ネットトラベルサービスは「北欧トラベル」として生まれ変わりました!

北欧トラベルガイド

フィヨルド特集

今年こそ個人旅行でノルウェーのフィヨルドに行ってみたい、そんな方におすすめのノルウェーフィヨルド特集サイトです。
ノルウェー西部の海岸線に続くフィヨルドの中でご紹介するのは代表的な5つのフィヨルドです。北から順にガイランゲルフィヨルド、ノールフィヨルド、ソグネフィヨルド、ハダンゲルフィヨルド、そしてリーセフィヨルド。2005年にはガイランゲルフィヨルドと、ソグネフィヨルドの支流、ネーロイフィヨルドが世界遺産に登録されました。

ソグネフィヨルド

海岸線から深く入り込んだ入江の全長は204km。周囲には標高1,700mを超える山々が連なり、最深部の水深が1,308mにも及ぶ世界最大スケールのフィヨルド。山岳鉄道やフェリーを乗り継ぐ変化に富んだ旅が楽しめることから、一番の人気を誇っています。

ガイランゲルフィヨルド

海岸線から深く入り込んだ入江の全長は204km。周囲には標高1,700mを超える山々が連なり、最深部の水深が1,308mにも及ぶ世界最大スケールのフィヨルド。山岳鉄道やフェリーを乗り継ぐ変化に富んだ旅が楽しめることから、一番の人気を誇っています。

ハダンゲルフィヨルド

他の有名なフィヨルドに比べて穏やかな山々が連なるハダンゲルフィヨルドは、最も女性的な美しさをもつフィヨルドです。山の斜面にはリンゴやサクランボなどの果樹園が続き、毎年5月になると一斉に花を咲かせ、海の青と新緑に中に柔らかな色でフィヨルドを彩ります。

リーセフィヨルド

リーセフィヨルドのハイライトは「教会の説教壇」という異名をとるプレーケストーレンに凝縮されているといっても過言ではありません。まるで海に突き出す断崖絶壁の一枚岩は、平らになった頂上から下を覗き込むと、自然の驚異と造形美、そして恐怖が同時に感じられることでしょう。

ノールフィヨルド

オーレスンとベルゲンを結ぶ道の途中に位置するノールフィヨルドは一見地味ではありますが、近くにはノールフィヨルド最大の見どころ、ヨーロッパ最大の氷河ヨステダール氷河の支流、ブリクスダール氷河があります。フィヨルドと氷河の両方が楽しめる場所、それがノールフィヨルドです。

一生に一度は見たい絶景

自らの足でここまで登った者だけに見ることを許される、眼下に雄大なフィヨルドの水面が碧く輝く奇跡のような絶景

フィヨルド観賞のワンポイントアドバイス

夏がベストですが、雪をまとったフィヨルドも素敵です

昼間の時間が長い夏が、最も人気のある観光シーズンです。しかし世界各国からの観光客も多いため、ホテルの予約が取れなかったり思うようにはいかないかもしれません。できるだけ早くから旅行の計画を立てるか、少し時期を外すのも吉です。冬のフィヨルドはとても寒そうですが、雪をまとったフィヨルドは幻想的で、観光客も少ないためとても静か。冬は交通手段の関係で訪れることの出来る場所は少なくなりますが、フィヨルドエリア内には屋外にジャグジーやスパのある素晴らしい景色のリゾートホテルもありますので、人と違うものが見たい、したい方にはおすすめ。


旅のベースポイントは、オスロ、ベルゲン、オーレスンといった都市

フィヨルド観光の出発点は日本からの飛行機でも比較的アクセスしやすいノルウェー内の主要都市。首都のオスロ、第2の都市ベルゲンやオーレスンといった都市です。そのため、個人旅行でも、ノルウェーが初めての方でも比較的簡単にフィョルド観光が可能です。


有名なソグネフィヨルドだけでなく、他のフィヨルドと組み合わせて周遊できます

ソグネフィヨルドは最も有名で、日本の観光客も最も訪れるフィヨルドですが、ガイランゲルフィョルド、ハダンゲルフィヨルド、リーセフィヨルドなどはソグネフィヨルドと組み合わせて周遊することができます。せっかく行くのなら、駆け足ではなくていくつかのフィヨルドを訪れてみましょう。


ノルウェーの交通手段は、1日の運行本数がとても少ないので、事前にちゃんと計画を

全土で500万人ほどと人口が少ないノルウェーは、鉄道やバスの運行本数も日本の都市部と比べると大変少ないです。フィヨルド観光にいく場合も、乗り継ぎのスケジュールはほぼ決まっています。北欧トラベルのホームページではモデルコースとして紹介していますので、その通りに周るとよいでしょう。