ネットトラベルサービスは「北欧トラベル」として生まれ変わりました!

フィンランドの基本情報

フィンランドはスカンジナビア半島の内側に位置し、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと国境を接しています。高い山がなく平らな国土は森と湖で覆われていて自然豊かな国です。フィンランド人は他の北欧諸国の人がゲルマン語族なのに対して、ウラル語族に属するので顔つきや体系も少し違います。
歴史的には長い間スウェーデンとロシアに支配され、ようやく1917年ロシア革命の際に独立を勝ち取りました。

英語表記
FINLAND

首都
ヘルシンキ

面積
33万8144平方キロメートル

宗教・民族構成など
フィンランド人、スウェーデン人、北部のラップランド地方にはサーメ人

言語
フィンランド語(多くの人が英語を話し、街中の表記も英語のものが多いので英語が話せればほぼ問題ありません)

治安面・衛生面など
他のヨーロッパ諸国と比べても治安は良好。ただし、空港や駅、ホテルの朝食会場などで置き引きの被害にあう方も増加しているので注意が必要です。衛生面も問題ありません。

風習・マナーなど
特に気をつけなければならないような特別な風習マナーはありません。チップの風習もないので気にする必要はありません。

気候
ノルウェー西岸を流れる暖流のおかげで緯度のわりには穏やかな気候ですが、内陸部は冬の寒さが厳しいです。四季も比較的はっきりしています。

もっと見る


通貨
ユーロ : EUR 2015年9月現在 1EUR=137.80円

もっと見る


日本との時差
冬:-7時間、夏-6時間 (夏時間は3月最終日曜日の2時~10月最終日曜日の3時)

もっと見る


日本からの行き方
フィンランドへの直行便があります。飛行時間は10.5時間。ヨーロッパ内の都市で乗り換えした場合は14時間から16時間かかります。

もっと見る


1回の旅行全体の予算感
5泊7日 フィンランド1カ国のみ
基本料金(*) 夏期 20万~40万円、冬期 15万円~30万円

もっと見る


ビザ要・不要
180日間で90日以内の滞在は査証不要

2015年9月現在の情報です

フィンランドのお土産情報

マリメッコ©Visit Finland

マリメッコ

女性に大人気のマリメッコ。バッグ、マグカップ、ハンドタオルもあります。もちろんフィンランドでしか売られていないデザインもありますので、要チェックです。ゆったりとしたデザインのワンピースなどは自分へのおみやげにしたくなってしまう素敵さです!

チョコレート

チョコレート

甘いもの好きの多いフィンランドにはいろいろなチョコレートメーカーがあります。中でもお薦めはfazerというメーカーから発売されている「GEISHA」。ピンク色のパッケージが可愛らしく、ヘーゼルナッツ味の優しい甘さがやみつきになります。

ムーミングッズ©Visit Finland

ムーミングッズ

日本では老若男女に愛されているムーミン。フィンランド生まれのお話であることはご存知の方も多いでしょう。ムーミンのマグカップや、文房具、バッグなど、日本にはないものもたくさんあります。小さなお子さんへのおみやげならば、これでしょう。

ウォッカ©Finlandia Vodka Worldwide Ltd

ウォッカ

お酒をたしなまれる方にはぜひおすすめしたい一品。空港の免税店でも目にするのは「コスケンコルヴァ」や「フィンランディア」です。普通の味に加え、ベリー風味やサルミアッキ風味(!)のものなどもあり、買って帰ってフィンランドを思い出しつつ飲まれてはいかがでしょう?

イッタラ©Visit Finland

イッタラ

最近は日本でもよくみられるようになったフィンランド生まれの食器メーカー、イッタラ。シンプルながらも洗練されたデザインは使い勝手も良く、長くお使いいただけます。ちょっと重いですが、旅を思い出しながら日々お使いいただくのも素敵では。

オシャレなイラストのポストカード

オシャレなイラストのポストカード

フィンランドの美術館や博物館のミュージアムショップにてよく売られているのが素敵なポストカード。いろいろなフィンランド国内のエリアの名前が入ったポストカードはちょっと飾るだけでオシャレ感が。送ってもよし、かさばらないので買って帰ってもよしのお勧めアイテムです。

よくあるご質問

スタッフブログ

2017年01月20日

サーリセルカダイアリー:スモークサウナ、行ってみませんか?

MOI!(モイ!) 本日は、サーリセルカ近くのキーロッパ(Kiiloppa)にあるフィンランド式スモークサウナ […]

もっと見る

  • 2017年01月12日
  • 2017年01月11日ロヴァニエミダイアリー:
  • 2016年12月21日サーリセルカダイアリー:冬のお楽しみ@カウニスパーの丘♪
  • 2016年11月02日ヘルシンキの新しいランドマーク
  • 投稿一覧を見る

    フィンランドの行き方・アクセス情報を見る

    フィンランド航空が成田・名古屋・関西空港から、日本航空が成田空港からヘルシンキまでの直行便を毎日就航しています(10月~3月は名古屋・関空便が一部減便)。日本からヘルシンキまでは9.5~10.5時間です。 このほか、スカンジナビア航空がヘルシンキまで成田空港からコペンハーゲン経由で毎日就航しています(冬期は一部減便)。成田からコペンハーゲンまでは約11~11.5時間、ヘルシンキまでは約1.5時間です。

    フィンランドのおすすめホテル

    ヘルシンキ オリジナル・ソコス・ホテル・ヴァークナのホテル情報

    ランク

    宿泊金額
    1泊平均:¥16,300

    ヘルシンキ中央駅前にあるスーペリアクラスのホテル。市内⇔空港間をつなぐフィンエアーバスは駅前のバスターミナルを利用するので、飛行機でも列車でもアクセス抜群です。また、ホテルはソコスデパートに直結しているので、外に出ずにお買い物も出来る最高の立地です。 朝食は上層階のレストランで街を眺めながらゆったりと。朝の素敵な時間を過ごして一日のパワーを養いましょう。時期によってはお得な時もあるので、料金をチェックしましょう。

    ロヴァニエミ サンタズ・ホテル・サンタ・クロースのホテル情報
    ランク

    宿泊金額
    1泊平均:¥14,900

    ロヴァニエミ市内では一番のホテル。全室バスタブ付なのはこのホテルだけです。街の中心・サンポショッピングセンターの向かいにあり、ロケーションは抜群。オーロラシーズンは特に人気が高く混み合うのでお早目の予約が望ましいです。


    サーリセルカ ホリデイクラブ サーリセルカのホテル情報
    ランク

    宿泊金額
    1泊平均:¥12,500

    ヨーロッパでも最も北にあるこのスパホテルには、スパ施設はもちろん屋内プール、また敷地内にAngry Birdsアクティビティパークがあり、大人の方もお子様も滞在をお楽しみいただけます(有料)。バス停もホテルの目の前にあるので、他都市からのアクセスも楽々。アパートメントタイプのお部屋もあるので、ご家族でのご利用や長期滞在にも適したホテルです。


    おすすめツアー

    オーロラ観測の定番コース冬のロヴァニエミ

    所要時間:3泊4日

    催行日
    2016年12月19日~2017年1月3日を除く期間中毎日

    料金(お1人様)
    ¥ 37,300

    詳細・お申し込み

    催行期間:2016-11-28〜2017-03-24

    オーロラ観測の穴場イナリへのツアー

    所要時間:2泊3日

    催行日
    毎日(一部日にちを除く)

    料金(お1人様)
    ¥ 34,500

    詳細・お申し込み

    催行期間:2016-10-01〜2017-04-30

    フィンランドの人気オーロラツアー、カクシラウッタネンのガラスイグルー宿泊確約。寝ながらにしてオーロラを観測するチャンスです。

    所要時間:3泊4日

    催行日
    12月~4月の特定日

    料金(お1人様)
    ¥ 78,900

    詳細・お申し込み

    催行期間:2016-12-04〜2017-03-20

    今人気のガラスイグルーに泊まり、冬のフィンランドを楽しみましょう!

    所要時間:4泊5日

    催行日
    2016年11月15日~12月17日,2017年1月6日~3月30日

    料金(お1人様)
    ¥ 55,900 〜

    詳細・お申し込み

    催行期間:2016-11-15〜2017-03-30

    「北欧トラベル」は北欧のスペシャリストによる旅行情報・予約サイトです

    北欧トラベルの特徴をもっと見る


    このコースについてのご相談・お問い合わせ

    お見積もり・旅行プランのご相談