Google

現地オフィスから/ブダペスト/劇場シーズンの始まり!

Written on:10月 28, 2013
Comments
Add One

夏らしい気候があっさりと終わり、日が沈むのが早くなってきたと思うやいなや、
ロングコートを羽織っている人も見かけるようになった今年のブダペストのプチ情報を、ブダペストオフィスの私、清水成仁がご紹介します。
学生たちと同じように夏休みの間の約2ヶ月間休んでいたオペラ座ですが、
新しく始まった演目の広告やポスターがバス停や地下鉄構内で続々と張り出されています。
日本では少なくとも1万円以上するようなイメージのオペラやバレエ等の観劇が、
ここでは大衆の娯楽として日常に馴染んでいるようで、映画館よりもはるかに安い料金で見て頂けます。

急に肌寒くなったブダペストの街ですが夏の間のカジュアルウエアとはとはうって変わって、
上品な冬の装いで、夜の劇場に出かける老若男女を見かけるようになります。
長い演目の場合、幕間の休憩の合間に席を立ち、テラスやバーで軽食を買いに行き、
しばしの歓談タイムを楽しめれば、ステージの内容がいまいちわからなくても(笑)それなりの価値があるんじゃないかと思います。
数年前から日本人もハンガリーのオペラ座バレエ団で活躍されていて、
公演を見る機会に恵まれた方には是非、舞台に溶け込んだ彼女らの演技をご覧頂ければと思います。

Budapest_opera outside00 bud_opera inside00

↑ブダペストオペラ座

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です