2018.11.13

宿泊デンマーク

デザインホテルいろいろ@コペンハーゲン

こんにちはー。
10月最後の週末でサマータイムが終わり、それに合わせたように急激に気温が下がりまして、ひぇ~と凍える寒さになりました。
今秋はいつまでも暖かい気候が続いて、その上例年に比べ紅葉がとても綺麗でしたし、デンマークの秋も捨てたものじゃないじゃない♪、な~んて呑気に過ごしておりましたが、いよいよ長い冬に向けてまっしぐら―.。

さて今回はデザインホテルのお話しです。

「北欧」をキーワードにネット検索をすると、最近ヒットする言葉のひとつに日本でも話題のhygge(ヒュッゲ)があります。
心地よい空間、時間の中でほんわかと過ごすヒュッゲな暮らしはデンマーク人にとって何よりも大切なこと。
そしてヒュッゲな空間作りには北欧デザインのインテリアも大きな役割を果たしています。

ということで、北欧テイストなインテリアコーディネートが素敵なコペンハーゲン市内にある3軒のホテルをご紹介します。

★Scandic Copenhagen(スカンディック コペンハーゲン)★

Scandicは北欧を中心に大きく展開しているホテルブランドで、コペンハーゲン市内だけでも何か所もあり、それぞれ個性豊かなインテリアでどこも魅力に溢れています。

その中でもScandicコペンハーゲンが他のScandicと違っているのはその規模。18階建てというコペンでは数少ない高層建築の中に全486部屋。
市内でも大型ホテルの一つに入ります。
そして旧シェラトンホテルであった広々とした空間をScandic流の機能的かつポップなデザインでリノベーションされていて快適に過ごせること請はけ合いです。

ルームタイプはエコノミーな価格のものから一部屋に6人が泊まれる100㎡のプレジデンシャルスウィートまでいろいろ揃っていますが、どのタイプもカラフルな色使いのインテリアに大きな窓から差し込む光が明るい空間を作り出しています。

スタンダードルーム

ロビーエリアにはお洒落なされなソファーが配置され、Barコーナーもとってもスタイリッシュ。日が暮れるとビールやワインを楽しむ人々でワイワイとても賑やかです。

ロビー

Bar

ホテルを出ると目の前には遊歩道に囲まれた湖があり、ジョギングやお散歩を日課としている宿泊客には最適なロケーションです。

★The Square(ザ スクエア)★

コペンハーゲンご滞在中、アクティブに動きたい方には文句なしに最高のロケーションです。
ホテルの前の大通りを渡るとコペンハーゲンの市庁舎広場、その広場を横切れば歩行者天国のお買い物ストリート・ストロイエ、そしてチボリ公園もすぐ側にあります。
さらに朗報は、来年開通が予定されているメトロの新路線CityringenのRadhuspladsen駅がホテルのすぐ目の前にできますので、コペンハーゲン空港からのアクセスは抜群、交通の便利さではピカ一のホテルと呼んで過言ではありません。

ホテルに入ってすぐにあるロビーエリアは、日頃はシンプル&モダンなインテリア、しかししばしば季節の行事に合わせてあっと驚きのデコレーションが施されます。

ハロウィン仕様のロビーエリア

スーペリアルーム

ここは最上階に朝食会場があり、コペンハーゲンの街を眺めながら美味しい朝ご飯を頂けます。お天気の日はテラス席でコーヒーを飲みながらその日のプランを立ててみたり、素敵!

最上階のテラス

★Imperial(インペリアル)★

日本でお馴染みの24時間営業7イレブンやS-Trainと呼ばれる電車のVesterport駅が目の前にあり、とてもコンビニエンスなホテルです。

落ち着いた雰囲気のロビー階には、小粋なBarを備えたイタリアンレストランがありますので、お腹は空いたけど出かけるのは億劫、という時、手軽にイタリアンナイトはいかがです?

ロビー

イタリアンレストラン

客室はロビーエリアと同じくレトロルックなインテリアで整えられ、ポップな北欧モダンを打ち出している他のデザインホテルとは一味違い、これまたスタイリッシュ。

スーペリアルーム

今回ご紹介した3軒のホテルは、どこからもコペンハーゲン中央駅まで徒歩圏内ですので、空港・市内間の移動、あるいは郊外の観光地へ出かける時に便利です。
またツーリストインフォメーションセンターが駅中と駅の近くにありますから、コペンハーゲンカードを購入する時にも困りません。
また大人気のスーパーマーケットIrma(イヤマ)は中央駅近辺に2軒もあります!
相変わらずイヤマgirlが刺繍されたエコバックを買う方は後を絶ちませんが、あれ実はしっかりとした丈夫な布でできている分案外重いのですよ。
でも大丈夫、お買い物してすぐにホテルへ戻れますので!

デザイン良し、立地良し、さてさてどのホテルがお好みですか?

ホテルを決めたら北欧トラベルのデンマーク観光情報で服装や気候をチェックしていきましょう!

関連キーワード