北欧トラベルは実績40年の北欧専門の旅行会社です

北欧トラベルガイド

オーロラ特集2019

一生に一度は、と願うオーロラ。北欧トラベルがおすすめする北欧旅行のオーロラ特集ページ。
北欧には沢山のオーロラスポットとオーロラ以外の楽しみもあります。
フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、アイスランドのおすすめホテルや現地ツアーを一挙大特集!

フィンランドのオーロラリゾート

フィンランドのオーロラといえば、北欧諸国の中でも、最も日本人に人気のオーロラデスティネーションです。フィンランドでオーロラを見る場所としては、サンタクロースで有名なロヴァニエミ、クロスカントリーや国立公園でのハイキングが盛んなサーリセルカ、北フィンランドでも有数のスパを備えるホテルがあるレヴィなど、メジャーな場所だけでもいくつもあります。またオーロラ以外にも、秋はハイキング、冬は雪上アクティビティのオプショナルツアーも充実していますので、1日中朝から晩まで飽きることがありません。

スウェーデンのオーロラリゾート

イケアやボルボ、北欧デザインの1つとしてもおなじみのスウェーデンですが、北スウェーデンではオーロラが出現するオーロラベルト帯に入ります。日本でも多くのメディアに取り上げられている世界最大の氷でできたアイスホテルがあるユッカスヤルヴィや、ロングトレイルコースが世界的にも有名なアビスコなどは、オーロラを見るには絶好の場所の一つです。もちろん、雪上のオプショナルツアーも豊富で、オーロラだけでなく、スウェーデンの冬の森を満喫して頂けること間違いなし!

ノルウェーのオーロラリゾート

ノルウェーはサーモンで有名な北の国というイメージですが、日本のように南北に長い国土の北側はオーロラが見える北極圏に入ります。そのため、魚が美味しくてオーロラも出現し、北極圏を運航する世界最北の定期船フッティルーテンで船上オーロラ&クルーズも楽しめるという、盛り沢山好きの日本人にはうってつけの国がノルウェーです。ノルウェーにもいくつものオーロラデスティネーションがありますが、主な場所は、飛行機の航路も発達して日本からも行きやすいトロムソです。

アイスランドのオーロラリゾート

その昔ノルウェーからやってきたヴァイキングが、煙がたなびく入江(煙=Reykur、入江Vik)と名付けた、アイスランドの首都。人口の約35%以上が集中するアイスランド最大の都市ですが、その中心部は東西にたった2km、南北もわずか1kmという狭いエリアにまとまった、とても愛らしく歩きやすい小さな街です。春~夏~秋は、郊外に点在する大自然観光ツアーへの基地、秋~冬~春は街中からでもオーロラを観賞できるのが、この街の最大の特徴です。秋に行われるミュージックフェスは音楽ファン必見。

北欧のオーロラ観賞 ワンポイントアドバイス

北欧のオーロラは、9月から4月までとシーズンが長いのです

オーロラというと冬の寒い時期にしか見られないイメージがありますが、雪が積もっていない9月でも出現しています。夜になるまでは、秋は森や国立公園をハイキングしたり、スパ付きホテルでスパを楽しんだり、冬はスノーアクティビティを楽しんだりと、ゆっくり過ごすか、アクティブに楽しむかが選べるのも特徴です。

実際、オーロラはどれくらいの確率で見られるものなのか

自然現象であり、太陽の活動によっても左右されるので難しいところですが、ツーリストが訪れる北欧の主なオーロラデスティネーションでは、およそ55%~70%前後の観測率 (弊社調べ)となっています。意外と低いと思われるかもしれませんが、あくまで1日での観測率なので、3泊、4泊と泊数が多ければその分チャンスも大きくなります。

寒いのも面倒なのも苦手。できるだけ楽(ラク)してオーロラを見る「楽ロラ」スタイルとは?

まだ数は多くないですが、例えば町の規模が大きくなく人口光も少ないサーリセルカにはホテルの敷地内からオーロラが見えるところや、全部や一部がガラス張りになっているキャビンに宿泊して、室内にいながら楽してオーロラを見るといった贅沢な体験ができる場所も増えてきています。

色々お得にオーロラを楽しむ方法とは?

オーロラ目的でコストパフォーマンスを求めるのなら、断然9~11月の秋が色々お得です! (その1) さほど寒くなく、冬の防寒具は不要のため荷物が少なくてすむ (その2) 現地の天候が比較的安定し、観測率も上がる (その3) 飛行機もホテルもウインターシーズンより安いし予約も取りやすい

おすすめツアー

現地発オーロラハンティングツアーの定番

所要時間:約4時間

催行日
2018年9月17日~11月30日までの平日と2018年12月1日~2019年3月26日までの毎日

料金(お1人様)
¥ 11,300

詳細・お申し込み

催行期間:2018-09-17〜2019-03-26

フィンランドの人気オーロラツアー、カクシラウッタネンのガラスイグルー宿泊確約。寝ながらにしてオーロラを観測するチャンスです。

所要時間:3泊4日

催行日
12月~4月の特定日

料金(お1人様)
¥ 82,400

詳細・お申し込み

催行期間:2018-12-04〜2019-03-31

あこがれのスウェーデンのアイスホテルに泊まるツアー

所要時間:3泊4日

催行日
毎日

料金(お1人様)
¥ 84,200 〜

詳細・お申し込み

催行期間:2018-12-15〜2019-03-28

オーロラ観測の定番コース冬のトロムソ

所要時間:3泊4日

催行日
毎日

料金(お1人様)
¥ 48,900

詳細・お申し込み

催行期間:2018-09-01〜2019-03-29

アイスランドでオーロラを観賞するのに最適なツアー。アイスランドの景色を一望できるイオンラグジュアリーアドベンチャーホテルに滞在。

所要時間:4泊5日

催行日
10月1日~12月15日、1月5日~4月15日の毎日

料金(お1人様)
¥ 155,900

詳細・お申し込み

催行期間:2018-10-01〜2019-04-15

おすすめホテル

サーリセルカ ホリデイクラブ サーリセルカのホテル情報

ランク

宿泊金額
1泊平均:¥16,300

ヨーロッパでも最も北にあるこのスパホテルには、スパ施設はもちろん屋内プール、また敷地内にAngry Birdsアクティビティパークがあり、大人の方もお子様も滞在をお楽しみいただけます(有料)。バス停もホテルの目の前にあるので、他都市からのアクセスも楽々。アパートメントタイプのお部屋もあるので、ご家族でのご利用や長期滞在にも適したホテルです。

サーリセルカ サンタズ ホテル トゥントゥリのホテル情報
ランク

宿泊金額
1泊平均:¥12,600

サーリセルカの街の中心にあり、6つのビルで構成されている大型ホテル。キッチン・サウナ付のお部屋や、アパートメントタイプのお部屋、またギエラス棟にはバスタブ付のスーペリアルームもあります。滞在のスタイルに合わせてお選びいただける、おすすめホテルです。


ロヴァニエミ サンタズ・ホテル・サンタ・クロースのホテル情報
ランク

宿泊金額
1泊平均:¥18,900

ロヴァニエミ市内では一番のホテル。全室バスタブ付なのはこのホテルだけです。街の中心・サンポショッピングセンターの向かいにあり、ロケーションは抜群。オーロラシーズンは特に人気が高く混み合うのでお早目の予約が望ましいです。


トロムソ トーン・ホテル・ポーラーのホテル情報
ランク

宿泊金額
1泊平均:¥19,300

トロムソ市内中心地にあるホテルです。主な観光箇所まで徒歩圏内、フッティルーテンのターミナルも至近。


レイキャヴィーク レイキャヴィーク・センター・ホテル・プラザのホテル情報
ランク

宿泊金額
1泊平均:¥27,800

レイキャヴィーク中心部の広場に隣接したこのセンター・ホテル・プラザは観光にもとても便利です。ホテル周辺にはレストランやカフェが多く、街の散策にも最適です。


よくあるご質問

「北欧トラベル」は北欧のスペシャリストによる旅行情報・予約サイトです

北欧トラベルの特徴をもっと見る


このコースについてのご相談・お問い合わせ

お見積もり・旅行プランのご相談