2021.03.31

デンマークスポット

橋を渡って運河をくるり、地元っ子と一緒にウォーキング♪

Hej! コペンハーゲンのノリエルです。

待ちに待った春到来ですね。日本は桜前線が気になる季節でしょうか。

こちらはやっと極寒の冬が去りました。なんと言っても3月ですからね。いつまでも凍えてばかりはいられません。しかしなんだか寒い日が続いています。

心なしか春の草花の開花が遅い気もするのですが、ちらほら黄色や白の可憐な小花が見られるようになってきました。

4月になったら花だけじゃなく、パーッと、いろんなことが開いて欲しい願う、今日この頃...

左 待雪草 / 右 節分草

デンマークは少しずつ規制が緩和されてきてはおりますが、まだまだノーマルライフには程遠いです。

先日読んだニュースコラムに、コロナ渦のこの一年、人々がどんなことによりお金をかけるようになったかの7項目が載っていて、わかる、わかるー、とその内容にとても親近感があり面白かったです。

どんなことが挙がっていたかというと、

1.パズル →禅のモチーフに人気があったそうです
2.オンラインで食材の購入と宅配
3.株式投資
4.フィットネス関連グッズ →例えばフィットネスウォッチやハイキングシューズ
5.ペット
6.ペンキ →家のメンテに使える時間はいっぱいありますからね
7.スイーツ →お菓子と共にお菓子作りの用具も人気

ちなみにこの7つの中で私がハマったのは4と7で、とくに4が関係する運動には力をいれております。

フィットネスといってももっぱらウォーキングがメインで、一回約10000歩が目標。

歩くのは通常家のそばの公園ですが、時々は場を変えて心身ともにリフレーッシュです!

快晴のある日、街中の運河の辺りまで遠征し、橋を渡って一周してみました。

以前は市内の中心部へ行くのに車も渡れる幅広の2つの橋があるだけで、運河を超えるためにはそのどちらかに行かなくてはいけなかったのですが、知らない内にいくつもの小さな橋ができていました。

新しい橋は歩行者や自転車用で車は通りません。それらの橋を使っていろんなところへのアクセスが格段に良くなりました。

今回の出発はChristianshavn(クリスチャウンズハウン)です。

メトロの駅からしばらくはチャーミングな街並みを眺めながら進み、第1の橋、Inderhavnsbroenを渡ってNyhavn(ニューハウン)へ。

その後Kongens Nytorv(コンゲンスニュート))や Christianborg(クリスチャンボー)を通り過ぎ、

王立図書館・ブラックダイアモンドで運河に出て、

そのまま水辺を歩いて2番目の橋、Lille Langebroで対岸のクリスチャウンズハウン側に戻り、

傘の骨のようなデザインの橋、Cirkelbroenを渡ってさらに進み、

そしてまたスタート地点へ戻るコースをのんびり歩いてみました。

運河に出てしまうとショップなどはないのですが、コペンハーゲンの街を幅広く見渡すには、橋の上は最高ですよ!

関連キーワード