2021.03.04

グルメアイスランド

ボッラ ボッラ!

Góðan daginn (=ゴウザン ダイイン、アイスランド語で「こんにちは」)、アイスランドはレイキャヴィクから「木」です。皆さんお元気ですか?レイキャヴィクではいいお天気が続いて7℃の日もありました。なんか暖かい!もう春!と気持ちも軽くなります。そんな春めいた気持ちのなかで今日はBollaというお菓子をたべるボッラBolladagurボッラダーグルについてご紹介します。

イースターの7週間前に当たる日(今年2021年は2月15日)、アイスランドではボッラというシュークリームのようなお菓子を食べる日があります。シュークリームそのままの軽い生地にジャムとたっぷりの生クリームをはさみチョコレートでコーティングしたものが伝統的なボッラです。シューの代わりにパンのような生地のバージョンもあり、好みはわかれますが私は断然シュー派。アイスランドってシュークリームが売ってなくて食べたかったら自分で作るしかないんです。それはちょっと面倒なのでボッラダーグルの少し前から出回るボッラを一年分楽しむしかありません。最近は色々なベーカリーが工夫をこらしたボッラを約1週間前から売り出すようになったので私にとっては嬉しい限りです。…ん?ベーカリー?シュークリームをベーカリーが作る? そうなんです、アイスランドっていわゆるケーキ屋さんみたいにケーキだけ売ってるお店がなくて、ベーカリーがケーキを作って売っているのです。まあそれはともかく、今年私が食べたボッラ達を見てください。

まずはレイキャヴィクのダウンタウンにあるSandholtサンドホルトというベーカリーのボッラ。ぱりっと軽いシューにシュガーコーティングがされ、新鮮なホイップクリームが挟まれています。おいしい!ボッラはどこのものでもホイップクリームは砂糖なしが多いです。甘味が加えられてないからこそ、ホイップクリーム自体のおいしさがよく分かります。

同じくサンドホルトからクラシックバージョン。おいしい!オーソドックスです。ジャムはイチゴジャム。

個性派ベーカリーBrauð og co.ブロイズ オ コからはその名もチーズケーキ(左)とバニラ&ヌガー(右)を。チーズケーキは甘酸っぱいさくらんぼのジャムとチーズの生クリームが挟まりまるでレアチーズケーキ。おいしい!バニラとヌガーもバランスがよく、ちょっと入っているカスタードクリームがこれまたいいハーモニーです。

大手ベーカリーの一つ、Bakarameistarinnバーカラメイスタリンからはイチゴ味を(左)。甘すぎず酸っぱすぎないいちごのクリームがチョコレートのコーティングと相まっていい感じです。おいしい!ハート形のチョコレートもにくいです。右側はあまりに気に入ってもう一回買ってきたBrauð og co.のチーズケーキボッラです。

Bakarameistarinnからはクラシックタイプのキャラメルバージョン(チョコの代わりにキャラメルのコーティング)も。うん、おいしいです!

今年もたくさんボッラを堪能しました。

本来は子供が親のお尻を棒でたたきながら「ボッラボッラ!」と言ってこのボッラをもらう日ですが、ボッラよければすべてよし。ボッラダーグルは大人も楽しめるすてきなお菓子の日です。ボッラダーグルの少し前にアイスランドにくることがあればぜひボッラを試してみてくださいね!

それではBless bless!

あわせて読みたい

2021.04.19
ヘルシンキの現状とイースターのお話。 季節フィンランド
2021.04.12
自然素材でイースターエッグづくり 季節ラトビア
2021.03.02
デンマークのスイーツ、ファステラウンズボーラが美味しすぎ―♪ デンマークグルメ
2019.04.19
アイスランドもイースター! 季節アイスランド
2018.03.31
いよいよ春到来!?イースター仕様の街とハカニエミ市場 季節フィンランドスポット

関連キーワード