タグ別アーカイブ: サウナ

7

ロヴァニエミダイアリー:1泊2日でサウナ巡り💛

Moi(こんにちは)!ロヴァニエミ支店のIKUEです。
次第に日照時間が長くなってきた北極圏。
太陽から射すキラキラした光を眺めていると、突然・・・旅行に出かけたくなっちゃいました。
皆さんもこういった衝動に駆られることってありません?何かに突き動かされること。
私は、『思い立ったが吉日』、即行動しないと気持ち悪い性格なので、行ってまいりました。
ロヴァニエミから1泊2日で訪れることが出来る、RUKA(ルカ)という街へ♪

ロヴァエニミから約200キロ、車で約3時間弱にあるRUKAというエリアですが、あまり日本の皆様には知られていないのが、残念。フィンランド人には勿論、最近では英国など欧州各方面からもチャーターフライトが飛ぶほどのフィンランドで人気のスキーリゾートです。
その規模は、な、な、なんと・・・
ノルディック・スキーのワールド・カップも開催されるほどの大きさを誇ります。
しかし、私・・・お恥ずかしながら、スキーもスノボも不得意で、スキー靴を履いた瞬間足を攣ってしまうほどです。では、わざわざそんなスキーリゾートへ何をしに行ったの?と思われたブログをご覧の皆様。ご紹介させてください。

今回の旅のテーマは、『フィンランドを感じよう』でした。
フィンランドと言えば、皆様何を思い浮かべますか。
サンタクロース?トナカイ?ムーミン?オーロラ?
色々ありますが、銭湯や温泉好きの私としては、サウナを挙げます!フィンランドは、サウナ発祥の地です。

最近暖かくなったとはいえ、まだまだマイナスの温度が続く北極圏エリアでは、寒さで体が緊張状態です。少しでも体を楽にしたくて、そして旅行を楽しみたくて、サウナツアーというものに友人と参加してきました。
今回訪れたのはPYHAPIILO(http://ruka911.fi/pyhapiilo/ 残念ながら、現在英語のHPは改修中)のプライベートツアー。
1. フロント棟にチェックイン
素敵な暖炉付のお部屋でチェックイン。
1

ワインと思いきや、サウナに入るので温かいベリージュース。
スペシャルオーガニックパック(岩塩・蜂蜜・もみの木の乾燥した葉)の受け取り。

2. 更衣室でお着替え
備え付のバスタオル、ガウン、サウナキャップ。
4

3. 先ずは、スモークサウナ
5フィンランドの長い歴史を持つサウナ文化の中でも、今も昔も不動の地位にある「サウナの王様」、スモークサウナ。最も原始的且つ究極といえる室内加熱のしくみを備えたサウナです。サウナストーンの乗ったストーブ釜に薪をくべて室内と石を温めるという点では、薪ストーブサウナと同じですが、スモークサウナには、煙突がない!?つまり、薪を燃やして出てきた行き場のない煙は、サウナ室内に充満しちゃうので、薪が燃焼中は入室不可。十分な薪を燃やしきった後、室内に滞留している煙が壁の隅っこに開けられた小さな通気口から出し切った状態になって、ようやく準備完了。凡そ7~8時間もの間、絶えず薪をくべ続けてできるそうです!この準備には、膨大な時間とサウナ室内を適正温度にし、煙が身体に無害な状態に落ち着かせるという十分なテクニックが必要になるのです。しかし、一回温まったサウナ室は、その後何時間ものあいだ保温状態が続くそうです。フィンランド人の友人曰く、サウナの王様・スモークサウナに入ることは、時間的にも、精神的にもゆとりがないとできないことであり、とても特別なことだそうです。

白樺の束「ヴィヒタ」
湖畔のサウナなどでの入浴に欠かせないのが「ヴィヒタ」。入浴時、この白樺の束で体を叩きます。この習慣の起源は古く、サウナ発祥時の約2000年ほど前からあるそうです。
なぜヴィヒタを使うかは諸説あるそうです。昔はヴィヒタは魔法の枝の様なものと考えられ、枝を振り回すことで、邪気や悪魔を追い払うことができ、幸せになれるなどといわれたこともあったそうですが、現実的には・・・。サウナ内部の空気をかき回すとか、体を叩くことで発汗作用を活発にさせるとか、白樺の葉にはバクテリアなどを殺し、傷口を消毒する作用があるとか、色々効果があるようです。
6

4. お次は、アイスサウナ
7
え?アイスサウナ?溶けないの?と、恐る恐る中へ。
一般的なサウナの温度よりは、心持少し温度は低めです。アイスサウナの外で十分に温められたサウナストーンにお水をかけると一気に室内はミストサウナ状態になります。分厚い氷で出来たサウナが蒸気で溶け出し、なんとも贅沢な気分になります。そして、なんだかわからないのですが、すごく女優気分。この冷⇔熱という相反するものの融合された世界で感じる特別感に酔いしれます。が、どれだけ長くても15分くらい。やはり、長く入り続けるわけには行きません。この後は、もう一度スモークサウナへ。

5. 本日の驚喜体験、アイスホール(凍った湖に開けた穴)への入水
靴下を渡され、さぁ行くわよと、勢いよく外へ飛び出し、連行される私・・・
お分かりいただけます?この不安な後ろ姿。
8
もうお気づきのことと思います。冬の名物、凍った湖への入水です。湖畔のサウナに入ったら、やっぱりお次は凍った湖への入水だそうです。外気温、-15度。水温、1度。ガウンを脱いで入水。
9

何の罰ゲームだ?と思いながら、いざ挑戦すると、あら不思議、思っていたほど冷たくない。顔なんか洗っちゃったり、浮いてみたりして、浸かる事30秒。外へ出たときの爽快感は、体験した勇者?のみぞ知る。冷えてしまったので、もう一度スモークサウナに戻って、チェックイン時に頂いたパックでリラックスとボディケアタイム。

6. お風呂上り?サウナ上がりは、スナックタイム
お風呂上り?サウナ上がりは、湖畔を眺めながら、暖炉のあるお部屋で、スナックタイム。私の大好きなムイック(MUIKKU)というサケ科の淡水魚の小皿もあり、モグモグつまみながら、友人たちと談笑。平和だ、と感じるひと時でした。普段、どたばたと生活しているため、こういう時間は、贅沢だな~と連れてきてもらったことに感謝し、癒されたひと時でした。
10
この後は、ホテルへ移動して、RUKAのスキーリゾートエリアを満喫しました。
ホテルは、フィンランドのベストスキーリゾート2016に輝いたRUKA SKI CHALETS(http://www.rukaskichalets.fi/fi/)へ。毎度ではないですが、時間を見つけては、オーナー自らがチェックイン時にお客様にご挨拶されるなど、とてもアットホームな経営を心がけていらっしゃり、お客様皆様の笑顔に出会いたいという素敵なおもてなしの心を感じました。
HTL VIEW

お食事は、ホテル内のレストラン・RUKAN KUKSA (http://www.rukankuksa.fi/en/)で!もう何を食べてもおいしくて、外れなしでした。
RST Morel Mushroom Pot

リゾートエリア内には、スキー場は勿論、スパあり、ボーリング場あり、ライブハウスもあり、自然の中にいるはずなのに、エンターテイメントもしっかり充実しており、RUKA満喫旅行になること必至です♪
このエリアは、日本のお客様にもたくさん来てもらいたい!と熱望いただいており、今後日本からのアクセスがよくなるのでは?と言われています。是非、フィンランドの日常でありながら、非日常でもある体験をしにいらしてみてはいかがでしょうか。

IMG_2867

サーリセルカダイアリー:スモークサウナ、行ってみませんか?

MOI!(モイ!)
本日は、サーリセルカ近くのキーロッパ(Kiiloppa)にあるフィンランド式スモークサウナを紹介しま~す。
しかしこの施設、サウナだけじゃないんです。ふふふ。
なんと!サウナで身体を十分温めたら、近くを流れる冷た~~い川に入るんです!
この日は気温-5℃程度!川に入ることを目的にいざ出発しました。
サーリセルカ市内からスキーバスに乗ること約20分、キーロッパに到着。
IMG_1796IMG1796

本館にあるレセプションで、サウナのチケットを購入(お一人様13€)。

チケットを買ったら、KYLMAKYLPYLAと書かれた看板のある建物へ移動(英語でCold Spaという意味だそう!)
IMG_1798
持ってきた水着に着替え、いざサウナへ!
サウナには焼き石があり、水をかけて出た蒸気で温度をぐっと温度を高めます。
地元の方の憩いの場でもあるようで、フィンランド人は慣れた様子で入ってました。
足元を見ると、、、皆靴下を履いているんですね~
(足元が濡れているからすべらないように?それとも冷えやすいからでしょうか?)
のぼせそうになったら外に出て少しクールダウン、またサウナに入って大量の汗を出すこと約4回、ようやく川に飛び込む決意を、、、固めました!
いざ!(足だけ)ちゃぷん。
‥‥足に無数の針が突き刺さるような痛み!
でも一度は入らなきゃという使命感で!肩までつかりましたよ!><
(この時間、わずか3秒)

居ても立っても居られず、即行でサウナへ戻りしっかり身体を温めました~。
ただ、偶然居合わせたこの女性は泳いでいました~(^_^)
IMG_2867

このような感じで1時間程サウナを楽しんで帰りました~。

帰り際にはオーロラも見えてラッキー☆
心身ほっこりして帰りました。

フィンランドにお越しの際は是非、サウナと氷水ダイブにチャレンジしてくださいね。

tervis_2157_mikkin (1)

疲労が劇的に回復するエストニアンサウナ!

みなさんお元気ですか~?紅葉が今盛りの美しいタリンより、ヴァッセルがお届けします今回のタリンおすすめ情報はなんとウェルネス ”サウナ” ”ウォーターセンター” ”スパ” でございます。

”観光に来たのになんで?”っとお思いになるその気持ち、”ぽか~ん。。。”と拍子抜けになられるお気持ち、非常に良く分かりますが、ここはローカル”タリンっ子”に耳をかたむけてむしろ騙されたっと思って試みていただきたい!です。

そもそもこの地のサウナ文化。けっこう深ーいお話です。お隣の国の名前がついた世界的に有名なサウナはみなさんご存知ですよね。白樺の葉っぱで”バシッ!バシッ!”叩くあれ。ほぼ一緒です!ここエストニアでは昔からサウナには精霊が住みつくと信じられていて、神聖な場として人間の誕生と臨終の時にはもちろん、病や疲労から守ってくれると人々は愛用してきたそうです。現在、一軒家では当たり前ですが新しいマンションにはサウナ付きも標準となるほど需要が高まりつつあります。実はタリンにも多くの公共サウナがありましたが現在では1928年創業の「カルマサウナ」ひとつとなってしまいました。現代の風に押し流されていく姿はまるで日本の「銭湯」のようですね。タリン中央駅すぐ近くにあるこの「カルマサウナ」、外国人にもふらっと立ち寄られるウェルネス観光スポットとしても脚光を浴びてきています。ちょっと勇気はいりますが、薪で炊いた柔らかい熱さを感じる本場のエストニアンサウナが楽しめるのもここだけです!歴史的建造物に入れるなんて、一度で二度美味しい感を感じるのは私だけでしょうか?!
IMG_0493
↑ノスタルジックな佇まいのカルマ・サウナ

そしてどちらかというと「スーパー銭湯」好みの方、お待たせしました。ウォーターランドをおすすめします!旧市街付近にも大きなところで「カレヴスパ」(↓)20161018_140025

「アクアスパ・タリンクホテル」「メリトンサウナ・ウォータセンター(↓)」の3ヶ所ほど、
20161021_120332

バスで30分ほど足をのばせば更に「ヴィームシスパ」「アクアパーク・ヴィームシ」の2ヶ所がございます。各施設には数種類のサウナ(高温・低温、赤外線、アロマ、スチーム等)、ジャグジー、プール(深さの異なる)、マッサージシャワーなどが完備しており、料金は大人でざっと2時間10ユーロ前後(利用時間と時間帯により変動あり)と家族連れにもリーズナブル!レンタルタオルもあるので安心!これからの季節、冷えきった身体を”ポッカポカ!”に温めてくれる上、疲労感もさっぱりとれて身も心もかる~く観光が再開できる、まさに一石二鳥ですね。
tervis_2157_mikkin (1)
(c)Kaarel Mikkin/Visit Estonia

そして最後に大取のスパ!ここではエステとしての意味合いも大きいと思いますが、これもエストニアには歴史があるのをご存知でしたか?古くからパルヌやハープサルという街では泥療養(マッドバス)が有名でフィンランド、スウェーデン、ロシアなどから多くの人々が通っていたという歴史があります。多くのミネラル分を含むその泥は美容はもちろんのことサウナやお風呂などと組み合わせ、医者が施す治療(処方)として身体の不調に悩む人々の役にたってきたのです。現在エストニア中にあるスパ施設ではその仕組が現在もなお続いているのです。そんなことからここタリン市内の中でもSPA!っという文字はあちらこちらで見かける訳ですが、ボディーからフェイスのマッサージ(代表的な国のタイや英国など)、パック(チョコレート、ハチミツ、ミルク、エッセンシャルオイル等)が豊富に選べるのが嬉しいですね。化学の力に頼らない自然派趣向の国民性だからこそ評価される優しいトリートメントの数々です。

Stormy clouds over Hedon spa hotel in Pärnu, Estonia
↑パルヌの人気スパホテル:Hedon Spa(へドンスパ)
(c)Jaak Nilson/Visit Estonia

皆さんがお泊まりするようなホテルでしたら間違いなくお楽しみいただけると思いますが、季節限定やキャンペーンなどお調べになって他のホテルのエステにもお出掛けしてみるのもおすすめいたします。

どうですか、タリン? 思っていた以上にいい感じじゃありませんか~?

まだまだありますタリンの引き出し、今後もお楽しみに!

TOP 画像:(c)Kaarel Mikkin/Visit Estonia

 

ヘルシンキに出来た新名所。おしゃれ空間でのサウナ体験はいかがですか?

ヘルシンキの新名所Löyly でサウナ体験とお食事を。

ヘルシンキの元工業地域のヘルネサーリ。ここに、今年5月に新名所がオープンしました。Löyly(ロウリュ)公共サウナとレストランの複合施設です。フィンランドといえばサウナ発祥の国、フィンランド人はやっぱりサウナが大好きです。オープン以来地元の方の人気スポットとなったLöylyですが、ツーリストでも気軽に楽しむことが出来ますので、サウナ発祥の国でのサウナ体験はいかがでしょう。
löyly1löyly8
市内からのアクセスにはトラムとバスを利用するのが便利です。(中央駅からはトラム3番で
Eiran sairaalaへ、そこから歩いて10分もしくはバスでお越しください。)
施設内には統的なスモークサウナとストーブ式のサウナがあり、サウナで温まった後は、直接海にザブン!と入る事もできます(体調とご相談くださいね!)また、サウナは男女共用ですので、絶対水着着用です!!スーツケースに水着を入れる事をお忘れなく。
löyly6
löyly4
このサウナの営業時間は毎日13時から22時まで(火曜日のみ16時からオープン)。利用料金は、2時間19€、タオル、シャンプーとシャワージェルが利用できます。(2時間で足りない!という方には10ユーロで1時間延長が可能です)また、水曜日と土曜日は朝7.30~9.30まで、朝サウナの営業も行っています。人気のサウナ施設ですので、HPから事前の予約と支払いをお勧めします。※オープン時間や料金等は変更に成る可能性もありますので、HPをご確認ください。
サウナの後はLöylyのもう一つの顔、レストラン(バー)はお食事やカフェ使いとしてお友達とおしゃべりしたりするのにも最適。ヘルシンキにお越しの際はおしゃれな空間でのサウナ体験とお食事を楽しんでください。
löyly3

löyly7

 

löyly5

 

北欧3都市周遊 3泊4日 (ヘルシンキ発)

サウナ発祥の国、フィンランド

最近、日本でサウナ愛好者が増えているそうです。この汗ばむ季節には敬遠されがちですが、特に冬はポカポカした体が気持ちがいいものです。

フィンランドはサウナの発祥国だということをご存じですか?サウナ専門誌「saunner」によれば、フィンランドの人口540万人に対して、サウナの数はなんと300万件もあるというのです。フィンランドでは公衆サウナを含め1家にサウナ1件は当たり前!ぐらいの国なのです。各国のフィンランド大使館にも、もちろんサウナがあるのだとか。

サウナ大好きフィンランド人は、「サウナ外交」と言って、サウナをビジネスの場として会議なんかも行われているほど。お互い裸をさらけ出して話し合う環境は、会議室で行うよりも色んな意見が出やすいのかもしれませんね。短時間でさっと切り上げらるような環境が、また良いのかも。

サウナは、血液の循環が良くなったり、大量に汗をかくことで、デトックス効果によって美肌も期待できるそうです。日本の身近なところでは健康ランドやスパで利用する人も多いと思います。まさに日本ならではのサービス、テレビ付きのサウナではついつい長居してしまって後でぱったりと倒れないようにしたいものです。

サウナの本場、フィンランドのツアーはこちらです。
http://www.tumlare.co.jp/items/search/1/country:15