Google

ロヴァニエミ便り/冬季オフィスから Vol. 06 

Written on:2月 24, 2014
Comments
Add One

こんにちは!

2月も半ばを過ぎ、弊社ロヴァニエミ冬季オフィス営業期間も残り1か月ほどとなりました。月の前半は例年より暖かい0度前後の日々が続きました。例年であればこの時期のラップランドは暗い厳冬期から抜け出し、日照時間が長くなると共に少しづつ春らしさが感じられる季節。しかし、今年の2月はどんよりとした雲が空を覆う時間が長く、先日久しぶりに朝日を目にしたときは、それだけで心がウキウキしたほどです。ちなみに積雪量は50~75CMほど。
今回のロヴァニエミ便りでは、ロヴァニエミ冬季オフィスおなじみの谷口が1月半ばより加わり、谷口撮影の今季のモイモイ号で見られたオーロラのデジタル写真をお届けいたします。とくとご覧あれ!

↑2014年1月14日撮影

↑お客さまもオーロラを撮影中。1月28日

1Feb2014 Taniguchi

↑ 薄い雲越しに見えた幻想的なオーロラ。2月1日

19Feb2014 Taniguchi

↑北極星、北斗七星、カシオペア座の元で舞うオーロラ。2月18日

この日は観測ポイントに到着した直後はどんよりとした雲が広がっていたそうですが、しだいに空の晴れ間が広がったとのこと。

例年より曇りがちの2月上旬と中旬、オーロラ鑑賞の機会は例年と比べ少しだけ低めでしたが、3月は少しでも多くお客様にオーロラをご覧になっていただける機会が増えますように・・・。

ラップランドの先住民族サーミの昔話にオーロラをからかった人間がその仕返しを受けるというお話があります。伝統的にサーミ民族は万物に魂が宿るという世界観を有し、そのためオーロラも人間の会話を理解できるとみなされていたとのこと。 もしもオーロラが私たちの言葉を聞いてくれるなら、願いは唯一つ。

オーロラさん、残りの今冬頻繁に現れてください! さて、弊社ロヴァニエミ冬季オフィスの営業は3月28日までとなっております。モイモイ号ツアー開催期間も残り後1か月ほど。現地でツアー参加を検討される際は弊社ロヴァニエミ冬季オフィスにお気軽にお立ち寄りください。

One Comment add one

  1. 松尾 says:

    現在レヴィに滞在してます。
    3月3日にロヴァニエミに移動しモイモイ号のツアーに参加したいのですが、3月3日は最小催行人数に到達してますか?
    お昼頃に到着し、それから申し込み行きたいと思ってます。

    もし可能なら今から事前予約したいのですが、今からでも事前予約する方法はありますか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です