2020.02.08

エストニアショッピング

冬はやっぱりウ-ルでしょ‼ 北欧デザインで可愛く暖かく、何よりもエコ・フレンドリーに。注目『WOOLISH』

こんにちは!日本の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

すっかり正月気分も抜けきり、通常の生活に戻られてる事でしょう。少し春めいてきましたでしょうか。今年はいよいよオリンピックの年!世界から日本が注目され、開催中でなくても観光客がジワジワと増えてきていますでしょうか。エストニア、タリンはいつも通りっと言いたいところですがひとつツ-リストにとって良いお知らせがあります。

タリンでは新しいトラム(路面電車)に無料WIFIが始まりました。これから迎える観光シ-ズンにWIFI環境は準備万端と言いたいところです。こちらではどんな小さなカフェでもWIFIは当たり前にありますし、街中にはシティーWIFIのスポットが多くありこれも完全無料です。さすが、国民の権利として謳ってあるだけありますね!そして通話やSMSを希望の方にはス-パ-やキオスクで簡単にそしてお安くSIMカ-ドが手に入るんです。大体ですが5ユ-ロ程で1GB、プラス通話は500分、プラスSMS300という物や、ネット2GBなど用途に応じて選べます。
いかがです?結構便利ですよね。
それに比べ日本では「フリーWIFI」なんて表示を良く目にしますが、海外からのツ-リストにとっては無料ではなかったり、使えなかったりとがっかりしたというのも聞きます。それでもカフェやショッピングの際、お店のネットが使えたりと随分増えてきているのも事実。後はどうにか電車の中、もしくは駅で使えると移動に役立って安心ですよね~。
っというわけで、こちらに旅行で来られる際はネット環境は全く心配ありませんから!

さて、今回ご紹介するのはニット製品の店『WOOLISH』です。

こちらのお店は旧市街の中、ハリュ-通り(Harju st)にあって他のエストニアンブランドのアクセサリーもご覧になれる専門店です。
商品は市街のお土産店やショッピングセンターの中にも入っていますのでこちらに来られた方はどこかで絶対に目にするに違いありません。そして工場は芸術の街、ヴィリヤンディというタリンから2.5時間程のところにあります。
優しい色合い、ウ-ル特有の風合い、どこかスカンジナビア的なデザインで幅広い年齢層に好まれているんです。ここで出てくる重みのあるザックリ編みのウ-ル、、、日本の皆さんには少し遠くなってしまった存在かもしれません。
ですがせっかくの機会です。ウ-ルについて見直すチャンスになってほしいです。特徴を挙げますと、

1、吸湿性に富んでいる。2、放湿性にも富んでいる。3、保湿性に優れている。4、静電気が起きにくい。5、自浄作用がある。6、防臭作用がある。
何よりも天然素材です。環境にも身体にも優しい。再利用も可能ですね。こちらでは赤ちゃんからお年寄りまで身に着けていますよ。それも、夏にです。このWOOLISHの製品を身に着けてヨガをやってみてっなんて書いてあるくらいですから汗をかいたって、動き回ったって快適ということですね。

WOOLISHのストーリーをのぞいてみましょう。
さかのぼるは1890年代、エストニアのごく普通の家庭からこの魅力溢れるニットは生まれます。
ヒルダ母さんが編み物をしていると娘のデイジーはいつもそばにいて、いつの日か自然とその技術を受け継ぎました。そしてデイジーの娘、クッリも同じように編み物に愛情を注いでいきます。子供の頃のリビングルームの思い出は部屋いっぱいのセ-タ-とウ-ルの匂いというのですから、歯科医になることを夢見ていた少女には目の前の光景の方が現実的に見えていたのでしょう。
その後クッリはスカンジナビア向けにニット製品を製造する事業に成功、ある日テレビ番組のビンゴでなんと賞金を獲得します。2015年には会社はクッリの息子夫婦に代替わりし、幅広いデザインが生まれてきました。スタイリッシュで尚且つ機能性を兼ねたユニ―クな製品がますます注目されるようになったのです。親から子へ、子から孫へ、そして100年という時を刻みウ-ルの魂を大切にしてきたんですね。今は彼らの三人の子供たちへ魂のバトンが繋がれようとしています。。。
素敵ですよね~、ウ-ルの身近な日常。心も体も自然体で居られるような気がしました。
余談ですが、ホ-ムペ-ジにある一枚の写真にはSHIMA SEIKIと書かれた機械が写っているんです。っん?っと感じたのもそのはず、これは日本の会社なんですね。日本を代表する編み機のトップ、島精機制作所さんの機械がこのエストニアで活躍しているんです。何とも誇らしいじゃありませんか。
今後も目が離せませんね!WOOLISHとウ-ルに。

観光シ-ズンが始まる前はゆっくりと、じっくりとお買い物が楽しめますよ。
是非、皆さんのお越しをお待ちしております。
身も心もストレスフリーで生きましょう!それではご機嫌よう。
タリンからヴァッセルがお届けしました。

「WOOLISH」のURL : https://www.woolish.ee/ee/

おとぎ話のようなストーリーを読んでると、買いたくなりますね!
北欧トラベルのエストニア観光情報で気候・服装・基本情報を事前にチェックして、旅支度をしましょう!

あわせて読みたい

2018.10.06
あなたも「チーズの王様」に会いたくなった?! 乳製品天国、タリンでエキサイティングなチ-ズ生活! グルメエストニアショッピング
2017.08.14
レンナルト メリ タリン空港 エストニア
2017.07.11
百聞は一見にしかず!タリンの誇り、中世の雰囲気たっぷりな城壁と防衛塔! エストニア
2017.04.13
タリン、お散歩のいちおしはロマンチックな「カタリーナの小路」! エストニア
2017.03.23
チョコ・チョコ・チョコ!! タリンに広がる本格手作りチョコレート店! エストニア

関連キーワード