2021.07.19

グルメロシア

テラス席が気持ちいい~ モスクワの夏

プリヴェット! モスクワのあーしゃです。

モスクワには今猛暑到来中。 珍しく30度越えの日々が続いています。

30度越えと言っても、ご覧の通り最低気温は20度前後なので熱帯夜にはなりません。湿度が少ないので昼間も日陰は爽やか。 大体いつもモスクワの夏は、30度超える日は数えるほどなので、じめじめ灼熱日本出身の私にとって、モスクワの夏は爽やかで大好きなのですが、猛暑に慣れてないロシア人達が扇風機を買いにお店に走り、どのお店も売切れの状態です。

ロシア人が夏に一番好きなことは、もちろん、涼しい郊外に行くことですが、街中にいるときはテラス席でゆっくりお茶をしたり食事をすること。
この季節には、気持ちいいテラス席がたくさん登場します。

私がお散歩した時間は休日の12時ちょい前くらいだったので、テラス席は遅い朝食を食べる人くらいで混んでいませんでしたが、14時くらいから夜遅くまでほぼ満席になります。 
予約をしないと入れないくらいです。
というのも、今年はCOVIDのせいで、モスクワ市の規制が厳しくなり、店内に入るには、6月28日から3日以内のPCR検査の結果もしくはワクチンを打った証明もしくは半年以内にコロナに罹った証明(いずれも結果が入力されているQRコードが必要)が必要になったのです。テラス席は8月1日までQRコードは必要ないので、今年のテラス席は例年より人気なわけです。
まあ、今ロシア人からテラス席まで取り上げたら暴動が起りそうなので(笑)、モスクワ市のやり方は正しいかなと思います。
テラス席がないレストラン・カフェのお客さんは激減、かわいそうです。が、いつもは外に席はないのに、こんな風に即席テラス席を作って、頑張っているお店も多く見かけます。

QRコードシステムが面倒くさいと思うカフェは、店内を閉めて、店先だけで販売するやり方をしています。

皆、生き残る為に必死です。

私は、何の資格もなくQRコードは持っていないので、今日もテラス席。(笑)
だって、コロナに罹ってないし、PCR検査は有料なので、3日間しか有効でない検査をレストランに行くためにやるお金は無いですもん。

お友達とお散歩途中で見つけた、スペイン料理のお店のテラス席でブランチ。

スペイン料理と言えばパエリャでしょ、ということで、今日はパエリャ。
お肉とシーフードのミックスパエリャ。 おいしかった~。

8月1日まで、テラス席を沢山楽しもうと思います。 願わくば、更に延長してくれることを望みつつ。

あわせて読みたい

2021.08.27
レストラン【Noho】の魅力を探る!エストニアのシェフが日本に触発されたものとは?来て、見て、食べて、泊まって感じてほしい新しい”和”の形。タリン旧市街、目の前にあるノルディックホテルフォーラム リニューアルオープン! グルメエストニア
2021.07.05
レイキャヴィクでゆったりとした時間をすごす Kjarvalsstaðir グルメアイスランド
2021.06.09
WASHOKUを届けに南エストニア、オテパ-へ。エストニア人に大うけ料理とコテ-ジとはどんなもん? グルメエストニア
2021.06.07
はやりのフードコートレストラン3軒目のニューオープン Borg 29 グルメアイスランド
2021.04.14
モスクワにPauligのカフェがオープン! グルメロシア

関連キーワード