2015.01.23

リトアニア

リトアニアってどんなとこ?

皆様こんにちは。日本もようやく寒くなってきましたね。インフルエンザも大流行ですので、お気を付けください。

タイトルになっている「リトアニア」。皆さん耳にされた事はあるかと思います。もちろん「どこ?!」という方もいらっしゃるかと思います。
最近旅行先として人気の「バルト三国」ですが、その中で一番南に位置するのが「リトアニア」。残念ながらエストニアやラトビアに比べてまだまだ認知度が低い国ですが魅力はたっぷり!

map

さて、このリトアニア。いったいどんな国なんでしょうか?

日本からはフィンランド航空を使うと、とっても行きやすいです。ほぼ毎日、同日での到着が可能。2015年にはようやく通貨もユーロになり、バルト三国は全て同じ通貨で旅行ができるようになりました。旅行の時に頭を悩ませる両替。しかもその国でしか使えない通貨だと、残らないようにするのが至難の技。でもユーロなら、安心です☆ 残っても別のヨーロッパ旅行の時に使うことができます!

でも、「何があるの?」と思われる方も多いと思います。 リトアニアの首都ヴィリニュスは旧市街が世界遺産に登録されています。(バルト三国はいずれの首都も旧市街が世界遺産にそれぞれ登録されているのです。)古い教会、塔、お城等が残って中世の雰囲気がそのまま残っています。旧ソ連なのでKGB博物館も市内に残っていたり、と思うと新市街には立派なビジネス街があったり、いろいろな顔を持つ都市ですね。郊外にはトラカイ城という青い湖に浮かぶ赤いレンガのまさに絵になるお城もあります。

そして日本人なら忘れてはならないのが「日本のシンドラー」と呼ばれた杉原千畝がユダヤ人にビザを発行し続けた地、カウナス。カウナスには当時の領事館がそのまま杉原記念館として保存されています。

さて、歩いたらお腹がすきますね。日本ではあまり知られていない、リトアニアの食を紹介です。シルクロードを伝っていろんな国に広まった餃子はリトアニアでは「コルドゥナイ」という名前に変わります。茹でてサワークリームをかけていただきます。もちもちの皮が美味です。そしてひき肉をじゃがいもで包んだツェペリナイは地元の人も大好きな一品。でも手間がかかるからレストランで食べることが多いのだそうです。ちなみに「ツェペリナイ」はドイツの飛行船「ツェッペリン」に由来しています。形が似てるのですね。他にもはちみつやフルーツなどを使った優しい味のデザートなど、日本の方のお口に合うものがたくさんあります。

↑コルドゥナイ
↑ツェペリナイ

リトアニアのことをもっと詳しく知りたい方は北欧トラベルのリトアニアの観光情報をチェックしてみましょう。

行ってみたくなったら、「世界遺産の旧市街を巡る バルト3国周遊 6泊7日」 でお出かけしてみてはいかがでしょう?
また、この後もバルトのツアーを弊社サイトで発表予定です♪

あわせて読みたい

2020.02.14
リピートしたくなる♪リガの人気ホテルの朝食で優雅な1日をスタート! グルメラトビア
2020.01.17
リガ旧市街を賢く観光!タダで入れる博物館特集 スポットラトビア
2019.12.16
寒い時期に食べたくなる♪リガのラーメン事情 グルメラトビア
2016.04.20
バルト三国の本、出来ましたよ!/バルト三国-愛しきエストニア、ラトビア、リトアニアへ エストニアラトビアリトアニア
2016.03.29
ヨーロッパ最大級の市場 in リガ ラトビア

関連キーワード