2019.09.17

交通アイスランド

レイキャヴィク市内でタクシー

Godan daginn (=ゴウザン ダイイン、アイスランド語で「こんにちは」)、アイスランドはレイキャヴィクから「木」です。

アイスランドはすっかり秋です。レイキャヴィクでは紅葉というか黄葉がはじまり、夜の9時には暗くなってきて夏の終わりをしみじみ感じます。アイスランドの夏は天気がいいとなんとなく外に出ないといけないような気になるのですが、そのため好天続きの夏だと疲れてしまう人もいるみたいです。せかせかと動いていた夏がおわり、じっくりと時を過ごす時間です。

さて、今日は前回に続いてレイキャヴィクでの移動について。前にご紹介した公共交通機関のバス以外に旅行に便利なのがタクシーです。タクシー移動というと贅沢に聞こえるかもしれませんが、限りあるアイスランドの滞在時間を有効に使うにはベストだと思います。値段は決して安くはありませんが、レイキャヴィクの街自体大きくないので目が飛び出すほどにはならないかと思います。

アイスランドのタクシーの目印は車の上についている黄色いTaxiというランプ。日本のタクシーのような会社で揃った色の車というわけではありません。電気がついていれば空車、消えていればお客さんが乗っている状態です。こちらも日本のように「空車」と出ているわけではありません。

◆つかまえ方

つかまえ方ですが、まずいわゆる流しのような状態のタクシーは少ないです。方法としては三つ。出発地点(ホテル、レストランなど)で呼んでもらう、タクシープールに行く、アプリで呼ぶ、です。
まず出発地点で呼ぶ場合。週末の夜など混んでいるときを除いて大体すぐ来てくれます。私は10分以上待ったことはないです。次にタクシープール。レイキャヴィク市内にもいくつかあります。たとえばセンターホテルプラザの前やハードロックカフェの前など。

タクシープールには看板があります。

そしてアプリ。前回の市内バスもそうですが断然アプリが便利です。

アプリでの操作でタクシーを呼ぶことができ、そのタクシーが今どこにいるのかもわかりとても便利です。

◆乗り方

まず自分でドアを開けます。日本と違って自動ではあきませんよ!助手席に乗っても後部座席に乗ってもOK。私はなんとなく後部座席派です。ゴーザンダイエンとあいさつをして行先を告げればメーターが回り始めます。場所の名前が発音しにくい場合は紙に書いたものやスマホに表示させたものを見せれば大丈夫です。市内だと運転手さんがその場所を知らないことは珍しく、わからなくてもGPSを使いますので安心してください。

◆料金

初乗りは運転手さん以外に4人乗れる一般的なサイズの車で690 ISK、1Kmごとに420 ISK。昼間の5Kmくらいで2000円弱といったところでしょうか。5-8人乗れるような大型だと初乗りが890 ISKで1Kmごとの料金が540 ISKです。

◆支払い方

クレジットカードでOK。大きな額の紙幣で払うとお釣りがないこともあるのでクレジットカードがおすすめです。サインは不要。

◆降り方

は特にないのですがドアを閉め忘れないように注意。日本からいくとついつい忘れがちですよね。

アイスランドに住む人も週末の夜には利用するケースがとても増えます。ディナーでお酒を飲んだり、夜遊びしたりの帰りですね。金曜や土曜の夜12時以降は待つことも多いので余裕をもって乗ってくださいね。
それではまた、Bless bless!

レイキャヴィクの移動手段がわかってくると、ますます行きたくなりますね。北欧トラベルのアイスランド観光情報で基本情報をチェック!

あわせて読みたい

2020.04.15
愛すべきケッタイな国・ノルウェー  オスロ便り(37)/“Koselig”に引きこもろう!@北欧雑貨「ソストレーネ・グレーネ」 ノルウェーショッピング
2019.12.25
Gleðileg jól! アイスランドのクリスマス 季節アイスランド
2016.12.21
サーリセルカダイアリー:冬のお楽しみ@カウニスパーの丘♪ フィンランド
2016.04.13
アイスランドのお食事事情 アイスランド
2016.03.10
アイスランド行ってきました~! アイスランド

関連キーワード