Google

2019スピッツベルゲン・クルーズ

スヴァールバル諸島は北極点までたった1,200㎞の距離にある地球の最北の果てにある島々。最大の島スピッツベルゲン島へはオスロから3.5時間のフライト。簡単にアクセスしやすいことも魅力的。屹立する岩山や巨大な氷河など、迫力ある極北の大自然『氷の世界』と出会う事が出来ます。5km以上もの幅を持つグレイシャーブルーに輝く巨大な氷河の景観はダイナミックで神秘的。約3,000頭のホッキョクグマが生息しており、『北極の王』との遭遇のチャンスも。

■スピッツベルゲン・クルーズ8日間(ロングヤービエン発着)

セイウチ、ホッキョクギツネ、クジラ、トナカイ、無数の海鳥などの野生動物も生命のドラマを見せてくれます。ゴムボートで極北の大自然でのクルージングや上陸に試み、極北の大自然を満喫します。スピッツベルゲン島北西部のフィヨルドや巨大な氷河、北緯80度声を目指します。運が良ければ、ホッキョクグマ、セイウチ、アザラシ、鯨などの野生動物との出会いも期待できます。極北の短い夏に密かに咲く高山植物も美しいカラフルな姿を見せてくれます。ウッドフィヨルドモナコ氷河様々な時代の地層がまるで他の惑星のような景観を作り出すウッドフィヨルドを航行。5kmもの幅を持つ巨大なモナコ氷河に接近します。 コングフィヨルドニーオーレスン世界最北の科学研究の街ニーオーレスンに寄港予定。スタッフが街歩きにご案内。アムンセンが北極点上空飛行した地でもあります。 ベルスン2つのフィヨルドが口を開けるベルスンをクルーズ。トナカイ、無数の海鳥など野生動物の生息地でもあります。

スピッツベルゲン・クルーズ8日間    2019年6月09日,16日,23日,30日
 1

ロングヤービエン

 夕刻:オーシャンアトランティック号に乗船、ロングヤービエン出発。*北極の気候は変わりやすく、寄港地は氷や天候の状況により変更の可能性がございます。
2  

コングフィヨルド

ニーオーレスン

切り立った山々に巨大な氷河が流れ落ちるコングフィヨルドエリアを訪問。世界最北の科学研究の街ニーオーレスンに寄港予定。街歩きにご案内。探検家アムンセンが北極上空飛行で出発した場所でもあります。(日程が6日目と変更になる場合がございます
3

 

スメアレンブルグフィヨルド オランダ人バレンツが1596年に初めてスピッツベルゲンを発見した北西スピッツベルゲンを航行。17世紀にオランダ鯨猟の主要基地であったスメアレングフィヨルドに寄港予定。
4 北緯80度 北緯80度を目指して、ホッキョクグマの王国を航行。流氷に乗り移動する、ホッキョクグマとの遭遇が期待できるかもしれません。
5 ウッドフィヨルドモナコ氷河 様々な時代の地層が他の惑星のような景観を作り出すウッドフィヨルドを航行。5kmもの幅を持つ巨大なモナコ氷河にゴムボートで接近します。
6  

コングフィヨルド

鉱山として開発された廃墟ニーロンドンに寄港予定。鋭くとがった山々の間を流れる美しい氷河もご堪能いただけます。
7 ベルスン 2つのフィヨルドが口を開けるベルスンへ。トナカイ、無数の海鳥など野生動物に出会うことができます。
8 ロングヤービエン ロングヤービエン到着。

*注6月9,23,30日はsold out!