2019.02.27

エストニアショッピング

タリンの スゴイ本屋さん!!ここまで心理を突かれてしまっては、、、さぁ諦めて長居しちゃいましょうよ。

皆さん、こんにちは!バレンタインデーは大成功でしたか?
こちらでは【友達の日】と言って誰にでもあげて良いんです。あまりこの機会に告白するっと意気込む人はいませんが、男の人からでも女の人からでも仲が良ければOK。お店の中はハ-ト、ハ-ト、ハ-トと賑やかになります。
さてエストニア、タリンはやっとやっと春の訪れを感じられるようになりました!
って、そんな早く!?前回は零下22度!!とか言っていたのに、、、っとお思いの方も当然いらっしゃいますよね。そうなんです、この時期はいつも今日は雪解け!(^^)!っなんて喜んでいると次の日はピッカピカのスケートリンクのような道に早変わり。普段使うことのない筋肉をふんだんに使って歩くせいか筋肉痛出現。それでもコケるよりずっとずっと良いですよね。そして吹雪いたと思ったら太陽が顔出しちゃったり。
お天気次第で一喜一憂の毎日と言っても良いくらいなんですよ。ですから天気予報は欠かせません!
翌日の服装(防寒対策度)の程度にとか、車の運転は控えようとか、靴下は2枚かなとか、サングラスをかけちゃおうかなとかですね、あらゆる角度から対策を練っておかないと痛い目にあうんです。
はい、自然をなめてはいけませんね。
そういった気遣い、そして暗い時間の長さにロ-カルですらお疲れモ-ド。暖かい国に少しの間でも充電しに行きたい!っと思うのですから、越冬はそう簡単なことでないことも皆さんにもご想像つきますね。

そんな事を忘れさせてくれるのが本屋さん!急に飛んだ感じがしないでもないですが、スマホで何でも手に入るこの時代にわざわざ行きたくなるのは本が手に入る以外の価値があるからだと思いませんか。
自分だけの世界に入り込めるほど居心地が良いんです。落ち着いた内装、フカフカのソファー、気になる小物の数々に、時々漂うコ-ヒ-や焼き立てパンの香り。まだ買ってもいない本なのに、家にもたどり着いていないのに、私リラックスし過ぎ?本当に時間を忘れてしまいそうです。いつからこんな風になったんでしょうね、本屋さん。
エストニアには大きく『Rahva Raamat (ラッファラ-マット)』と『APOLLO(アポロ)』の二つの本屋さんがあります。

エストニア中のショッピングセンター内にどちらかひとつは必ずあって、一見似たように感じますが前者はどこかの家でくつろいでいるような、後者はシンプルな内装の中で安らげるといった違いを出し、つい長居してしまうほど落ち着ける場所となっています。
『Rahva Raamat (ラッファラ-マット)』はシティセンターですと、Viru(ヴィル)ショッピングセンター内にあるものが1600㎡の店舗面積を持つバルト三国で最大の本屋さん。
書籍出版業界の大集会であるLBFと呼ばれるロンドンブックフェアーで2016年の世界で最も良い4つの本屋さんに選ばれています。3階と4階に広がる本棚の長さはなんと6,7㎞あると言いますから広さはご想像つきますね。広がる世界は本だけに留まらずDVDやCD,ボ-ドゲ-ムや文房具まで。子供向けの本のコ-ナ-にはくねくね道に、トンネル、洞窟と言った子供心をくすぐるような仕掛けも。

気になる本が見つかれば柔らかいソファーに座って読書開始。隣に位置する二つのカフェでカプチーノはいかがでしょうか。

ガ-デニングの本の隣には素敵な植木鉢が並べられていたり、旅行の本の隣には地球儀が並べられていたりと、あれもこれもつい手に取り見てしまいます。
この他、旧市街並びに一店舗、Rocca al mare(ロッカァルマ-レ)、Mustamae(ムスタマエ)ショッピングセンター内でもお楽しみいただけます。

一方、『APOLLO(アポロ)』ですがそこまで広くない面積の中でもやはりラインナップは目白押し。プレゼントを求めに本屋さんに行く人が少なくないくらいです。こちらにはコ-ヒ-マシンもありますね。

こちらも子供コ-ナ-は店内にある内階段を上がって森の中へ入り込めるような仕掛けが。

そして大きな違いはAPOLLO映画館があること。

読書に満足したら映画鑑賞はいかがでしょうか。シティセンター内ではSolaris(ソラリス)ショッピングセンター、Kristiine(クリスティーネ)ショッピングセンターなどアクセスが簡単です。

随分と日も伸びて来たタリンです。観光の合間に本屋さんに是非立ち寄ってみてください。
素敵な旧市街の写真集や101周年を記念する本にも出合えますよ!

それではタリンでお会いしましょう。ヴァッセルがお届けしました。

【URL】
ラッファラーマットhttps://www.rahvaraamat.ee/site/shops/en
アポロhttps://www.apollo.ee/en/raamatud

カフェ巡りや本屋さん巡り。街歩きを楽しむには、服装・機構の事前チェックも忘れずに。北欧トラベルのエストニア観光情報が便利ですよ!

あわせて読みたい

2016.07.12
街歩きのおともに!フレッシュジュースでビタミン補給 スウェーデン

関連キーワード