タグ別アーカイブ: ロヴァニエミ

7

ロヴァニエミダイアリー:1泊2日でサウナ巡り💛

Moi(こんにちは)!ロヴァニエミ支店のIKUEです。
次第に日照時間が長くなってきた北極圏。
太陽から射すキラキラした光を眺めていると、突然・・・旅行に出かけたくなっちゃいました。
皆さんもこういった衝動に駆られることってありません?何かに突き動かされること。
私は、『思い立ったが吉日』、即行動しないと気持ち悪い性格なので、行ってまいりました。
ロヴァニエミから1泊2日で訪れることが出来る、RUKA(ルカ)という街へ♪

ロヴァエニミから約200キロ、車で約3時間弱にあるRUKAというエリアですが、あまり日本の皆様には知られていないのが、残念。フィンランド人には勿論、最近では英国など欧州各方面からもチャーターフライトが飛ぶほどのフィンランドで人気のスキーリゾートです。
その規模は、な、な、なんと・・・
ノルディック・スキーのワールド・カップも開催されるほどの大きさを誇ります。
しかし、私・・・お恥ずかしながら、スキーもスノボも不得意で、スキー靴を履いた瞬間足を攣ってしまうほどです。では、わざわざそんなスキーリゾートへ何をしに行ったの?と思われたブログをご覧の皆様。ご紹介させてください。

今回の旅のテーマは、『フィンランドを感じよう』でした。
フィンランドと言えば、皆様何を思い浮かべますか。
サンタクロース?トナカイ?ムーミン?オーロラ?
色々ありますが、銭湯や温泉好きの私としては、サウナを挙げます!フィンランドは、サウナ発祥の地です。

最近暖かくなったとはいえ、まだまだマイナスの温度が続く北極圏エリアでは、寒さで体が緊張状態です。少しでも体を楽にしたくて、そして旅行を楽しみたくて、サウナツアーというものに友人と参加してきました。
今回訪れたのはPYHAPIILO(http://ruka911.fi/pyhapiilo/ 残念ながら、現在英語のHPは改修中)のプライベートツアー。
1. フロント棟にチェックイン
素敵な暖炉付のお部屋でチェックイン。
1

ワインと思いきや、サウナに入るので温かいベリージュース。
スペシャルオーガニックパック(岩塩・蜂蜜・もみの木の乾燥した葉)の受け取り。

2. 更衣室でお着替え
備え付のバスタオル、ガウン、サウナキャップ。
4

3. 先ずは、スモークサウナ
5フィンランドの長い歴史を持つサウナ文化の中でも、今も昔も不動の地位にある「サウナの王様」、スモークサウナ。最も原始的且つ究極といえる室内加熱のしくみを備えたサウナです。サウナストーンの乗ったストーブ釜に薪をくべて室内と石を温めるという点では、薪ストーブサウナと同じですが、スモークサウナには、煙突がない!?つまり、薪を燃やして出てきた行き場のない煙は、サウナ室内に充満しちゃうので、薪が燃焼中は入室不可。十分な薪を燃やしきった後、室内に滞留している煙が壁の隅っこに開けられた小さな通気口から出し切った状態になって、ようやく準備完了。凡そ7~8時間もの間、絶えず薪をくべ続けてできるそうです!この準備には、膨大な時間とサウナ室内を適正温度にし、煙が身体に無害な状態に落ち着かせるという十分なテクニックが必要になるのです。しかし、一回温まったサウナ室は、その後何時間ものあいだ保温状態が続くそうです。フィンランド人の友人曰く、サウナの王様・スモークサウナに入ることは、時間的にも、精神的にもゆとりがないとできないことであり、とても特別なことだそうです。

白樺の束「ヴィヒタ」
湖畔のサウナなどでの入浴に欠かせないのが「ヴィヒタ」。入浴時、この白樺の束で体を叩きます。この習慣の起源は古く、サウナ発祥時の約2000年ほど前からあるそうです。
なぜヴィヒタを使うかは諸説あるそうです。昔はヴィヒタは魔法の枝の様なものと考えられ、枝を振り回すことで、邪気や悪魔を追い払うことができ、幸せになれるなどといわれたこともあったそうですが、現実的には・・・。サウナ内部の空気をかき回すとか、体を叩くことで発汗作用を活発にさせるとか、白樺の葉にはバクテリアなどを殺し、傷口を消毒する作用があるとか、色々効果があるようです。
6

4. お次は、アイスサウナ
7
え?アイスサウナ?溶けないの?と、恐る恐る中へ。
一般的なサウナの温度よりは、心持少し温度は低めです。アイスサウナの外で十分に温められたサウナストーンにお水をかけると一気に室内はミストサウナ状態になります。分厚い氷で出来たサウナが蒸気で溶け出し、なんとも贅沢な気分になります。そして、なんだかわからないのですが、すごく女優気分。この冷⇔熱という相反するものの融合された世界で感じる特別感に酔いしれます。が、どれだけ長くても15分くらい。やはり、長く入り続けるわけには行きません。この後は、もう一度スモークサウナへ。

5. 本日の驚喜体験、アイスホール(凍った湖に開けた穴)への入水
靴下を渡され、さぁ行くわよと、勢いよく外へ飛び出し、連行される私・・・
お分かりいただけます?この不安な後ろ姿。
8
もうお気づきのことと思います。冬の名物、凍った湖への入水です。湖畔のサウナに入ったら、やっぱりお次は凍った湖への入水だそうです。外気温、-15度。水温、1度。ガウンを脱いで入水。
9

何の罰ゲームだ?と思いながら、いざ挑戦すると、あら不思議、思っていたほど冷たくない。顔なんか洗っちゃったり、浮いてみたりして、浸かる事30秒。外へ出たときの爽快感は、体験した勇者?のみぞ知る。冷えてしまったので、もう一度スモークサウナに戻って、チェックイン時に頂いたパックでリラックスとボディケアタイム。

6. お風呂上り?サウナ上がりは、スナックタイム
お風呂上り?サウナ上がりは、湖畔を眺めながら、暖炉のあるお部屋で、スナックタイム。私の大好きなムイック(MUIKKU)というサケ科の淡水魚の小皿もあり、モグモグつまみながら、友人たちと談笑。平和だ、と感じるひと時でした。普段、どたばたと生活しているため、こういう時間は、贅沢だな~と連れてきてもらったことに感謝し、癒されたひと時でした。
10
この後は、ホテルへ移動して、RUKAのスキーリゾートエリアを満喫しました。
ホテルは、フィンランドのベストスキーリゾート2016に輝いたRUKA SKI CHALETS(http://www.rukaskichalets.fi/fi/)へ。毎度ではないですが、時間を見つけては、オーナー自らがチェックイン時にお客様にご挨拶されるなど、とてもアットホームな経営を心がけていらっしゃり、お客様皆様の笑顔に出会いたいという素敵なおもてなしの心を感じました。
HTL VIEW

お食事は、ホテル内のレストラン・RUKAN KUKSA (http://www.rukankuksa.fi/en/)で!もう何を食べてもおいしくて、外れなしでした。
RST Morel Mushroom Pot

リゾートエリア内には、スキー場は勿論、スパあり、ボーリング場あり、ライブハウスもあり、自然の中にいるはずなのに、エンターテイメントもしっかり充実しており、RUKA満喫旅行になること必至です♪
このエリアは、日本のお客様にもたくさん来てもらいたい!と熱望いただいており、今後日本からのアクセスがよくなるのでは?と言われています。是非、フィンランドの日常でありながら、非日常でもある体験をしにいらしてみてはいかがでしょうか。

Photo5

ロヴァニエミダイアリー:

Moi(こんにちは)!ロヴァニエミ支店のIKUEです。
気がつけば・・・2017年はとっくに明けちゃっています。
ご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、皆さんは年末年始をどのようにお過ごしになりましたか。
私は、サファリ会社のカウントダウンイベント『MYSTICAL NEW YEAR’S PARTY』に参加してきました。
このカウントダウンイベントがとっても楽しかったので、今回のブログでご紹介しちゃいます。

ロヴァニエミ市内から車で約20分ほど移動したところにある秘密のイベント会場でのカウントダウンは特別感たっぷり♪

秘密のイベント会場への入り口は、ここ↓
Photo2

ここが入り口?とドキドキしながら、ずんずん中へ進んでいきます。会場は思っていたよりも広くてびっくり。最初に、大人にはスパークリングワイン、子供にはコカコーラのウェルカムドリンクがサービスされます。会場内は、フィンランド式占い、雪でできたバーやディスコなどがあり、カウントダウンのそのときまで、みんな各々楽しみます。私は、占いをした後は、会場内で仲良くなったスペインから来た紳士淑女の皆様と踊っておりました。特別な場所だからこそ、普段なかなか出会えない方とお話し出来ちゃったりしますよね。異文化交流?異文化コミュニケーション?これも旅の思い出になるんじゃないかなって思います。

★フィンランドで古くから伝わる錫占い
1)まずは錫を溶かします

?

?

2)溶かした錫をじゃっと水が張られたバケツに入れて・・・出来上がったもの。これが占い結果(笑)!
なんじゃこれ~??
Photo4

3)不可解な占い結果をシャーマン(占い師)に読み聞かせてもらいます。
Photo5

ちなみに、私は、2017年は選択の年。様々な場面で、取捨選択し、人生を切り開くそうです。更に、旅行運があるようで、あちこちにお出かけ出来るようです。まぁ、嬉しい結果。日本で言うなら、大吉が出たような感じでしょうか。勝手にポジティブ変換しちゃいます♪

・ディスコ会場
ディスコ会場での楽曲は、老若男女、国籍問わず楽しめるものばかり。自然と笑顔になれて、周囲の方と仲良くなっちゃいます。もちろん、踊っているので、寒さも吹き飛んでっちゃいます。
Photo6

北欧に現存する先住民族であるサーミ人によるヨイクと呼ばれる無伴奏の即興歌ショーや新年恒例のスペシャルダンスショーなども会場で行われます。
クリスマスに大忙しだったサンタさんも合流して、カウントダウン→花火の打ち上げがあり、ドラマティックな年越しをしました。

このイベントは、毎年恒例で開催されるので、是非皆さんも来年2017→2018年のカウントダウンは、参加してみてくださいね。

この春先までにご旅行計画されている方から、来年のことはいいんだ!これから体験できることを紹介してくれないか?なんて声が聞こえてきそうです。でもね、楽しいことは皆さんとシェアしたいのです!

このサファリ会社のスタッフたちは、ゲストの皆さんを楽しませることが大好きです!笑顔いっぱい、元気いっぱいいつも接してくれます。どれもこれもお勧めのアクティビティなのですが、私の一押しは、REINDEER SAFARI(トナカイ・サファリ)です。
老若男女、どなたでもご参加しやすい!更に、トナカイ乗車証明書が交付される(←お土産ににぴったり)これが一番の理由ですが、それよりもなによりも、トナカイのふんわりした雰囲気に是非包まれ、癒されてください。雪に覆われた森の中をトナカイのソリでお散歩するのは、言葉では言い表せない『平穏』なひと時を感じていただけるはずです。また、夕方以降のツアー開催なら、空にゆらめくオーロラもご覧いただけるかも知れません。


ツアー名:REINDEER SAFARI
催行期間:~2017年4月15日(土) の毎日
所要時間:約2.5時間 (月水金日 : 14:00-16:30 / 火木土 : 18:30-21:00)
参加料金:大人・132ユーロ 小人・97ユーロ
※防寒着もアクティビティご参加中は貸し出してくれるので、寒い日でも安心!

その他にもおすすめのアクティビティは、たくさんありますが、是非挑戦してみてくださいね。

Sweet room

ロヴァニエミの雪と氷のホテル、ご案内します!アークティックスノーホテル

みなさん、Moi!
ロヴァニエミ支店のYUIです。
今回は、雪と氷のホテル「アークティックスノーホテル」のプログラムをご紹介します。

以前のブログで、ケミの雪の城をご紹介しましたが、ロヴァニエミから車で約30分のSinetta村にも雪と氷で建てられたスノーホテルがあります。
なんとここでは、アークティックスノーホテルの見学だけではなく、スノーサウナ&屋外ジャグジーをお楽しみいただけます♪

市内から混乗送迎バスに乗り、スノーホテル到着後は、ホテル内の見学をします。
Sweet room 2
↑スイートルーム

スタンダードルームからスイートルームまで、幻想的な空間を見ることが出来ます。
Sweet room
↑スイートルーム

ホテル内にはバーやレストランだけでなく、教会もあります♪(挙式も可能です♡♥)
Snow Restaurant
↑雪と氷で造られたスノーレストラン

IMG_9814
↑雪と氷で造られたバー

Chapel
↑チャペル

見学後は母屋で温かいベリージュース&ジンジャークッキーでひと休憩♪
そして屋内の貸切サウナで身体を温めた後、屋外ジャグジーを体験します!
Private Sauna

ライトアップされたホットタブには泡が出るマッサージ機能もあります♪運が良ければ
オーロラを見ながらジャグジーをお楽しみいただけます。
IMG_9811

そして最後に、雪で出来たスノーサウナの体験です!
IMG_0147
↑写真は、スノーサウナに水着で入っているところ。
石に水をかけると、写真のように蒸気が上がり、スモークサウナ状態になります(*_*)

体験終了後は屋内サウナに戻り、シャワーを浴びて送迎バスで市内まで戻ります。
ロヴァニエミでしか体験出来ない、特別な思い出作りにいかがでしょうか?
こちらのプログラムの詳細は、現地ロヴァニエミオフィスにてご紹介しておりますので、
是非お立ち寄り下さいませ♪皆様のお越しをお待ちしております!

FullSizeRender(2)

ロヴァニエミで、ラップランドならではのお料理に舌鼓!

みなさん、Moi!
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします!
ロヴァニエミでは、大晦日にケミ川のほとりで約15分間花火が上がりました★
大勢の観光客と地元の人で盛り上がってました!
FullSizeRender(2)
目抜き通りのKoskikatuでも、小さな露天マーケットが出ており、雑貨やお茶に
足を止める観光客の方を多く見かけました。
(After Sauna Teaというフィンランドらしいお茶もありました)
IMG_8826
今回は、サーリセルカに引き続き、ロヴァニエミもレストランの紹介をしたいと思います♪

【Cafe & Bar 21】
市内中心部Rovakatu通りにある、ワッフルのお店&お酒も飲めるバーです。
Cafe&Bar 21
ワッフルといっても、甘いスイーツワッフルだけでなく、小エビやサーモン等のお惣菜ワッフルがあり、お手頃な価格でお食事としてご利用いただけます♪(€11.7~)
FullSizeRender(4)
ランチタイムも夜も地元の若者で満席状態です!

http://www.cafebar21.fi/#about

【Arctic Boulevard(アークティック ブールバード)】
2015年4月に出来た新しいラグジュアリーホテル「Arctic Light Hotel」の1階にあるおしゃれなレストランです♪
IMG_8935
トナカイ肉や北極イワナ、リンゴンベリー等、ラップランドならではのお料理をお楽しみいただけます!
IMG_8696

IMG_8977

 

http://www.arcticlighthotel.fi/en/restaurant/

1月の1週目は-30℃とロヴァニエミは大変冷え込みますが、オーロラも出現率も
上がってきています♪皆様のお越しをお待ちしております!

IMG_8783

ロヴァニエミオフィスでお待ちしています!

みなさん、Moi!(こんにちは!)ロヴァニエミオフィスの YUI です!
ツムラーレコーポレーション、ロヴァニエミ支店も昨年と同じ場所に12月1日よりオープンいたしました。
今年の冬は、2016年3月25日までの営業となります。

IMG_8700

12月に入ってからは、-20℃を下回る日もあれば、0℃近い日もあり、気温がよく変わっています。
そんな中でも、オーロラは比較的良く見えています♪市内から綺麗なオーロラを観測出来た日もありました!

ロヴァニエミ支店では、今年はオプショナルツアー内容をさらに充実させております!
多くのお客様にご利用いただいております、オーロラ観測ツアー「モイモイ号」はお天気に関わらず(*)、毎日催行となりました!(*最少催行人数2名に満たない場合はキャンセル)
*人体に危険を及ぼす天候および安全運行ができない場合。例えば、強風警報、極寒警報、雪嵐警報などが発令されている場合等は、催行中止になる場合もございます。
オーロラ観測ツアー・モイモイ号の詳細はこちらへ

また、新しいオプショナル商品もご用意いたしました!
1.オーロラディナー (毎日18:00~20:00)
丘の上に位置するスカイホテルの展望レストランにて、ラップランド料理をコースメニューでお召し上がりいただけます。
お食事後はモイモイ号にもご参加いただけます♪
料金:大人41€/小人(4~14歳)20.5€  ※モイモイ号にご参加の場合:大人36€/小人18€割引
除外日: 12/24,25,26,31

2.往復送迎付・スノーホテル見学とスノーサウナ体験 (月~金13:30~17:30)
雪と氷で作られた「スノーホテル」。館内を見学し、雪のサウナを体験してみてはいかがでしょうか 。
料金:135€ (2名様より催行)  ※12月20日より販売開始

3.往復送迎付・フィンランドの家庭訪問体験 (火・木14:00~17:00)
アクティブなプログラムはちょっと苦手、という方にお勧めです!現地のライフスタイルを学ぶことが出来ます。
料金:120€ (2名様より催行)  ※除外日:12/25,12/31,1/1
上記プログラムは2016年3月25日まで、現地ロバ二エミ支店でのみお申し込みを受け付けております。
各ツアーの詳細や取消料については、お申し込み前に店舗またはお電話でお問い合わせ下さいませ♪
◆上記ツアーのお問い合わせ、お申し込みは現地の店舗にて承ります。日本では承っておりませんことご了承ください。

◆ツムラーレ ロヴァニエミ支店◆
営業時間:月~金 09:30-11:30, 14:00-17:00 /  土・日・祝   14:00-17:00
住所:Koskikatu 14-16, 96200 Rovaniemi  (サンタクロースホテル別館 Kalotinlinna 内1階)
TEL:+358-16-311-272

その他にも犬ぞりやトナカイぞり等、たくさんのオプショナルを揃えていますので、是非遊びに来てください♪
IMG_8704
↓写真は、12月7日に見えたモイモイ号今年一番のオーロラです!
IMG_8783

皆様のお越しをお待ちしております!
Yui from Rovaniemi

resized_rautasilta tulessa

ロヴァニエミ市内できれいなオーロラ観えましたよ~!

皆さん、こんにちは!

ロヴァニエミからこんな素敵な写真が届きました!
市内でこんなに大きなオーロラが観えたんですって。
こちらは、北極圏博物館”アルクティクム”にかかるオーロラ。
すごいでしょう??
resized_arktikum borealis 4
(c)Jussi Perkkiö/Santa’s Hotels

そして、おなじみローソク橋の上にも!
resized_jätkänkynttilä
(c)Jussi Perkkiö/Santa’s Hotels

皆さんもぜひ神秘のオーロラに会いに行きましょう!

オーロラバス・モイモイ号(moimoi号)

*Top 画像:(c)Jussi Perkkiö/Santa’s Hotels

????????

★☆今季最大のオーロラ出現★☆

皆様こんにちは!
このところ東京はだんだんと暖かくなり桜のつぼみもほのかに咲く準備を始めているようです。

そんな中、弊社フィンランドの各オフィスより、現地3/18夜に出現した今季最大のオーロラの出現レポートが届きました☆ 日本の北海道でも見られた、とニュースで報じられていましたがフィンランドの首都ヘルシンキでも見られた位、大きなものだったようです。最初の2枚の写真は弊社ロヴァニエミオフィスから。
もう、うっとりの美しさです・・・。

green

 pink

オーロラ、というと緑のイメージですが赤も青も紫もあるのです!特に赤や紫はレアで、なかなか見られません。 そして更に北のサーリセルカオフィスからも。本当に神秘的。表現する言葉が見つかりません。肉眼でも赤いオーロラが見えて、空に雲がかかっても透過して見られちゃうくらいつよーいオーロラだったそうです。

 ????????

太陽フレアがとても活発に活動している為こんなにも素晴らしいオーロラが出現したのですが、現地の方曰く「ここ15年で最大だと思うよ!」だそうです。確かに、今季は本当にオーロラ好調!皆様、4月始めもまだまだチャンスありですよ☆

 4月中旬までご利用いただけるフィンランドツアーもございます♪
北フィンランド オーロラ・イナリ2泊3日
北フィンランド オーロラ・ハリニヴァリゾート3泊4日
ラップランドの片田舎に滞在・ホテルコルピカルタノに泊まる4泊5日
オーロラに出会いたいならば、今がチャンスです!

vantaa

空港での過ごし方~ヘルシンキ ヴァンター空港

東京は久々に気持ち良く晴れましたね。
北欧も今年は天候が安定し、オーロラ好調!という事ですよ♪

先日フィンランドのイナリに行ってきました。成田・名古屋・関空 から直行便のあるフィンランド航空で行ったのですが何度乗っても、とても便利で快適。 皆さんの中にも「何度も行ってます」という方もいれば「初めてなので乗り継ぎとか不安…」という方もいらっしゃると思います。 ヘルシンキのヴァンター空港はとても乗り継ぎしやすい空港ですので、心配はいりません。

①成田を定刻通りに出て、予定の10分前にヘルシンキヴァンター空港に到着。ちなみにこの日はヘルシンキ、今年の初雪でした。

②飛行機から出て、ターミナルビルに入ります。きっと皆さん、ひとまずホッとされるところですね。

③でも、ホッとばかりもしていられないのです。早々にセキュリティチェックです。ペットボトルなど一定量以上の液体物は没収なので機内で飲んでしまいましょう。それにしてもこのところ、来る度にセキュリティチェックが厳しくなっています。

④セキュリティが終わったら矢印通りに進んで、入国審査です。ヘルシンキはアジアからの到着便数便が重なる事があるので、混雑する事も。お疲れだと思いますが、セキュリティチェックが終わったらサササッと歩いて入国審査に進みましょう。(写真は入国審査場を抜けたところ。)

⑤さあ、晴れてEUに入りました!ヘルシンキに滞在の方は④の写真にある通り下の階に、乗り継ぎがある場合は先に進みましょう。申告するものが無い方は緑の方です。

⑥そこを抜けると、出発階に到着です。29-30番ゲートのあたりに出てきます。ロヴァニエミやイヴァロに行く便は23-25番ゲートから出発する事が多いです。(電光掲示板で要チェックです。)もし23-25なら、右に向かって歩きましょう。

lapland1

⑦マリメッコやムーミンショップが右手に見えたらもう少し。ズンズン突き当りまで歩くと、23-25番ゲートです。両替もここにあるので日本でし損ねても大丈夫です。

⑧サンタさん公認の航空会社、フィンエアー。ヴァンター空港はお買いものも楽しいし、なんだかテンションが上がります!でも、乗り遅れないようにゲートに戻ってくださいね!

⑨国内線でひとっ飛び。イヴァロ空港に到着です。この空港は今のところ、飛行機を出て地上に降りてターミナルビルまで歩きます。この時は-12度。寒い!

⑩かじかむ手を温めて、荷物を待ちましょう。小さな空港なのでターンテーブルも短く、見つけやすいですよ。

lapland2

長ーい一日、お疲れ様でした!ホテルに向かいましょう♪ オーロラ出ますように♪
実は私が到着した時も既に空でオーロラが出迎えてくれてました。(写真は追って…)
今年は期待できる予感がしています☆

イナリは小さい町ですがその分暗くて、ゆったりとした時間が流れていて、とってもお勧めです。北フィンランド オーロラ・イナリ2泊3日 で是非、スローライフを体験してみてください!