2019.07.04

クルーズ特集デンマーク

『氷山と氷河が支配する』秘境グリーンランド

北極にある世界最大の島グリーンランド。国土の80%以上が氷に覆われ、海には巨大な氷山が浮かぶ神秘的な風景を作り出しています。世界遺産アイスフィヨルドで生み出される氷山の総量は北半球最大級。あのタイタニックが沈没する原因となった氷山は、グリーンランドから流れたものと言われています。その深く刻まれたフィヨルドの海岸線にはカラフルな家々が並び、荒々しい岩山やツンドラ大地とのコントラストが印象的。氷山が浮かぶ絶景が日常なんて、なんと贅沢なことでしょう。南極となると2週間以上の長期旅行になりますが、北極エリアは9日間程度で探検が可能なのもポイント。北極クルーズは100万円を超える高額なものが多いですが、半額以下で行くクルーズもありますよ。一生に一度、思い出に残る探検になること間違いなし!

氷山に接近!
海岸にはいろいろな大きさや形をした氷山がぷかぷかと浮かんでいます。その青く、白く美しい姿はいつまで見ても全く飽きることがありません。巨大な白鳥のように見えたり、ケーキのように見えたり、巨大なアイスクリームみたい。『氷山クルーズ』に参加して氷河の近くまで接近します。小型ボートで氷山がひしめく海の中を進むと、アザラシがひょっこり顔を出しました。さらに氷山に近づいて巨大な姿に見とれていると、鯨が現れました!プシューと潮を吹きながら優雅に泳いでいます。背びれや尾びれが現われては消えていきます。消えたかと思うとあちらのほうでまたプシューと現れます!『いつも現れる訳じゃないからラッキーだったね!』と船長さんのコメント。まるで『物語の世界』に迷い込んだかのような時間でした。

絶景!氷山ハイキング
世界遺産アイスフィヨルドへ向けてハイキング。私は海辺を歩く中級コース(2.7㎞)を選びました。初級コース(片道1.3㎞)もあります。氷山が浮かぶ絶景を楽しみつつ、岩のペンキの目印に従い進みます。岩山をアップダウンしますがあまり高低差がないので疲れません。遠くでプシューと鯨の潮を吹く音が聞こえます。足元は岩や草が生えているだけのツンドラ大地ですが、ところどころ可愛らしい高山植物が咲いています。巨大すぎて氷山なのか氷河なのか分からないくらいの氷塊を眺めて『なんてきれいなの!』と自然に笑顔になります。心地よい疲れを感じながらアイスフィヨルドの入口に到着。眼下に氷河の圧倒的な眺めが広がります。ひたすら感動。生きていることに感謝!

イヌイットの暮らしと文化
グリーンランド人イヌイットの人々が民族衣装で出迎えてくれました。顔は日本人そっくり。アザラシの毛皮のパンツ、カラフルビーズ刺繍、アノラック(頭からかぶる)。村の教会で歌を披露してくれます。イヌイットの言葉で自然について歌ってるそう。言葉は分からないけれどもすごく素敵な歌です。村の人々が『カフェミック』に招待してくれました。コーヒーや紅茶を飲みながら楽しいパーティーをするというもので、伝統的な踊りを教えてくれました。

インスタ映え!カラフルな家々が並ぶ:
岩に張り付くように海岸沿いに並ぶカラフルな家々が見えてくると、町や村に近づいたことが分かります。グリーンランドには町や村を結ぶ『道』というものが存在しないため、船でアクセスすることが必要です。街の入口には鯨のあごの骨!で作られた門、19世紀の古い建物などすごくいい写真が撮れて満足。

人生観が変わる旅:
イヌイットの人々は20世紀中頃まで、厳しい自然で自給自足の暮らしをしていました。夏は芝土で覆われた穴倉のような家、冬は雪や氷で出来たイグルーなどに住んでいました。グリーンランドには大木がないので、木造家屋を建てることが出来なかったのです。カヤック(イヌイットの言葉です)や犬ぞりを操りアザラシや鯨、魚などを狩猟し、それを生活の糧として素朴な暮らしをしていました。服や靴など身の回りのものも全て、周りの自然から作り、その中で独特な宇宙観、宗教観を育んできました。物質的には豊かな暮らしではありませんでしたが、心の豊かさを知るイヌイットの人々。お金や物を貯めこんだり、いかに時間を効率的に使うかといった事は、彼らの伝統文化にはありませんでした。探検家・植村直巳さんも彼らの文化に魅了され、イヌイットの人々と暮らしていました。まさに日本人にとってグリーンランドは人生観を変える旅になるでしょう。

超お買い得!日本発着航空券付きで698,000円~のツアーをご用意しています。数が限られているのでお早めに!日本人コーディネーターも同乗しているので安心です!
https://www.tumlare.co.jp/items/view/9754

あわせて読みたい

2016.03.10
アイスランド行ってきました~! アイスランド
2014.01.08
BS朝日「世界の船旅」で放映されます。 クルーズ特集その他

関連キーワード