2021.05.19

アクティビティロシア

モスクワ大学付属の植物園は都会のオアシス!

プリヴェット! モスクワのあーしゃです。

春が遅かったモスクワもやっと暖かくなってきました。

5月の連休は雨の日が多かったのですが、少しお天気が回復した日にプロスペクトミーラにあるモスクワ大学の植物園に行って来ました。
THE APOTHECARIES’ GARDEN | The Botanic Gardens of Moscow State University (hortus.ru)

2階にあるチケット売り場でチケットを買って入場します。

平日は大人300ルーブル (約450円) 子供200ルーブル(約300ルーブル)
休・主日はそれぞれ100ルーブル増しになります。
価格は2021年5月現在

植物園の入り口を入ると池が、その突き当りはモスクワにめずらしい温室があります。

入り口はせまいですが、植物園の敷地はすごく広くて、中にはこんな池や並木道もあります。

迷ってしまいそうですが、ところどころに案内版があるので大丈夫。

今年は春が遅いのでチューリップにはまだ早い感じでしたが、水仙はきれいに咲いていました。

マグノリアの花や他にもいろいろお花が咲いていてとてもきれいでした。

そして、この植物園には日本の桜があります。日本のロシア友好協会からの贈られた桜だそうです。丁度満開でした。

ずっとコロナ禍で一時帰国できてないし、モスクワで桜を見ることが出来て本当にうれしかったです。

連休中ということもあり、チケット売り場は大行列。 多くの人が緑を楽しんでいました。

園内を囲むようにカフェとレストランが配置されていて、チケットを買わなくてもカフェのベランダ席から園内を見ることが出来ます。

これからどんどん季節がよくなるので、ベランダ席は予約が必要かもですが、ベランダ席でお茶しながらお花をめでるのもいいなと思いました。

あわせて読みたい

2021.09.13
SUPに乗って水上リーガツアー体験。 ラトビアアクティビティ
2021.08.20
ダーチャ生活体験! アクティビティロシア
2021.07.12
リトアニア人の大好きな自然! アクティビティリトアニア
2021.05.14
いつでもライブ配信中!! 北の地に住む野生動物の日常。興味津々、エストニアに帰ってきた渡り鳥の子育て風景を。 エストニアアクティビティ
2021.04.05
ゲルディンガダールルの噴火ハイキング アイスランドアクティビティ

関連キーワード