タグ別アーカイブ: カフェ

eyechatch_chochopilt-14

チョコ・チョコ・チョコ!! タリンに広がる本格手作りチョコレート店!

皆さんこんにちは。日本はそろそろ桜の時期でしょうか?ほんの、ほんの少し春めいたおとぎの国、タリンも既に観光客が増えてまいりました。

そんなタリンからヴァッセルがお届けする今回のホットな情報は”チョコレート”です。

はい、はい、わかっております。バレンタインデーも終わっているのに〜?!なんて声が直ぐに聞こえてきますね。そう思った貴方様、チョコは年に一度だけ、召上がる物でしょうか?いえいえ、今や男性、女性を問わずに日常的な食べ物になっているのではないでしょうか。こちらにこんな言葉があります。”春の疲れ”…よく人々がこの時期に口にするのですが、それは単に体内ビタミンが底をつくだけでなく、長く暗く寒い冬と雪溶けのどろどろ水溜りに、疲れを感じるようになるんですね。そうです!そこで甘いお菓子で活力を補い生き延びてきた、まさに先人の知恵なんです。っと言っても私には一年中たんまりと甘いモノを召し上がってる人種にしか思えない時もありますが、、、

チョコレートの話しに戻ります。エストニアに初めてチョコレートの会社ができたのが1806年。Kalev(カレヴ)という現在も残る老舗店でマジパンでも名高く、タリン旧市街やエストニア全土に展開しています。どこのスーパーでも見かけるこのカレヴの製品は、タリン郊外にある大きな工場で大量生産をする一方、手作りチョコレートやマジパンも手掛けていて、観光客だけでなく、深くエストニア人から愛されているチョコレートの代表店とも言えます。

今回は旧市街のとなり、ロッテルマン・クウォーターにある支店(住所Roseni7) にお邪魔しました。

旧市街にあるカレヴ本店「Maiasmoka(マイアスモック)」同様、マジパンワークショップの他、チョコレートワークショップもあり、店内はまるでおとぎの国のお菓子屋さんという雰囲気を醸し出しています。
20170318_135837-4

カフェはないものの店内はお得な量り売りやセール品が常時あり、ついお土産選びに時間を費やしてしまいます。去年、210周年を記念して発売された限定チョコレートや先日エストニアベスト食品コンテスト焼き菓子部門において金賞を受賞した「Tulaku」チョコレートは現代の嗜好に合わせながらもどこか懐かしさを感じる味わいにそれぞれ仕上げた作品で人々から絶大な人気を誇ります。手作りチョコレートを含め、安心する味と良心的な価格もその根強い人気に拍車をかけていると感じます。

次に注目したいのがChocolala(住所Väike-Karja1)。

旧市街ラエコヤ広場から徒歩一分という最高な立地にもあぐらをかかず、店内にはいつ行っても新しい何かがあり、常に新製品・新デザインを開発している知名度の高いお店。それもそのはず!2015年インターナショナルチョコレートアワード・東ヨーロッパ大会にて金・銀・銅を数々の部門で受賞した輝かしい栄光を持っているのです。空港内やストックマンデパート、カウバマヤショッピングセンターなどと言った大手で購入出来るのが便利なことでもあります。こちらでもワークショップがあり、チョコレート作りだけに限らず、お茶付き、お土産付きの濃い内容となっているのでおすすめです。
20170318_132749-9

20170318_132908-8

旧市街のお店では、ホットチョコレートで暖かく迎えてくれました。

もうひとつ皆さんにホヤホヤの湯気が見える一番ホットなお店をご紹介します。CHOCO・KOO(住所Teliskivi33)、テリスキヴィクリエイティブシティから真っ直ぐ徒歩6〜7分のところにチョコレート工房があります。
20170318_124629-11
ややシティセンターより離れ、半地下という立地は隠れ家的な印象を受けますが存在感は徐々に大きくなりつつあります。っというのも、去年行われたエストニア独立記念パーティーではこの小さな工房から数千個ものチョコレートを各国の要人が出席する大きな舞台でお披露目する最高の機会となったわけです。その裏付けとなったもの、それは見える職人の顔、見える生産者の顔、見える安心、見える美味しさにあるのではないかと思います。
20170318_124819-13

とりわけヨーロッパの方々は自然派志向が高く、ここエストニアでもその傾向が高まりつつあります。そんな中、職人が修行を重ねてきた国、コスタリカから最高と呼べるカカオを仕入れ、修行を重ねたフランス、イタリアの職人たちの助けを借り、一切混ざり物のない本物のチョコレートを作り上げてきたそうです。現在はタリンにある数々のレストランからシェフたちが勉強に来るほどです。店主のクリステルさんは、常連客でもない私を気持ちよく迎えてくれて真っ赤な唇のチリ味チョコレートをひとつ私に差し出してくれました。以前お邪魔したことを覚えていてくれたのです。そして、普段目にすることのできないカカオの実とその中にある種を見せ、割って味見させてくれました。なんとも香ばしくほのかに甘い、まるでナッツを食べているような感触です。
20170318_130026-12

クリステルさんの真っ直ぐな目、自信が溢れ輝いてる姿はとても印象的で、それは私にまでエネルギーが伝わりチャージされたような気分になりました。ショーケースの中にはどれも興味をそそわれる十種類ほどのチョコレート。窓側にはちょこっとお茶ができるスペース。入り口横には作業場が。全種類を制覇するにはまだまだ時間がかかりそうです。次回はもう少し長居させていただくとして。。。
chochopilt-14
どうです、タリン? いつでもチョコ!チョコ!楽しめますよ。こちらは夏も爽やかですから〜
それでは皆様のお越しをお待ちしていまーす!
タリンに行くにはヘルシンキからが便利!タリンクシリヤラインでタリンでお茶しに行きませんか?タリンクシリヤライン ヘルシンキ➡タリン

aurorasafari-3

トロムソダイアリー:トナカイレースを見てきました!

こんにちは!トロムソの桑原です。

2月はじめに街のメインストリートをトナカイが駆け抜ける、トナカイレース「Reinkappkjøring」が開催されました!

サーミ民族のナショナルデイをお祝いする、サーミウィークのメインイベントでもあります。
reindeer-11
広場ではサーミの食べものや民芸品も販売されていて、わたしが食べたのは「Bidus(ビードス)」。サーミの伝統料理で、野菜がたっぷりはいったトナカイのスープです。トナカイレースを見ながら、トナカイスープを飲むなんて、なんだか申し訳ない気持ちもしますが、、、(苦笑)

北極圏ならではのユニークなイベント、おもしろかったです。

それではトロムソの最近の状況を報告しますね。まずは「積雪とオーロラ」の状況から!

2月はじめは雲ひとつない快晴の日がしばらく続き、さらにその後は雨が降ったこともあり、街の中心街はほとんど雪がない状況でした。
ようやく先日から雪が降りはじめ、また来週はトロムソでも雪がつづく予報です。寒い日はマイナス10度近くまでさがる予定なので、みなさんあたたかい洋服でおこしくださいね。

さて気になるオーロラですが、街の中からも緑色のオーロラが見える日が何日かありました!しかし、天気が不安定な日は、オーロラのツアーに参加しほうがやはり見える確率はグンとあがりますね。
こちらはわたしが「大型バスのオーロラサファリ」に参加したときに撮影したものです。到着してしばらくはオーロラが出なかったのですが、2時間ほど待った後、急にオーロラが空に出現して、ゆらゆらと30分ほどダンスを見せてくれました。真っ白の雪の山の間から見えるオーロラは、やっぱり特別ですね〜。

次はお客さまからよく聞かれる、おすすめの「カフェ情報」です。

こちらは街の中心街からすこしはなれたところにある「Svermeri Kafe」。
cafe-4

トロムソの中でも隠れ家的なカフェです。コーヒーと紅茶、そしてケーキがメインのお店なので、ランチにいくというよりも、ちょっと休憩したいときによいかと思います。
日替わりの自慢のケーキが数種類ならびます。この日は紅茶とキャロットケーキをたのみました。カルダモンのスパイスがふわっと香って、おいしかったですよ。
cafe-6

店内も居心地がよく、毎回ここに来ると長居してしまうのです。ぜひ町歩きでちょっと休憩したいときに訪れてみてください。

『Svermeri Kafe’ og Redesign』
住所:Skippergata 2, 9008 Tromsø
営業時間:水・木・金)11:00-17:00 土)11:00-16:00 日)12:00-15:00(月、火はおやすみ)

トロムソはオーロラだけでなく、カフェやパブなども充実していますし、水族館やビール工場があったりと見所たっぷりの街です。ぜひみなさま、お越しくださ〜い!

ヘルシンキにNew Openな美味しいスポット!

お洒落レストラン街が市内中心にOPEN!

ヘルシンキの市内中心の人気ショッピングモールカンピに12月新しくレストランフロアが5階、6階にOpens。このKampin Kortteli にはヘルシンキだけでなくストックホルムからの人気レストランも集合し、さっそくヘルシンキの新人気スポットとなっています。
IMG_42621

ハンバーガーの有名店からミシュランスターレストランの姉妹店まで幅広い層のレストランが集結しているのですが、その中でも人気が高いHOKU(ハワイアンジャパニーズのお料理で有名)に行ってみました。Hokuはプナブオリというヘルシンキのデザイン地区にあったのですが、去年の夏火事で焼失してしまいましたが、Kamppiに復活!という点でも話題のお店です。
IMG_42591
前菜に牛肉のたたき、メインはポークフライ、Bibimbap、どのお料理もとっても美味しい!ポークフライは煮豚のフライの様、BIBIMBAPに含まれているお肉もとっても柔らかく味も甘辛い味付けです。
IMG_42541

IMG_42561

IMG_42571

ストックホルムからはパリでも支店を構える人気店Beijin8(餃子のお店)、Date +Kaleは話題のヴィーガンレストラン。6階にはBarconお洒落なタパス料理とバーが楽しめます。
IMG_42601

IMG_42641

4月まではまだまだ寒い日が続くヘルシンキですが、ヘルシンキっ子たちはアクティブに暖かいショッピングモール内のお洒落なお店でお喋りを楽しんでいます。人気店のため予め予約が必要なお店もありますが、ぜひ人気スポットを覗いてみてはいかがでしょうか。

フィンランドの立ち寄り旅

ヘルシンキに出来た新名所。おしゃれ空間でのサウナ体験はいかがですか?

ヘルシンキの新名所Löyly でサウナ体験とお食事を。

ヘルシンキの元工業地域のヘルネサーリ。ここに、今年5月に新名所がオープンしました。Löyly(ロウリュ)公共サウナとレストランの複合施設です。フィンランドといえばサウナ発祥の国、フィンランド人はやっぱりサウナが大好きです。オープン以来地元の方の人気スポットとなったLöylyですが、ツーリストでも気軽に楽しむことが出来ますので、サウナ発祥の国でのサウナ体験はいかがでしょう。
löyly1löyly8
市内からのアクセスにはトラムとバスを利用するのが便利です。(中央駅からはトラム3番で
Eiran sairaalaへ、そこから歩いて10分もしくはバスでお越しください。)
施設内には統的なスモークサウナとストーブ式のサウナがあり、サウナで温まった後は、直接海にザブン!と入る事もできます(体調とご相談くださいね!)また、サウナは男女共用ですので、絶対水着着用です!!スーツケースに水着を入れる事をお忘れなく。
löyly6
löyly4
このサウナの営業時間は毎日13時から22時まで(火曜日のみ16時からオープン)。利用料金は、2時間19€、タオル、シャンプーとシャワージェルが利用できます。(2時間で足りない!という方には10ユーロで1時間延長が可能です)また、水曜日と土曜日は朝7.30~9.30まで、朝サウナの営業も行っています。人気のサウナ施設ですので、HPから事前の予約と支払いをお勧めします。※オープン時間や料金等は変更に成る可能性もありますので、HPをご確認ください。
サウナの後はLöylyのもう一つの顔、レストラン(バー)はお食事やカフェ使いとしてお友達とおしゃべりしたりするのにも最適。ヘルシンキにお越しの際はおしゃれな空間でのサウナ体験とお食事を楽しんでください。
löyly3

löyly7

 

löyly5

 

北欧3都市周遊 3泊4日 (ヘルシンキ発)

admin-ajax

フリーマーケットに宝探しに行きましょう♪♪

月になり学校や一般企業は夏休みに期間に入りました。フィンランドは企業や団体によって異なりますが、普通4週間~5週間の夏休みです(!)街では日中子供連れの家族を良く見かけるようになりました。

フリーマーケットも夏に盛んになるイベントです。観光中に立ち寄りやすいマーケットはヒエタラハティの蚤の市。曜日(と店主さんの気分!)によって営業時間は変わりますが、蚤の市は9月まで毎日行われています。運が良ければ今は製造していないムーミンマグや、マリメッコ、イイッタラなどのレアな商品が見つかります、宝探しの気分で足を運んでみてください。ただしお店ではクレジットカードは使えませんので、現金を用意してお越しください。

お買い物の後には蚤の市の側に建つヒエタラハティのマーケットホールで休憩を。元々アンティークショップが入っていた事で知られるマーケットホールですが、数年前リノベーションがあり、現在は沢山のカジュアルなレストランやカフェが軒を並べています。お肉屋さんが運営するステーキやバーガーが美味しいレストラン、ラーメン屋さん、イタリアン、韓国風料理のお店など様々です。OKONOMIYAKIバーガーを売るお店もありました!市内でのレストランの価格と比べると少しお安い気がします。お買い物と合わせて是非こちらにもお越しください♪
IMG_36451

IMG_36491

IMG_36521

IMG_36541

IMG_36531

IMG_36471

20160401_121013_resized

フィンランドのおすすめ商品一覧

夏限定!ヘルシンキ観光の休憩には自分だけのアイスクリームバーを♪

夏限定!自分だけの特別なアイスクリーム

6月に入って雨が降り続き気温が10度以下まで下がったりとお天気が安定しない日が続くヘルシンキ、でも晴天の日になれば23時近くまで昼間みたいな明るさになります。6月25日は夏至祭で、前日24日は夏の大イベントの夏至祭イブ、街にいる人々もなんとなくお祭り前で浮かれているようです。

もう1つ、夏の風物詩といえばアイスクリーム!フィンランド人は冬でもアイスを食べるほどアイスクリームが大好きですが、夏になるとアイスクリームを片手に街を歩く人を良く見かけます。
MGN1

お店の名前はMAGNUMお店の場所はVANHA YLIOPPILASTALO、有名な三人の鍛冶像の前です。店内に入ったらまずレジでお金を支払います。その後、カウンターに行って11種類のトッピングの中から好きなトッピングを3種類選びます。あとはベースとなるコーティングチョコレートをダークチョコレート、もしくはミルクチョコレートから選びます。
MGN3
MNG4

店員さんが選んだコーティングのチョコレートにミルクアイスバーを浸した後、選んだトッピングを載せ、デコレーションしてくれます。自分だけの特別なアイスクリームバーが出来ました!涼しい店内で食べても、近くのエスプラナーディ公園で食べるのも良いですね!
このお店は8月20日までの限定OPENです、期間中にヘルシンキにお越しの方は夏の風物詩を楽しんでください!
MGN6

MGN5

MGN4

北欧3都市周遊 3泊4日 (ヘルシンキ発)

FullSizeRender(2)

ロヴァニエミで、ラップランドならではのお料理に舌鼓!

みなさん、Moi!
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします!
ロヴァニエミでは、大晦日にケミ川のほとりで約15分間花火が上がりました★
大勢の観光客と地元の人で盛り上がってました!
FullSizeRender(2)
目抜き通りのKoskikatuでも、小さな露天マーケットが出ており、雑貨やお茶に
足を止める観光客の方を多く見かけました。
(After Sauna Teaというフィンランドらしいお茶もありました)
IMG_8826
今回は、サーリセルカに引き続き、ロヴァニエミもレストランの紹介をしたいと思います♪

【Cafe & Bar 21】
市内中心部Rovakatu通りにある、ワッフルのお店&お酒も飲めるバーです。
Cafe&Bar 21
ワッフルといっても、甘いスイーツワッフルだけでなく、小エビやサーモン等のお惣菜ワッフルがあり、お手頃な価格でお食事としてご利用いただけます♪(€11.7~)
FullSizeRender(4)
ランチタイムも夜も地元の若者で満席状態です!

http://www.cafebar21.fi/#about

【Arctic Boulevard(アークティック ブールバード)】
2015年4月に出来た新しいラグジュアリーホテル「Arctic Light Hotel」の1階にあるおしゃれなレストランです♪
IMG_8935
トナカイ肉や北極イワナ、リンゴンベリー等、ラップランドならではのお料理をお楽しみいただけます!
IMG_8696

IMG_8977

 

http://www.arcticlighthotel.fi/en/restaurant/

1月の1週目は-30℃とロヴァニエミは大変冷え込みますが、オーロラも出現率も
上がってきています♪皆様のお越しをお待ちしております!

IMG_4445

スコーネ地方独特のローストコーヒー???

こんにちは!皆さんはスウェーデン南部のスコーネ地方のコーヒーを飲んだことがありますか?

今日はスコーネ地方のマルメのカフェとレストランをご紹介します。

まずこちらはマルメの市庁舎 “Malmö Rådhus”。
IMG_4452

街の中心の広場 “Stortorget”(ストールトーリエット)の噴水の目の前に
堂々と佇むこの建物は1500年代に建造された歴史ある建物です。今回ご紹介するのは、この市庁舎の地下にあるレストランです。
歴史ある市庁舎の階段を下り、ろうそくの灯る建物の地下に入っていくとレストランがあります。
IMG_4459
ランチメニューは手ごろな価格で、地元のお客さんが多いみたいです。
ぜひ皆さんも市庁舎のレストランを試してみてはいかがですか?

“Rådhuskällaren”

URL: www.radhuskallaren.se
Address: Stortorget 2
211 35 Malmö
Tel: +46(0)40 79020

ランチの後は、マルメで3つのカフェを展開している地元のカフェ”Caffe Factory”でのんびりFIKA。
IMG_4451 IMG_4448
スコーネ地方のコーヒーはどんな味がするのでしょうか?
スコーネ地方独自のコーヒー豆のローストの仕方があると聞いたので
興味深々・・・。
IMG_4446 (1) IMG_4449

感想は(なんとなくですが・・・)少し酸味が強くって濃い味わいのコーヒーという感じがしました。
甘いお菓子が進む、大人の味でした。
IMG_4445

皆さんもマルメを訪れた際には一度スコーネ地方のコーヒーを試してみてはいかがでしょうか?

“Caffe Factory”
Address: Hamngatan 4, Malmö
Tel: 040-308 070

Royal+Smushi+cafe+and+dessert

デンマーク名物と日本の寿司のコラボ、スムシってご存知ですか?

皆さんこんにちは!
北欧フードといえば、フィンランドのカレリアパイ、スウェーデンのヤンソン氏の誘惑、ハート型のノルウェーワッフル、その他いろいろありますが、
デンマーク名物といえばオープンサンド、スモーブローですね。ライ麦パンなどにバターを塗って、にしんやサーモン、ハム、卵などなどを山盛りのせていただく
ボリューミーなオープンサンドです。
Smørrebrød
(c)Maria Nielsen/visit denmark

このスモーブローはコペンハーゲン市内のお店でも食べることができますし、もちろんテイクアウトのできるお店もあります。

でも、今回皆さんにご紹介したいのは、このデンマーク名物と日本のお寿司がコラボレーションした新感覚オープンサンド、スムシ(SMUSHI)。ネーミングもなんだかほほえましいでしょ?
ロイヤルコペンハーゲン本店の中庭にある「ロイヤルスムシカフェ(Royal Smushi Cafe) でいただけます。
Royal+Smushi+cafe+outside
オープンサンドとお寿司のコラボといっても、一口でペロリ!といただくにはちょっと大きめのサイズです。フォークとナイフで召し上がれ!
Royal+Smushi+Cod+fish
↑ライ麦パンの上にベーコンと野菜が山盛りのスムシ!エディブルフラワーの飾りつけがちょっと和テイスト。
Royal+Smushi
↑サーモンとクリームチーズのスムシも美味しそう!

ロイヤルコペンハーゲンのお皿でサーブされるスムシはコペンハーゲンならでは!
smushi3

店内のインテリアはとってもスタイリッシュ。
00Royal+Smushi+cafe++Interior 15092

スムシのほかにデザートもありますよ。
Royal+Smushi+cafe+and+dessert
↑この時のラテアートはなぜかクマさん!

お買い物やお散歩で疲れたら、ロイヤル・スムシ・カフェにぜひ立ち寄ってみてくださいね!

00DSC_0227

北の果てにこんなに美しい街が。トロムソ!

トロムソと聞いて皆さん何を思い浮かべますか?

よく言われるのが「北のパリ」。 理由は定かではありませんが、「こんな北の果てにこんなに美しい街が!」と思われたのでしょう。北の果てなんて聞くと凍えるような寂しいところだと思われがちですが、メキシコ湾流の影響でそれほど寒くは感じないものです。

あ、でも薄着でお出かけになるのはお勧めしませんが・・・。

本家「パリ」ほどではありませんが、トロムソにはお洒落なカフェやレストランがたくさんありますよ。

お勧めは自家製ケーキが美味しい「Aunegården」。

Aunegaarden01  Aunegaarden02

140年以上前の建物を改装していてシックなたたずまい。意外でしょ?!

それから、トロムソに来たらぜひ上っていただきたいのが郊外のStolsteinen(ストールスタイネン)山。ロープウェーが毎日運行しています。
山頂の駅にはカフェもあるんです。ここでハート型のノルウェーワッフル、召し上がりませんか?

展望台もあるので、お天気がよければトロムソ市内を一望できますよ~。爽快~!
?????????????????????????????

ノルウェーの人に聞いても「何故トロムソがパリなのか?」明快な答えは得られず、謎は深まるばかりなのでした。

皆さんも、お洒落なお店やステキな景色を楽しめたりするトロムソ、出かけてみませんか?

もちろん、オーロラ観測にもオススメですよ(^_^)
00Tromso_Aurora

オーロラ x都市観光 x アクティビティ3つが楽しめる街。北ノルウェー オーロラツアー・トロムソ 3泊4日