加しているとも言えるのではないでしょうか。

そこで、何をもって”エコ製品”と呼べるのか。大まかではありますが、エコ製品には一定の規則があることがわかりました。

一つめに、天然製品は主に植物、動物および鉱物質で構成されて、不要な合成アロマ、防腐剤および乳化剤を含まない。
二つめには、天然植物や動物の成長する環境について。特別に準備された土壌であること。
三つめはパッケージング。 製品を長持ちさせるために、空気のアクセスは最小限に抑える必要がありますし、エッセンシャルオイルやハーブアルコールの添加などは、天然防腐剤の役割があるんだそうです。(もっともっと細かい規則もありますが、今回は省略させていただきます)

そして気をつけたいのがアレルギー。
いくら天然成分であってもいくつかの植物にアレルギーを起こすこともありますので慎重に製品のラベルを見たり、前腕の内側などで製品を試してみることが必要ですね。パッケージで使われている合成材料(プラスチック)が活性成分と反応することがあるので、気になる方はガラスパッケージの物をお選び頂くのも良いかと。
ここではほんの一部をご紹介します。

JOIK(ジョイク)
ノルディックでシンプルなスタイル。優れたエストニアの企業で、天然の化粧品とアロマキャンドルなどを生産。その製品はデパートや土産店などの店舗で、そして日本でも販売。 すべての製品は自然なもので、美しい外観と良い香りを楽しみながら自然の力で肌に栄養を与えます。

GN
グリーン・ネイチャーの 目標は、天然成分から化粧品を女性と男性の両方に提供すること。 2011年以降、生産はEASの支援を受けた新しい生産施設で行われ、ロゴを変更しGNとなる。生産はタリン近郊のユリ・テクノパークの近くにあり、ハイテク機器だけでなく手作り製品を製造。100%認可された天然原料と有機植物油と有機精油のみを使用し豊富な製品を提供。

Signe Seebid OÜ(シグネセービ)
高品質の原材料を使用し国内の化粧品製造工場にて天然化粧品を生産。 天然アロマオイルと植物、着色には植物、酸化物、泥、粘土、ココアなどの天然物質を使用。 幅広い商品とリサイクル材のパッケージングで環境に配慮(Packaging Recovery Organizationに加盟)していることも特徴のひとつ。何世紀にもわたって医学の重要な要素となってきた精油がキー。


その他、Nurme(ヌルメ)ですとかaesti(アエスティ)、Natura Siberica(ナチュラシベリカ)等、まだまだありますが多くのメーカーが幅広い品揃えとリーズナブルなお値段で提供しているので誰でも気軽に挑戦できるんです。
全てに共通して言えることは、リラックス、リフレッシュすることで心と身体の両面をケアし、免疫力を高めることが健康への一番の近道ではないかなっという感想を持ちました。

せっかくですから、身体にも地球にも優しい物を取り入れたいですね。なんだか優しい気分になったところで、、、お別れのお時間です。タリンからヴァッセルがお届けしました!

エストニアでの一般的なアロマオイルの使用例をご紹介。

エッセンシャルオイルの使い方:
・アロマランプ:1〜6滴をアロマランプへ。
・キャンドル:キャンドルに着火せず、ワックスが溶けるまで待ってから、暖かいワックスに1-2滴を加えてください。(エッセンシャルオイルは引火性がありますので、火に直接落とさないでください)
・加湿器:加湿器に1〜9滴を加える。

バス/シャワー
バス:湯船に8滴まで。 浴室の扉を閉じて臭いが飛散しないようにし、少なくとも10分間お楽しみください。
シャワー:8滴まで。 身体を洗った後、エッセンシャルオイルを直接スポンジに加えて、スポンジで軽く流してください。 エッセンシャルオイルの香りがお楽しみいただけます。

治療のため:
温罨法は原因とされる悪い物を身体から放出し、冷罨法は痛みと炎症を和らげると言われています。洗面器に温水または冷水を入れ、2〜3滴の精油を加えます。 タオルを水面に置き、油を吸収させ、適切な場所に15〜20分間置いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です